「PCR検査について様々な、必要とされている方やリスクの高い方に予防的にやっていくという面もあるので、戦略的に裾野を広げていこうとしているわけであります」~7.7 西村康稔全世代型社会保障改革担当大臣定例会見 2020.7.7

記事公開日:2020.7.7取材地: 動画

 2020年7月7日(火)午後5時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館会見室にて、西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣の定例記者会見が行なわれた。

 冒頭、西村大臣からの報告はなく、そのまま、各社記者と西村大臣との質疑応答となった。同日発表された家計調査(2020年5月分)の内容についての質問が一つあった他はすべて新型コロナウイルス対策に関するものであった。


小池都知事が「感染は『夜の街』に」と明言しても打つ手なし! 可視化されない「夜の街」の現状! クラス全員、キャバクラで働いた経験があるという高校が東京に実在することが取材で判明!! 背景には貧困と奨学金ローンの返済が!! ~連載第1回~ 2020.7.6

記事公開日:2020.7.6 テキスト

 7月5日、小池都知事の再選が決まった。しかし、誰が都知事になろうとも、東京で今まさに膨れ上がり続けているコロナ「第2派」の勢いは簡単には止められそうにない。


新型コロナ分科会会長 尾身茂氏「新規感染者数を見ると第二波を心配する材料はあるが、重症化患者も少なく、病床も確保されており、PCR含め検査数も増えている」~7.3西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 定例会見 2020.7.3

記事公開日:2020.7.3取材地: 動画

 2020年7月3日(金)18時より、東京都千代田区の中央合同庁舎にて、新型コロナ対策担当大臣の西村康稔氏、新型インフルエンザ等対策有識者会議基本的対処方針等諮問委員会会長で地域医療機能推進機構〔JCHO〕理事長尾身茂氏による会見が開かれた。


東京で新型コロナ新規感染者が124人!2日連続100人超えでも小池百合子都知事は「国のサイドの緊急事態宣言が行われた場合にはあらためて判断する」と休業要請に慎重な考えを表明!〜7.3小池百合子東京都知事定例会見 2020.7.3

記事公開日:2020.7.3取材地: 動画

 2020年7月3日(金)14時より、東京都庁にて小池百合子東京都知事による定例会見が開かれ、都内での一日あたりの新型コロナウイルス感染者が2ヶ月ぶりに100人を超えたと報告した。


新型コロナ感染症は引き続き労働力の低下に影響。IWJ記者は高市総務大臣に住所不安定者への10万円給付について聞くが、人間疎外の公式見解が返されるのみ~6.30 高市早苗 総務大臣 定例会見 2020.6.30

記事公開日:2020.7.2取材地: テキスト動画

 2020年6月30日(火)、千代田区霞が関の総務省会見室にて、高市早苗総務大臣の定例会見が開かれた。

 IWJ記者は高市総務大臣に、「特別定額給付金が、住所不安定者、いわゆるホームレスの方に対して支給される場合に、住民票がない、取得するのに困難があるなどの問題があってなかなか申請手続きができないことについて、総務省は一応の把握はして地方自治体に通知をしているが、当事者や支援団体からは対応の不足や至らなさが指摘されている。今後実態に即した対応がなされていくのかどうか」と質問した。


【第467-473号】岩上安身のIWJ特報!パンデミック前夜!? 日本人の間で感染爆発!? 「不要な」水際対策で「ダイヤモンド・プリンセス」が犠牲に!医療ガバナンス研究所理事長・上昌広氏インタビュー第1弾(2020年2月16日) 2020.6.30

記事公開日:2020.7.1 テキスト独自

特集 #新型コロナウイルス◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!

※サポート会員に登録すると岩上安身インタビューなどすべての記事を無制限でご覧いだたけます。ぜひ、サポート会員登録してご利用ください。ご登録はこちらから

 日本における新型コロナウイルス対策について、当初からその問題点を指摘し続けてきた上昌広医師のインタビューをお届けする。インタビューを通じて、岩上安身は上氏から、その後の感染拡大と対応策の齟齬を予見するような、多くの意義ある提言や知見を引き出している。


新型コロナ専門家会議解散!そして分科会へ!! 専門家会議の面々は「前のめりでやり過ぎたと、反省もされている」と西村大臣が見過ごせない発言! ~6.26西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 定例会見 2020.6.26

記事公開日:2020.6.26取材地: テキスト動画

 2020年6月26日(金)午前10時50分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 の定例記者会見が行なわれた。

 IWJ記者は以下のように質問した。


「世界は新たな危険段階に入った」とWHOが発表!新型コロナ世界新規感染者数は15万人超え!米国とブラジルの2カ国は、それぞれ1日あたり3万件を超えるペースで急増!感染抑止政策によって各国に明暗! 2020.6.22

記事公開日:2020.6.22 テキスト

 新型コロナ・ウイルスの1日あたり新規感染者数が15万人を超えたことを受けて、WHOのテドロス事務局長は、世界は「新たな危険段階に入った」と発表した。

 6月19日に行われた記者会見で、テドロス事務局長は、「パンデミックは加速している」「COVID-19の15万件を超える新規症例が昨日WHOに報告された。これはこれまでの(1日あたりの新規症例として)最大数である。これらの症例のほぼ半分は南米と北米から報告されており、南アジアおよび中東からも多数報告されている」とし、「世界は新たな危険段階に入った」という認識を示した。


床に穴が空いただけのトイレの横に手錠をかけられて座らされる「拷問部屋」の実態!入管で24時間監視される過酷な隔離部屋! 自殺未遂続出のため向精神薬を強制!「起きたら涙が出ている」と元入管収容者が語る~世界難民の日 オンライントークイベント 2020.6.21

記事公開日:2020.6.21取材地: テキスト動画

※2020年6月27日、テキストを追加しました。

 「世界難民の日」に伴い、日本教育会館では難民写真展が開催され、最終日には「コロナ禍と日本に暮らすクルド難民」をテーマにオンライントークイベントが催された。


またも新たな問題!電通が家賃支援給付事業に関して下請けに圧力!川内博史議員「お困りの方に支援を届けるべき状況で自分のところさえよければいいのか!」 ~6.19 野党合同国対ヒアリング 2020.6.19

記事公開日:2020.6.19取材地: テキスト動画

 2020年6月19日(金)13時より、千代田区永田町衆議院本館第4控室にて、「野党合同国対ヒアリング」が行われた。このヒアリングには、経済産業省より大臣官房会計課課長 飯田健太氏、中小企業庁総務課課長 高倉秀和氏、商務・サービスグループ参事官室参事官 佐々木啓介氏が、また公正取引委員会から事務総局審査局管理企画課長 大胡勝氏が出席し、野党議員からの質疑に答えた。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-5)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:ソーシャルディスタンス編 (藤田早苗) 2020.6.19

記事公開日:2020.6.19取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、5回に分けてロックダウンの緩和を迎えた英国の現状をお伝えしている。今回はその5回目、最終回である。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-4)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:医療従事者やケアワーカーへの格差が危険を広げている 編 2020.6.19

記事公開日:2020.6.19取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、5回に分けてロックダウンの緩和を迎えた英国の現状をお伝えしている。今回はその4回目である。


持続化給付金の不透明と遅滞を糺す! 原口一博議員「あなた方でわからないならもう電通の社長に来ていただくほかない」、山井和則議員「申請者の命の問題。一秒でも早く!」~6.18野党合同国対ヒアリング 2020.6.18

記事公開日:2020.6.18取材地: テキスト動画

 2020年6月18日(木)11時より、衆議院本館第4控室にて、「野党合同国対ヒアリング ―内容:持続化給付金の遅滞問題等について」が行われた。冒頭、国民民主党原口一博国対委員長は、「国会が閉会したが、ヒアリングや委員会は休みにせず継続していく。適正な執行のために必要なチェックを続けていく」と述べた。


世界と連帯する反人種・民族差別行動!「なぜ声をあげるのか。差別と偏見の向こうには戦争と殺戮が見えるから」~6.14「コロナに乗じたヘイトをやめろ!緊急アクション」 2020.6.14

記事公開日:2020.6.18取材地: 動画

 2020年6月14日(日)15時半より、市民グループが豊島区東池袋公園を出発点に、「コロナに乗じたヘイトをやめろ! 緊急アクション」を行った。


日本でコロナ感染者が確認されてから約6か月、風評被害で減少する来院者たち!! 東京都医師会が喚起する第2波を防ぐために必要な対策とは!?~6.10 東京都医師会 緊急会見 2020.6.10

記事公開日:2020.6.17取材地: 動画

 2020年6月10日(水)17時より東京都千代田区の東京都医師会館にて、東京都医師会 緊急会見が開かれ、東京都医師会の新型コロナウイルス感染症対策などについて報告をした。


原口一博衆院議員「本来ならば、期限日までに給付が行われなければ、民間であれば損害賠償でしょ?もう皆さん損害賠償の対象になってるんじゃないですか?」~6.15野党合同国対ヒアリング(持続化給付金の遅滞について) 2020.6.15

記事公開日:2020.6.16取材地: テキスト動画

 2020年6月15日(月)14時30分より、東京都千代田区永田町の衆議院本館にて、持続化給付金の遅滞について、野党合同国対ヒアリングが開催された。

 省庁側から、経済産業省、財務省、総務省、会計検査院、内閣官房、法務省、公正取引委員会の職員が出席し、野党議員らの追及に応じた。


「宇都宮健児さんとの違いは財政に関する考え方!新型コロナ対策に地方債で15兆円を準備する!」〜れいわ新選組山本太郎代表が東京都知事選出馬を表明! 2020.6.15

記事公開日:2020.6.15取材地: テキスト動画

 「宇都宮(健児)さんに託せばいいじゃないか。そう思われる方もいらっしゃるかもしれません。でも、私と宇都宮さんでは、財政に関する部分か、考え方が違うということです」

 6月15日午後2時、れいわ新選組の山本太郎代表が参議院会館で記者会見を開き、東京都知事選への出馬を表明し、すでに出馬を表明している元日弁連会長の宇都宮健児氏との違いを訴えた。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-3)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:国民保健サービスを助けてください編 2020.6.14

記事公開日:2020.6.14取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、5回に分けてロックダウンの緩和を迎えた英国の現状をお伝えしている。今回はその3回目である。


【特別寄稿】カナダ在住のジャーナリスト・社会学者小笠原みどり氏による北米レポート「ロックダウンからプロテストへ――世界中が『息ができない』と叫んでいる理由」 2020.6.14

記事公開日:2020.6.14 テキスト

 元朝日新聞記者で、カナダ・クイーンズ大学大学院で社会学博士号を取得した、ジャーナリスト・社会学者の小笠原みどり氏から、IWJに寄稿が届いた。

 小笠原氏は現在、カナダ・オンタリオ州キングストン在住。


【特別寄稿】英エセックス大人権センター・フェロー藤田早苗氏のイギリス・ロックダウンレポート(その2-2)〜ちょっとだけ緩和されたロックダウン:非常時の警察権力の監視を怠るな!編 2020.6.14

記事公開日:2020.6.14取材地: | テキスト

 前回、ロックダウン中の英国からレポートを寄稿していただいた、エセックス大学人権センター・フェローの藤田早苗氏から、第2弾となるレポートが届いた。長文の寄稿のため、昨日から5回に分けて、ロックダウンの緩和を迎えた英国の現状を連日お伝えしている。本日はその2回目である。