審査適合7原発!? 柏崎刈羽はじめ次々と再稼働進める安倍政権に吉良よし子氏「正気の沙汰ではない」~避難指示解除・自主避難者への支援打ち切りなど「福島切り捨て」にも怒りの声――再稼働反対!首相官邸前抗議 2017.12.29

記事公開日:2017.12.30取材地: 動画

2017年12月29日(金)18時半より東京都千代田区の首相官邸前にて、再稼働反対!首相官邸前抗議が行われた。


先制攻撃による「報復の第二撃」で原発が攻撃対象となった場合についてIWJが直撃質問! 更田豊志委員長「国の事態認定に定められているように、原子力施設の停止を命令することになります」 2017.12.20

記事公開日:2017.12.21取材地: 動画

 2017年12月20日(水) 14時半より東京都港区の原子力規制庁にて、原子力規制委員会 更田豊志委員長 定例会見が行われた。


関西電力高浜原発3号機の再稼働に関する本田久美子候補・守田敏也氏記者会見 2016.1.29

記事公開日:2016.1.29取材地: 動画

 関西電力高浜原発3号機の再稼働を目前にした2016年1月29日(金)13時より、京都市長選挙候補・本田久美子氏とフリーライターの守田敏也氏が本田氏の確認団体「憲法いきる市政 みらいネットワーク」事務所(京都市下京区)で高浜原発再稼働に関する記者会見を行った。


関西電力支社前抗議アクション@名古屋 高浜原発3号機再稼働反対!抗議の声を! 2016.1.29

記事公開日:2016.1.29取材地: 動画

 関西電力高浜原発3号機が再稼働された2016年1月29日(金)、名古屋市東区の関西電力東海支社前で「関西電力支社前抗議アクション@名古屋 高浜原発3号機再稼働反対!抗議の声を!」が18時半より行われ、雨の中およそ60人が参加した。


美浜原発3号機、期限切れで審査打ち切りか、運転不可の可能性を示唆~田中俊一原子力規制委員長定例記者会見 2015.7.1

記事公開日:2015.7.1取材地: テキスト動画

 2015年7月1日(水)14時30分より、東京・六本木の原子力規制庁で田中俊一・原子力規制委員会委員長による定例会見が行われた。美浜原発3号機は、運転開始後40年を越える来年2016年11月30日までに再稼働に必要な審査に合格することが時間的に厳しく、委員長は運転不可になる恐れもあるとの考えを示した。


鹿児島県・川内原発の安全基準審査書案へ抗議の声 「規制委員会は解散すべきだ」~再稼働反対!首相官邸前抗議 2014.7.11

記事公開日:2014.7.11取材地: 動画

 首都圏反原発連合の主催で7月11日(金)、首相官邸前と国会正門前で原発の再稼働に反対する抗議行動が行なわれた。

 台風の影響で開始とほぼ同時に雨が降り始め、一時はかなり強くなったものの、19時ごろには雨も上がり、会場はいつもどおり人々が集っていた。


大飯、高浜、全ての原発再稼働反対!抗議の声を!関西電力支社前抗議アクション@名古屋 2014.7.11

記事公開日:2014.7.11取材地: 動画

 2014年7月11日(金)18時より、名古屋市東区の関西電力東海支社前で「大飯、高浜、全ての原発再稼働反対!抗議の声を!関西電力支社前抗議アクション@名古屋」が行われた。


東海第二原発再稼働反対デモ 2014.6.29

記事公開日:2014.6.29取材地: 動画

 2014年6月29日(日)14時より、茨城県東海村で「東海第二原発再稼働反対デモ」が行われた。日本原子力発電〔原電〕東海第二原発前まで再稼働反対を訴えてデモ行進した。


「原発いらない、再稼働反対」雨の中で市民らがシュプレヒコール~首相官邸前抗議行動 2014.6.27

記事公開日:2014.6.27取材地: 動画

 2014年6月27日(金)、18時から首相官邸前で反原発抗議行動が行われた。この日は、夕方から局地的な雨のため、国会正門前抗議行動は中止となり、首相官邸前のみの抗議行動となった。参加者らは降りしきる雨の中、2時間にわたって「再稼働反対」「原発いらない」のシュプレヒコールをあげ続けた。


人口約3万人の川内原発近隣自治体で1万2千筆を超える反対署名 2014.6.5

記事公開日:2014.6.6取材地: テキスト動画

 原発再稼働に向けた優先審査が行われている九州電力川内原発について、火山リスクや避難計画の問題などの現状を報告する緊急集会が6月6日(木)、文京区民センターで行われた。集会では、川内原発周辺の地元に住む人と直接電話をつないでの報告もあった。


耐震補強シミュレーションすら終えていない段階で優先される川内原発適合審査~川内原発再稼働阻止院内交渉集会 2014.5.29

記事公開日:2014.5.30取材地: テキスト動画

 原発再稼働の前提となる適合性審査の優先審査が進む九州電力川内原発をめぐり、「再稼働阻止全国ネットワーク」主催で5月29日(木)、参議院議員会館で原子力規制庁との交渉が行われた。


巨大噴火の判断基準もないまま審査終了 !?〜火山リスクで揺れる、鹿児島・川内原発再稼働問題 2014.4.30

記事公開日:2014.5.2取材地: テキスト動画

 「このまま再稼働反対の世論の盛り上がりがなければ、7月4日の最終本会議で、県知事が再稼働を承認することになるかもしれない」ーー。

 この日、鹿児島から参加した、「反原発・かごしまネット」の杉原洋氏は、伊藤裕一郎・鹿児島県知事や岩切秀雄・薩摩川内市長らが、再稼働を歓迎していることに強い危機感を示し、藁にもすがる想いを口にした。


東海第二原発再稼働に向けた適合審査に関する日本原電による説明会とそれに対する抗議行動 2014.4.17

記事公開日:2014.4.17取材地: 動画

 東海第二原発の再稼働に向けて原子力規制委員会へ申請する適合審査に関し、日本原子力発電は17日(木)、周辺11市町村の首長への説明会を開いた。会場の茨城県市町村会館前には、再稼働に反対する人々が集まり、抗議の声を上げた。


エネルギー基本計画閣議決定で原発再稼働カウントダウン 首相官邸前で抗議の声続く 2014.4.11

記事公開日:2014.4.11取材地: 動画

 福島第一原発事故から3年と1ヶ月が経過した4月11日(金)、政府は新しいエネルギー基本計画を閣議決定した。2012年の民主党・野田政権下で示された「2030年代原発ゼロ」との目標から一転し、原発は「重要なベースロード電源」と位置づけられた。

 この日、首相官邸前では、エネルギー基本計画の閣議決定を受け、昼の12時からと夜の18時からの2回にわたり、原発の再稼働反対を訴える抗議行動が行われた。抗議参加者からは、「原発ゼロを撤回するな」「再稼働反対」などのシュプレヒコールがあがった。


首相官邸前で川内原発「再稼働反対」の声 ミサオ・レッドウルフ氏「安倍さん、総理大臣辞めてもいいとも!」 2014.3.21

記事公開日:2014.3.21取材地: テキスト動画

 毎週金曜日恒例となっている、首都圏反原発連合主催の原発再稼働に反対する抗議行動が3月22日、首相官邸前で行われた。これと同時に、「希望のエリア」では勝手連による抗議行動も行われた。

 原子力規制委員会が、九州電力・川内原発1,2号機について、再稼働の前提となる新規制基準への適合審査を優先的に進めることを決定した。これについて抗議行動に参加した市民は、「川内原発再稼働反対」のプラカードを掲げてシュプレヒコールを上げた。


規制委員会の指針を専門家が酷評、避難は「到底間に合わない」~防災計画の不備と懸念される被曝のリスク 2014.3.5

記事公開日:2014.3.5取材地: テキスト動画

 原発再稼働を考える超党派の議員と市民の勉強会の第一回が、3月5日に参議院議員会館で行われ、環境経済研究所代表の上岡直見氏が「原発事故と防災計画」をテーマに基調講演した。


中国電力島根原発の再稼働中止要請を岡山県に申し入れ 2014.2.25

記事公開日:2014.2.25取材地: 動画

 2月25日(火)、さようなら原発1000万人アクション in 岡山実行委員会は、松江市にある島根原発2号機の再稼働中止を中国電力に要請するよう、岡山県に申し入れを行った。中国電力は、島根原発2号機の再稼働を目指し、原子力規制委員会に安全審査を申請している。


「エネルギー基本計画」の是非を超党派議員と有識者が追及 ―もんじゅ・核燃サイクル・再稼働要件の矛盾を指摘も、曖昧な政府答弁 2014.2.20

記事公開日:2014.2.20取材地: テキスト動画

 「原発は重要なベースロード電源」―。政府・自民党は2月25日、中長期のエネルギー政策の方針を決める「エネルギー基本計画」案を決めた。同案には他に、「規制基準に適合した原発の再稼働」や「再処理やプルサーマルの推進」など、原発の維持・推進に大きく傾いた内容となっている。


「年20ミリシーベルトで帰還する前例が作られようとしている」 〜前双葉町長・井戸川克隆氏講演会 2014.2.16

記事公開日:2014.2.16取材地: テキスト動画

 「放射性物質の恐ろしさは、蓄積する恐ろしさだ」──。

 2014年2月16日、愛媛県八幡浜市の八幡浜市民会館で、前福島県双葉町長・井戸川克隆氏の講演会が行われた。井戸川氏は「福島原発事故は自然災害だから想定外と言うが、東電は津波の計算をして危険性を認識していた」と述べ、「何から何まで嘘をついてやっているのが、原子力発電所である」と語った。


2014/02/15 「東京も危機一髪だった」 ~菅直人出版記念トークライブ ~「原発ゼロ」の決意

記事公開日:2014.2.15

 「原子力規制委員会は国会同意人事で、安倍政権によって変えられていない組織。ここに手を付けられたら、NHK経営委員会のようになる」──。

 2014年2月15日、東京都新宿区のロフトプラスワンで、「菅直人出版記念トークライブ ~『原発ゼロ』の決意」が行われた。菅直人元総理大臣のほか、三上元氏(静岡県湖西市長)、ミサオ・レッドウルフ氏(首都圏反原発連合)がゲストとして登場した。

 菅氏は、福島第一原発4号機の使用済み燃料プールの水位が、偶然により保たれて、東京が紙一重で救われたことなど、3.11当時の裏話から、再び原発推進に舵を切る安倍政権への懸念まで、約2時間にわたり語った。