子ども食堂は学校給食の補完機能!? 学校給食用政府備蓄米を子ども食堂に無償供与!~5.26江藤拓 農林水産大臣 定例会見 2020.5.26

記事公開日:2020.5.26取材地: 動画

 2020年5月26日(火)、東京都千代田区の農水省で、江藤拓・農林水産大臣による定例会見が行われた。


コロナ禍のドサクサに検察庁法改正など悪法を次々成立させようとする安倍政権!「種苗法」改定阻止! 多国籍企業に日本の種を支配させるな!! 岩上安身による第995回 ゲスト「日本の種子を守る会」元農林水産大臣 山田正彦氏インタビュー 2020.5.17

記事公開日:2020.5.21取材地: 動画独自

 2020年5月17日(日)18時より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による「日本の種子を守る会」元農林水産大臣 山田正彦氏へのインタビューが行われた。


検察庁法改正案!! 世論の力でこの重大な悪法の強行が阻止されたことは極めて重要!黒川氏は辞任を!種苗法改正は農政が外国資本に依存する!しっかり闘う!! ~5.18日本共産党 小池晃書記局長 定例会見 2020.5.18

記事公開日:2020.5.21取材地: テキスト動画

 2020年5月18日、国会内で小池晃・日本共産党書記局長の定例記者会見が行われた。

 冒頭、小池書記局長は、今国会に提出された検察庁法改正案が継続審議となった事に触れ、「世論の力でこの重大な悪法の成立が阻止されたことは、極めて重要な成果だ」と述べ、「コロナ渦の中、集まることが難しい状況で、ネットを通じて文化人、芸能人、今まで政治的な課題で声を上げることが無かった人も含めて強行を阻んだことは、日本の民主主義にとって極めて大きな意義がある」と強調した。


「審議入りは決まっていない」とはぐらかす大臣! 農家による作物の自家増殖ができなくなる、外資による寡占化が進むのではとの批判がある種苗法の審議入りを問われて ~5.19江藤拓 農林水産大臣 定例会見 2020.5.19

記事公開日:2020.5.20取材地: テキスト動画

 2020年5月19日、千代田区の農林水産省で、江藤拓・農林水産大臣による定例会見が行われた。


種苗法改定案が今国会に上程!自家増殖(採種)一律禁止になり、違反すると10年以下の懲役1000万以下の罰金共謀罪の対象!? 日本の農業政策の未来にあるのは強欲アグリビジネスの支配体制! 2020.2.26

記事公開日:2020.2.26 テキスト

 3月上旬(農水省によれば、具体的日程は未定)に今国会(第201国会(令和2年常会))への上程が予定されている種苗法改定案に注目が集まっている。


日本の食と農が危ない!パート2 〜売り渡される食の安全〜(大阪市)―講師 山田正彦氏(元農林水産相) 2020.2.8

記事公開日:2020.2.8取材地: 動画

 2020年2月8日(土)14時より、元農水大臣・山田正彦氏の講演会「日本の食と農が危ない!パート2 〜売り渡される食の安全〜」が大阪府社会福祉会館で開かれた。講演会は関西よつ葉連絡会大阪産地直送センター、全日農京都府連合会、ストップ!TPP緊急行動・関西、戦争あかん!ロックアクションの4団体が呼びかけた。


「国の役割というのは、国民の健康と安全を守ることじゃないですか!!」 ゲノム編集食品・作物の規制と表示を求める署名が、各省庁に提出される!! ~1.30 署名提出院内学習会 2020.1.30

記事公開日:2020.2.1取材地: 動画

 2020年1月30(木)14時30分より東京都千代田区の衆議院第1議員会館にて、遺伝子組み換え食品いらない!キャンペーン、日本消費者連盟(詳細)署名提出院内学習会「すべてのゲノム編集食品・作物の規制と表示を求めます」が開催された。


遺伝子組み換え作物と除草剤「ラウンドアップ」でラットに腫瘍が多発! 国家も学会もメディアも支配し富を収奪するモンサントの正体! 岩上安身によるインタビュー 第965回 ゲスト カーン大学教授ジル=エリック・セラリーニ氏 2019.11.1

記事公開日:2019.11.4取材地: 動画独自

特集 種子法廃止の衝撃「食料主権」を売り渡す安倍政権
※ただいま公共性に鑑み、全編特別公開中!

 食と農をめぐる事実を日本人に伝えるべく来日したセラリーニ氏に、11月1日(金)IWJ事務所にて岩上安身がインタビューを行った。食の安全保障に不安が高まる中で、今世界では何が起きているのか、セラリーニ氏から詳しくうかがった。


緊急院内集会!種苗法についての勉強会 2019.10.15

記事公開日:2019.10.20取材地: 動画

 2019年10月15日(火)15時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、日本の種子(たね)を守る会の主催により「緊急院内集会!種苗法についての勉強会」が行われた。


ゲノム編集は人為的に遺伝子を操作!しかも「証拠が残らないので調べてもわからない」!! ~8.31シンポジウム「現代科学技術と人権」科学技術は私達生活にどのように関わってくるのか 2019.8.31

記事公開日:2019.9.6取材地: 動画

 2019年8月31日(土)13時30分より、東京都墨田区の江戸東京博物館にて、ゲノム問題検討会議の主催により、「シンポジウム『現代科学技術と人権』科学技術は私達生活にどのように関わってくるのか」が開催された。名古屋大学名誉教授で世界平和アピール七人委員会委員の池内了氏、防衛医科大学校医学教育部医学科教授の四ノ宮成祥氏、詩人のアーサー・ビナード氏、科学ジャーナリストの天笠啓祐氏らが講師として登壇した。司会は島薗進氏(上智大学教授、東京大学名誉教授)。


第11回 TPPプラス交渉をただす!院内集会 ―内容:日欧EPA、日米FTAについて関係省庁(外務省、内閣府、農水省など)と質疑討論 2018.11.12

記事公開日:2019.7.13取材地: 動画

 2018年11月12日(月)14時より東京都千代田区の参議院議員会館 B-109会議室にて、第11回 TPPプラス交渉をただす!院内集会が開かれ、日欧EPA、日米FTAについて関係省庁と質疑討論が行われた。


暮らしたい社会を描くレッスンスペシャル「政治を暮らしに引き戻そう~取り戻したいのは食、水、命~」(ディスカッション・質疑応答)―ゲスト:参議院議員・川田龍平氏、国際ジャーナリスト・堤未果氏、ナビゲーター:駒込武氏 2019.6.14

記事公開日:2019.6.14取材地: 動画

 2019年6月14日(金)19時より京都市下京区のキャンパスプラザ京都にて、井﨑敦子と草の根プロジェクトの主催により、暮らしたい社会を描くレッスンスペシャル「政治を暮らしに引き戻そう~取り戻したいのは食、水、命~」と題してディスカッションが行われた。


三鷹市議会では市民の請願によって種子法廃止に対する意見書が可決されていた! 印鑰智哉氏は「地域こそが企業の力を阻む拠点」と訴える! 反モンサント・バイエル 世界同時アクション@東京 2019.5.18

記事公開日:2019.5.30取材地: テキスト動画

 米農薬大手の多国籍企業モンサントの除草剤「ラウンドアップ」を使ったことが原因でがんを発症したとして、カリフォルニア州在住の夫婦が賠償を求めていた裁判で、同州アラメダ郡高等裁判所の陪審団が5月13日、モンサントを昨年6月に買収したドイツ医薬・農薬大手の多国籍企業バイエルに対して、20億ドル(約2180億円)余りの賠償金の支払いを命じる評決を下した。


外務省「小農権利宣言は『国連総会での決議は法的拘束力を有しない』『議論が収斂しているとは言い難い』と判断し棄権」~5.24院内集会「世界を変える小農と共に考える〜これからの日本と食と農のあり方を問う」 2019.5.24

記事公開日:2019.5.24取材地: 動画

 2019年5月24日(金)17時より、東京都千代田区の衆議院第二議員会館にて、国連小農宣言・家族農業10年連絡会の主催による院内集会「世界を変える小農と共に考える〜これからの日本と食と農のあり方を問う」が開催され、農林水産省、外務省、市民、研究者らが、今後の日本の食と農の未来について意見交換を行った。


「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」が「種子法廃止等に関する違憲訴訟」を東京地裁に提訴! 浅野正富弁護士「種子法廃止が生存権で保障された『食料への権利』を侵害している!」5.24 第5回総会 2019.5.24

記事公開日:2019.5.24取材地: 動画

 2019年5月24日(金)14時より、東京都千代田区の日本教育会館にて、TPP交渉差止・違憲訴訟の会 第5回総会が開催され、「種子法廃止等に関する違憲確認訴訟」提訴に関する報告が行われた。


【IWJ検証レポート】日本でもっとも販売数の多い除草剤「ラウンドアップ」に使用されている化学物質「グリホサート」に、世代を超えた発がん性の危険がある! 東日本大震災の津波被害農地に専用の「グリホサート」を散布させる二重の悲劇!! 2019.5.23

記事公開日:2019.5.23 テキスト

 自然科学と健康科学の分野を対象として一次研究論文を掲載するオープンアクセスの電子ジャーナル『Scientific Reports』(2019年4月23日)に、注目すべき研究論文が発表された。

 除草剤として日本でもっとも販売数の多いモンサント社製の「ラウンドアップ」に使用されている化学物質「グリホサート」に、世代を超えた毒性リスクがあることが判明したのである。


毛髪検査で国会議員ら28人中21人から農薬等13成分が検出!!「食の安全を考える議員連盟」設立へ~5.21体内残留農薬検査プロジェクト「デトックス・プロジェクト・ジャパン」発足式 2019.5.21

記事公開日:2019.5.22取材地: テキスト動画

特集 TPP問題|特集 種子法廃止!「食料主権」を売り渡す安倍政権
※19/5/24リード追加しました。

 2019年5月21日(火)13時30分より東京都千代田区の参議院議員会館にて、体内残留農薬検査プロジェクト「デトックス・プロジェクト・ジャパン」発足式が行われた。


モンサント除草剤「ラウンドアップ」はがんを発生させた「事実上の要因」!今度はカリフォルニアで陪審評決!類似するケースは9000以上とも! 2019.3.23

記事公開日:2019.3.23 テキスト

特集 TPP問題|特集 種子法廃止!「食料主権」を売り渡す安倍政権
※本記事は、2019年3月23日発行の「日刊IWJガイド」No.2382号を加筆・修正したものです。

 米モンサントの除草剤「ラウンドアップ」に発がん性があるとして、所有地で同除草剤を数十年間使用し、喉に悪性リンパ腫を患ったエドウィン・ハードマンさん(70)がモンサント側を訴えた裁判で、米カリフォルニア州地方裁判所の陪審は2019年3月19日、ラウンドアップががんを発生させた「事実上の要因」だったとの評決を下した。モンサントは昨年、ドイツのバイエルによって買収されている。


米国モンサント裁判で除草剤ラウンドアップの発がん性が認められ世界中が規制!日本だけが主成分グリホサートの残留基準を緩和し、今や中国の150倍!? 岩上安身によるインタビュー 第932回 元農林水産相・山田正彦氏 2019.3.18

記事公開日:2019.3.22取材地: 動画独自

特集 TPP問題|特集 種子法廃止!「食料主権」を売り渡す安倍政権
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2019年3月18日(月)16時半より東京都港区のIWJ事務所にて、元農林水産大臣で「TPP交渉差止・違憲訴訟の会」、「日本の種(たね)を守る会」、「デトックス・プロジェクト・ジャパン」などで活動する山田正彦氏に岩上安身がインタビューを行った。残留農薬の問題やゲノム(遺伝情報)編集食品の流通容認、種子法廃止の影響他、種苗法改定により自家採種・自家増殖が禁止されようとしている動きについて詳しく話を訊いた。


消費税0%!まずは第一歩で5%に!最低賃金全国一律1500円!所得再分配を!~3.2オールジャパン平和と共生「2019政治決戦必勝!総決起集会 ガーベラ革命で共生社会を実現しよう」 2019.3.2

記事公開日:2019.3.4取材地: 動画

 2019年3月2日(土)13時半より東京都千代田区の日本教育会館にて、オールジャパン平和と共生の主催による「2019政治決戦必勝!総決起集会 ガーベラ革命で共生社会を実現しよう」が開催され、基調講演には主催最高顧問で元内閣総理大臣の鳩山由紀夫氏が登壇した。また、ガーベラ革命での共生社会の実現を目指し、国会議員、経済学者らが第3部のテーマごとにスピーチを行った。