原子力規制委員会発足式 2012.9.19

記事公開日:2012.9.19

 2012年9月19日(水)、東京都港区の原子力規制委員会庁舎で、「原子力規制委員会発足式」が行われた。原子力規制委員会とは、今まで日本における原子力の安全規制を担ってきた原子力安全・保安院と原子力安全委員会などの役割を統合し、環境省の外局に新設された組織で、「原子力利用における安全を確保を図ること」を任務としている。委員会は、田中俊一委員長、島崎邦彦委員長代理、更田豊志委員、中村佳代子委員、大島賢三委員の5名からなる。この日の発足式では、初めに写真撮影を行い、次に田中委員長はじめ委員全員からの訓示があった。最後に、委員会の事務局となる原子力規制庁池田克彦長官からの挨拶があり、発足式は終了した。


緊急!大抗議in大阪市役所 2012.9.18

記事公開日:2012.9.18取材地: テキスト

 2012年9月18日、大阪府大阪市役所横で、「緊急!大抗議in大阪市役所」が行われ、東日本大震災の瓦礫を受け入れようとしている大阪市に対し、参加者が抗議の声を上げた。主催者の女性は、「瓦礫の焼却はとても危険。大量の瓦礫を大阪でも、北九州でも、福島でも、どこであっても燃やしてはいけない。阪神大震災の時に、瓦礫の選別作業をしていた方が、アスベストを吸って中皮腫を発症した。

 宝塚では死者も出た。東日本大震災の瓦礫を受け入れて、焼却している東京の清掃工場では、今まで検出されなかったアスベストが検出された。」と、瓦礫焼却の危険性を訴え、「君が代とかを大事にしているのなら、国土も大事にしてほしい。瓦礫でなく、被災者を受け入れてほしい」と、強く要求した。その後、他の参加者の訴えを挟みながら、参加者は「燃やすな瓦礫」「食糧まもれ」「保養地守れ」などとシュプレヒコールを上げた。


深野 保安院長の職員訓示 2012.9.18

記事公開日:2012.9.18

 2012年9月18日(火)、経済産業省で、原子力安全・保安院長 深野弘行氏の職員訓示と会見が行われた。

 明日、新しい規制庁の発足にあたり、


保安院 最終会見 2012.9.18

記事公開日:2012.9.18取材地: テキスト動画

 2012年9月18日(火)、経済産業省別館で、原子力安全・保安院の最終会見(16:00~、59′)が行われた。

 保安院は、「原子力安全分野における原子力安全・保安院としての改善に向けた取組と残された課題について」レポートをまとめた。


「大震災原発事故と被災者の人権侵害」公開自主学習会 「フクシマの想い」ト-ク 2012.9.16

記事公開日:2012.9.16取材地: テキスト動画

 2012年9月16日(日)、茨城県水戸市あむねすみとで、アムネスティ・インターナショナル日本 ・水戸グループ主催の「『大震災原発事故と被災者の人権侵害』公開自主学習会『フクシマの想い』ト-ク」が行われた。講演者は、福島県双葉郡富岡町に自宅を持つ木田節子氏。福島第一原発事故後に、水戸で避難生活をしながら講演活動を始めた経緯、家族のこと、原発のこと、福島の現実について、ユーモアを交えながら赤裸々に語った。


9.14大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議(国会正門前) 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: テキスト動画

 2012年9月14日(金)、国会正門前で行われた「9.14大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議(国会正門前)」の模様。


9.14大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議(首相官邸前) 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: テキスト動画

 2012年9月14日(金)、首相官邸前で行われた「9.14大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議(首相官邸前)」の模様。


9.14大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議(合同庁舎第4号館前) 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14

 2012年9月14日(金)、合同庁舎第4号館前で、「9.14大飯原発を停止せよ!首相官邸前抗議(合同庁舎第4号館前)」が行われた。


首相官邸「裏」からの抗議行動 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: 動画

 2012年9月14日(金)、首相官邸裏(溜池山王側)で行われた「首相官邸『裏』からの抗議行動」の模様。首相官邸前の抗議行動を主催する首都圏反原発連合とは全く異なる、個人の主催によるもの。


規制委員会人事案撤回!/大飯原発破砕帯調査を! 「活断層あっても運転可能に」に大抗議! 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: テキスト動画

 2012年9月14日(金)、経済産業省別館前で『規制委員会人事案撤回!/大飯原発破砕帯調査を! 「活断層あっても運転可能に」に大抗議!』が行われた。


子どもたちを核戦争から守れ! 9.14ふくしま集団疎開裁判文科省前抗議行動 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: 動画

 2012年9月14日(金)、文科省前で、「子どもたちを核戦争から守れ! 9.14ふくしま集団疎開裁判文科省前抗議行動」が行われた。


北海道庁前 反原発抗議行動 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: 動画

 2012年9月14日(金)、北海道庁北口前で行われた『反原発抗議行動』の模様。主催の反原発連合北海道は、「首都圏反原発連合」(Metropolitan Coalition Against Nukes)の首相官邸前抗議行動に呼応する形で、2012年6月に立ち上がったネットワーク(連絡網) 。今回が11度目の開催となる。シュプレヒコールよりも、ひとりひとりのスピーチの方に、多くの時間が割さかれているのが反原連北海道の特徴。今回は反原発ソングなども披露され、主催者は、「始めた頃に比べるとだいぶ日も短くなった来たが、これかれもこの活動は続けて行く」と改めて決意を表明した。


保安院 臨時会見 2012.9.14

記事公開日:2012.9.14取材地: テキスト動画

 2012年9月14日(金)、経済産業省別館で、原子力安全・保安院会見が行われた。

 保安院は会見で、北陸電力の志賀原発(石川県)1号機の直下にある活断層(S-1)を耐震安全性評価(耐震バックチェック)で検討しなかった経緯を規制当局として調査し、結果を発表した。保安院によると、2007年3月におこった能登半島地震の震源域の調査に重点が置かれ、専門家による効率的な審議を目的に「審議のポイント」から除外されたと釈明した。


東電株主代表訴訟 第二回口頭弁論後の報告会 2012.9.13

記事公開日:2012.9.13取材地: 動画

 2012年9月13日(木)、東京都千代田区の弁護士会館で、東電株主代表訴訟 第二回口頭弁論後の報告会が行われた。


保安院 定例会見 2012.9.13

記事公開日:2012.9.13取材地: 動画

 2012年9月13日(木)、経済産業省別館で、原子力安全・保安院会見が行われた。

 経済産業省 原子力安全・保安院 森山善範 原子力災害対策監は、9月18日(火)が保安院最後の会見となり、翌日から原子力規制委員会へその立場を譲ると述べた。


文部科学省抗議行動「福島の子供たちを西日本に避難させよ」 2012.9.12

記事公開日:2012.9.12取材地: 動画

 2012年9月12日(水)、文部科学省前で行われた「文部科学省抗議行動『福島の子供たちを西日本に避難させよ』」の模様。年間20ミリシーベルトの基準のまま、国が福島の子供達を一年半も放置したとして、脱原発国民の会の主催のもとに抗議行動が行われた。約30名が参加し、火炎瓶テツ氏らを中心に、「子どもが危ない」「日本の人々目を覚ませ」「日本の心を思い出せ」などの力強いシュプレヒコールを行った。


汚染がれき焼却を止めよう!!北九州1000人アクション!! 2012.9.12

記事公開日:2012.9.12取材地: 動画

 2012年9月12日(水)、福岡県北九州市で行われた『汚染がれき焼却を止めよう!!北九州1000人アクション!!』の模様。環境省が推進するがれき広域処理のため、宮城県石巻市の震災がれきが9月10日に仙台港を出発、13日には北九州市門司区太刀浦コンテナターミナルに到着する予定になっている。

 搬入日の前日にあたる本日、汚染の不安のあるがれき焼却をストップさせようというアクションがスタートした。11時に米町公園集合(北九州市小倉北区3丁目5)し、約1時間市中をパレード。「金より命」などをシュプレヒコールで訴えた。12時半からは勝山公園(小倉北区城内 小倉北区役所と市役所の間のエリア)で集会を開き、13時には公開質問状に対する回答を受け取りに、市民たちは市役所へ向かった。


第8回福島県「県民健康管理調査」検討委員会 2012.9.11

記事公開日:2012.9.12取材地: 動画

 2012年9月11日(火)、福島市杉妻会館で、『第8回「県民健康管理調査」検討委員会』が行われた。


9・11経産省・規制委員会包囲アクション 2012.9.11

記事公開日:2012.9.11取材地: 動画

 2012年9月11日(火)、経産省別館前で行われた、『9・11経産省・規制委員会包囲アクション』の模様。主催は”再稼働反対!全国アクション”及び”経産省前テントひろば”。

 経産省前テントひろばが1周年を迎えたこの日、次の3団体が野田首相らに対し、要請書・申入れを行った。”再稼働反対!全国アクション”が「要請書:大飯原発を直ちに止め、すべての原発は廃炉に」、”原発さよなら四国ネットワーク”が「政権のエネルギー政策を曲げる干渉を止めるよう求める申入れ」、”玄海原発プルサーマル裁判の会が「日本中の原発廃炉を強く要求します」。これに呼応して、20時15分からは、経産省・規制委員会を包囲する抗議行動が行われた。ドラム隊なども参加し、本日はテント前広場の集会からのべにすると、およそ700人ほどの市民たちが集まった。


核燃・だまっちゃおられん津軽の会 第13回市民講座「内部被曝について-放射線科学の歴史から紐解く-」 2012.9.10

記事公開日:2012.9.10取材地: テキスト動画

 2012年9月10日(月)、青森県弘前市男女共同参画センターで、「核燃・だまっちゃおられん津軽の会」による第13回市民講座が行われた。健生病院医師の遠藤順子さんによる「内部被曝について-放射線科学の歴史から紐解く-」と題する講演のほか、福島県浪江町から避難された方の体験談及び参加者による意見交換会が行われた。