欧州のストレステスト批判と日本の現状 ~原発運転再開問題をめぐって~ 2012.1.12

記事公開日:2012.1.13取材地: テキスト動画

 2012年1月12日(木)、衆議院第二議員会館で、院内集会「欧州のストレステスト批判と日本の現状」が開催された。集会には、国立ウィーン自然資源応用生命科学大学上席研究員のゲオルギ・カスチエフ氏、欧州議会議員のレベッカ・ハームス氏が招かれ、グリーン・アクション代表のアイリーン・美緒子・スミスさんが司会を務めた。


第122回・放射線審議会 2012.1.12

記事公開日:2012.1.12取材地: 動画

 2012年1月12日(木)、文科省16階特別会議室にて、第122回放射線量審議会が開かれた。

 議題は「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(昭和26年厚生省令第52号)の一部を改正する省令及び食品、添加物等の規格基準(昭和34年厚生省告示第370号)の一部を改正する件(諮問)」に係る検討についてや、「水道法に規定する衛生上必要な措置等に関する水道水中の放射性物質の目標の設定(諮問)」に係る検討についてなど。


記者会見「福島第一原発の警戒区域内における被ばく牛の機能水を使用した除染試験の成果報告と富岡町と共同で来年実施予定の本試験の詳細について」 2011.12.28

記事公開日:2011.12.28取材地: 動画

 2011年12月28日(水)、農林水産省農政クラブにて、記者会見「福島第一原発の警戒区域内における被ばく牛の機能水を使用した除染試験の成果報告」が行われた。


判決不服従アクションin郡山:疎開裁判の報告会「16日の裁判所の決定について」&『放射能からいのちを守る全国サミット』キックオフミーティング」(広河隆一氏) 2011.12.23

記事公開日:2011.12.23取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 12月16日(金)に、福島地方裁判所郡山支部から、人権侵害の「申立てを却下する」という判決(決定)が出たため、急遽、これについての報告会、および講演会を行った。


『100,000年後の安全』マドセン監督×西尾漠トークショー 2011.12.11

記事公開日:2011.12.21取材地: テキスト動画

 2011年12月21日にオーディトリウム渋谷で行われた、『100,000年後の安全』マドセン監督×西尾漠トークショーの模様です。


原発の運転再開に反対する政府交渉 2011.12.19

記事公開日:2011.12.19取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年12月19日に行われた、原発の運転再開に反対する政府交渉の模様です。


川根眞也先生 おやこ講座 於 福島市 2011.12.18

記事公開日:2011.12.18取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年12月18日(日)に福島市で行われた、川根眞也先生 おやこ講座の模様。


全国から電力会社・経産省を包囲しよう!再稼働反対 12・11デモ 2011.12.11

記事公開日:2011.12.11取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年12月11日に行われた、全国から電力会社・経産省を包囲しよう!再稼働反対 12・11デモの模様です。


「ノーモア・ヒバクシャ・ノーモア・原発」記者会見~肥田舜太郎氏(医師)、大石又七氏(元第五福竜丸船員)、 梅田隆亮氏(元原発労働者) 2011.11.15

記事公開日:2011.11.15取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年11月15日(火)、日本外国特派員協会で行われた、「ノーモア・ヒバクシャ・ノーモア・原発」記者会見の模様。


ピエルパオロ・ミッティカ氏写真集『原発事故20年』の刊行記念トークイベント (岩上安身出演) 2011.11.12

記事公開日:2011.11.12取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年11月12日、千代田区のアート千代田3331にて、イタリア人写真家ピエルパオロ・ミッティカ氏写真集『原発事故20年』の刊行記念トークイベントが開催された。岩上安身も出演した。


みんなで決めよう原発国民投票 2011.10.14

記事公開日:2011.10.14取材地: 動画

 2011年10月14日、市民グループ「みんなで決めよう『原発』国民投票」が、原発稼動の是非を問う住民投票条例制定を求める「直接請求」についての記者会見を行った。

 出席はジャーナリストで事務局長の今井一、俳優の山本太郎や千葉麗子ら5人。12月1日から東京と大阪市で署名集めを始める。「電力の消費者として東京都民は原発について責任を持つべき」(山本氏)、「若い人にこそぜひ参加してほしい」(千葉氏)、「推進派でも反対派でもかまわない。大事なことは市民が決めるべき」(今井氏)等、各人がそれぞれの思いを語った。


文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」 2011.10.10

記事公開日:2011.10.10取材地: テキスト動画

 2011年10月10日、文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」にて、岩上安身が横浜市港北区のマンション屋上の堆積物から、ストロンチウムが検出された事をスクープとして発表した。


岩上安身によるインタビュー 第161回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2011.10.6

記事公開日:2011.10.6取材地: テキスト動画独自

 2011年10月6日、岩上安身が、郷原信郎弁護士へのインタビュー取材を行い、主に、やらせメール事件に端を発した九州電力問題、小沢一郎代議士の元秘書の3人に対して下された有罪判決、水谷建設からのヤミ献金を事実認定したその判決の内容などについて伺った。


岩上安身によるインタビュー 第157回 ゲスト デモ逮捕者フランク夫妻 2011.9.13

記事公開日:2011.9.13取材地: 動画

 2011年9月13日、9.11新宿デモで警察に逮捕され、釈放されたフランク夫妻のインタビューを、経産省前で行なった。フランクさんは反脱原発グループ(在特会)に抗議の意を表したところ、警官が突進してきたので、突き返す形になり現行犯逮捕された。同じくデモに参加していたフランクさんの奥さんも、警察に取り押さえられた。その際、警察官の目の前でそのグループから暴行を加えられたが、それは見逃されたという。

 9.11新宿デモでは12名の逮捕者を出しており、フランクさんは、「このような不当逮捕は警察の信頼低下に繋がるのではないか」と、ユーモアを交えて語った。


泊原発3号機の安全性について上司からの改ざん命令を拒否した元検査員が衝撃の内部告発 〜岩上安身によるインタビュー 第154回 ゲスト 藤原節男氏「原子力ムラは素人集団」 2011.8.16

記事公開日:2011.8.26取材地: 動画独自

 2011年8月16日(火)、岩上安身が、泊原発3号機の安全性について上司からの改ざん命令を拒否した藤原節男氏にインタビューを行なった。

 藤原氏は、元大阪大学工学部原子力工学科を卒業後、三菱原子力工業、日本原子力研究所などを経て、原子力安全基盤機構(JNES)検査業務部調査役になる。2009年、北海道電力泊原子力発電所3号機の検査において、組織的なデータ改ざんを公表、JNESを解雇された。


子どもたちの政府交渉「大人は私たちの声をきいて」「大人は命よりお金が大事なのですか?」 2011.8.17

記事公開日:2011.8.17取材地: 動画

福島の子どもたち4人と避難先から上京した2人(撮影不可)が、政府に自分たちの思いを届けました。原子力災害対策本部被災者支援チームや文科省、保安院など合計10名の大人たちが出席しました。


~再生可能エネルギー促進法案~超党派議員勉強会 2011.7.26

記事公開日:2011.7.26 動画

 2011年7月26日(火)、「再生可能エネルギー促進法案~超党派議員勉強会」が開かれた。


民主党 「原発に関する国民投票を実現する議員連盟」 設立総会&勉強会 2011.7.21

記事公開日:2011.7.21取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年7月21日(木)、参議院議員会館にて、民主党 「原発に関する国民投票を実現する議員連盟」 設立総会&勉強会が開かれた。


自由報道協会主催 クリス・バズビー博士 記者会見、および7/17東京・7/18千葉講演 2011.7.20

記事公開日:2011.7.20取材地: | テキスト動画

※記者会見の全文文字起こしと、7/17東京・7/18千葉の講演の全編動画を、会員ページに掲載しました

 2011年7月20日、放射線リスク欧州委員会(ECRR)の委員であるクリス・バズビー氏の自由報道協会主催記者会見が行われた。

 クリス・バズビー氏の調査によると、福島第一原発から100キロ圏の東京~千葉間を走る車のエアーフィルターからセシウム134・137、さらにはプルトニウム、ウランが検出された、とのこと。


「原発安全神話」のウソがバレ、今度は「電力ないない神話」で原発をキープしようとしている!~岩上安身によるインタビュー 第138回 ゲスト 川内博史衆議院議員 2011.6.24

記事公開日:2011.6.24取材地: テキスト動画独自

 2011年6月24日に、岩上安身が民主党衆議院議員川内博史氏にインタビューを行った。川内議員は「夏の節電も必要ない。避難所へクーラーも送り、たくさん使ってもらい経済を活性化させる。

 電力会社には、法律で電力を安定的に供給する義務がある。国はそれを監督する。それを“電気を使うな”とは法律違反である」と語気を強めた。また、再生可能エネルギー法案については、結局のところ原発維持と変わらず、必要なのは実行のための具体策と、徐々に取り入れていくことだと語った。