コロナ禍と緊急事態宣言による外食自粛により米の需要が下落! 危機的状況にある米農家らが具体的な3つの緊急要請を農林水産大臣へ提出!!~3.19米危機打開3.19 緊急リモート中央行動 第2部「農水省リモート交渉」 2021.3.19

記事公開日:2021.3.20取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材、文・浜本信貴)

 2021年3月19日(金)、同日、先立って行われた「農水省前リモート集会」を受けて、午後3時半より、東京都千代田区の衆議院第2議員会館にて、「米危機打開3.19 緊急リモート中央行動 第2部『農水省リモート交渉』」が行なわれた。

 冒頭、農民連、農民連ふるさとネットワーク、そして、全国食健連から、野上浩太郎 農林水産大臣へ宛てられた「緊急要請」の内容について、Zoomでリモート参加した農水省担当官に対し、農民連・長谷川俊郎会長から要請事項が説明された。

 要請事項は以下の3つ。

1.コロナ禍で生まれた市場に滞留する在庫を、政府が買い取るなどして市場から隔離し、需給環境を改善するとともに米価下落に歯止めをかけること。

2.コロナ禍などによる生活困難者・学生などへの食料支援制度を欧米並みに創設し、政府が支援すること。

3.国内消費に必要のない外国産米(ミニマムアクセス米)について、国産米の需給状況に応じて輸入数量抑制を直ちに実行すること。

 これらの要請に対し、農水省の各担当官は「農水省としても、なんとかして手を打つために、あらゆる可能な支援を対応中である」との回答を示した。


※ハイライトは準備が整い次第、アップします。しばらくお待ちください。現在、会員様のみ全編動画をご視聴できます(1時間23分)。IWJ存続のためにもぜひ会員登録で御覧下さい。→ご登録はこちら

  • 日時 2021年3月19日(金)15:30~17:00
  • 場所 衆議院第2議員会館 1F 多目的会議室(東京都千代田区)
  • 主催 農民連(詳細)
  • 共催 全国食健連

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入より御覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です