文化放送「夕やけ寺ちゃん活動中」 2012.3.12

記事公開日:2012.3.12取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(テキスト・遠田)

 2012年3月12日(月)、文化放送で行われた「夕やけ寺ちゃん活動中」の模様。

■ハイライト

  • 出演
    寺島尚正氏、森崎友紀氏、植草一秀氏、岩上安身
  • 日時 2012年3月12日(月)
  • 場所 文化放送(東京都港区)

 今回は、政治・経済学者の植草一秀氏がゲスト出演。「民主主義の手続きを踏んでおらず、増税は反対」と強調し、「4年間、天下りや渡りという白アリ退治に全力を注ぐというのが、国民との約束だ」とそれを反故にする政権を批判。また天下りの是正が「議員定数と公務員人件費の削減にすり替えられている」と指摘した。岩上は「これ以上の人件費削減は、低賃金で働く非正規職員の増加につながる」と危惧を示した。

 またTPPについて植草氏は「奪われるものばかりだ」と述べ、反対を明言した。

 夕刊読みくらべのコーナーで岩上は、韓米FTAに反対する国民運動の政策委員である宋基昊(ソンキホ)弁護士、朱政策(ジュージェージュン)国民運動元共同代表へのインタビュー内容を報告。

 法制度化された新自由主義の始まりは北米自由貿易協定(NAFTA)とし、「それをさらに不平等にしたのが韓米FTA。さらにそれをアメリカのグローバル資本の都合のいいようにするのがTPP」とまとめた。また野田総理会見での質問や、地域主権、原発再稼働問題、震災瓦礫受け入れなどのトピックにも言及した。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です