そもそも痴漢が多すぎる! その背景にあるのは女性蔑視? 女性専用車両騒動から浮かび上がる日本社会のいびつな現実 2018.4.15

記事公開日:2018.4.15 テキスト

 日本では4月1日から新年度が始まる。この春も、たくさんの若者が進学や就職で新しい生活をスタートするだろう。初めて電車で通勤通学する人たちは、ラッシュ時の混雑に驚愕するかもしれない。そんな中で見知らぬ他人が身体を触ってきて、声を上げても周りの乗客が無関心だったら、どれほどショックだろうか。

 残念ながら、日本の大都市圏の通勤時間帯には痴漢が多発している。これは海外でもよく知られていて、イギリス政府は日本への渡航者向けの安全情報の中で、「通勤列車での『chikan』は頻繁にある」と注意喚起を行い、カナダ政府も同様に、日本に旅行する女性向けに「通勤時間帯の混み合う電車で不適切な接触が発生することがある」と警告している。


「カウンターは在日朝鮮人」!? 女性専用車両に集団で乗り込みヘイトをまき散らす「女性専用車両反対」グループ! 彼らの差別意識はどこからやってくるのか… 2018.2.24

記事公開日:2018.2.27取材地: テキスト

 渋谷駅前の待ち合わせ場所として知られるハチ公の像から、少し離れた場所に位置するモヤイ像。行き交う人の多いこの場所で、2018年2月24日午後、怒号が飛びかった。

 グリーンのはっぴ姿の男性たちに向けて、「嫌がらせで女性専用車両に乗り込み、千代田線を遅延させた輩を許さない」などと書かれたプラカードを手にした人たちが抗議の声を上げたのである。


田中宏講演会 朝鮮学校差別の根っこは何か ―「高校無償化」裁判を考える―(京都市) 2018.1.20

記事公開日:2018.1.20取材地: 動画

 2018年1月20日(土)15時より、一橋大学名誉教授で「東京朝鮮高校生の裁判を支援する会」共同代表でもある田中宏氏を招いて、講演会「朝鮮学校差別の根っこは何か―『高校無償化』裁判を考える―」が同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)で開かれた。


沖縄の土木技術者・奥間政則さんが語る「基地建設問題とハンセン病から考える沖縄〜差別の構造」(京都市) 2017.10.21

記事公開日:2017.12.29取材地: 動画

 2017年10月21日(土)19時より京都市中京区の職員会館かもがわにて、沖縄の土木技術者・奥間政則さんが語る「基地建設問題とハンセン病から考える沖縄〜差別の構造」が開催された。


第11回 反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 変えよう!日本と世界 ―講師 伊藤公雄・京大名誉教授、彫刻家・金城実氏 2017.10.29

記事公開日:2017.10.29取材地: 動画

 2017年10月29日(日)14時より、11回目となる集会「反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 変えよう!日本と世界 ―改憲阻止!政治を私物化する安倍政権を倒そう!―」が京都・円山公園音楽堂で開かれた。京都大学名誉教授の伊藤公雄氏、沖縄在住の彫刻家・金城実氏の講演、川口真由美&おもちゃ楽団の歌と演奏などが行われた。(一部敬称略)


「わたしたちは国民じゃないかもしれない!しかし同じ国に住んで働いている生活者です!」~どれだけ叫べばいいのだろう?奪われ続けた声がある~朝鮮学校「高校無償化裁判」全国集会 2017.10.25

記事公開日:2017.10.28取材地: 動画

 2017年10月25日(水)18時30分より東京都渋谷区の代々木公園イベント広場野外ステージにて、「朝鮮学校の子どもたちに学ぶ権利を!全国集会」実行委員会主催による朝鮮学校の子どもたちに学ぶ権利を!「高校無償化裁判」全国集会が開催された。


「デマに決まっている。犯罪として被害届を出す」〜スピード違反で話題の日本維新・長谷川豊候補にIWJが直撃!「抗議する場を設けさせた」と強弁するも警察は「そのような制度はない」と否定 2017.10.17

記事公開日:2017.10.17 テキスト

衆院選2017特集 千葉1区

(10月17日、加筆更新しました。)

 「自業自得の人工透析患者なんて、全員実費負担にさせよ! 無理だと泣くならそのまま殺せ!」

 数々の「暴言」で知られるフリーアナウンサーの長谷川豊氏が現在、衆院選の千葉1区で日本維新の会から立候補している。長谷川氏は人工透析患者に対する暴言について謝罪したものの、その社会的責任が問われ、あらゆるレギュラー番組を降板。その経過はIWJも記事にまとめている。


「日本の高校生・外国人学校の生徒達に適用しながら朝鮮学校の生徒には適用しない。これを民族差別と言わずに何と言うのでしょうか」~敗訴判決を受け弁護団・当事者・日韓の市民団体らが集会 2017.9.13

記事公開日:2017.9.22取材地: 動画

 2017年9月13日(水)18時30分より、東京都千代田区の日本教育会館一ツ橋ホールにて、「高校無償化」裁判東京判決大集会が行われた。


サントリー広報を取材! 自社のPR動画に登場する水原希子さんに対するヘイトスピーチを完全スルー!? 差別に無自覚な企業体質あらわに ツィッタージャパン、モデル事務所も直撃 2017.9.14

記事公開日:2017.9.15 テキスト

 「今回の当社キャンペーン投稿に対して、ツィッター上でキャンペーン趣旨と異なるコメントが多くついている事態に残念に思っております」――

 9月7日にツィッターに投稿されたサントリー「ザ・プレミアム・モルツ(プレモル)」のキャンペーン動画に対し、「偽日本人」「反日モデル」など、PRに登場する水原希子さんが「ハーフ」であることを理由にしたヘイトスピーチが多数、コメントとして投稿された。


「関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式」に、追悼文を送らない方針を決めた小池百合子都知事に都庁前で『九月、東京の路上で』を読み聞かせ!?~「小池知事は歴史を直視しろ」!! 2017.8.31

記事公開日:2017.8.31取材地: 動画

 2017年8月31日(木)19時より、東京都新宿区の東京都第一本庁舎前にて、差別反対都庁前アピールが行われた。


「ニュース女子はこれからも侮辱を続けるだろう」——長谷川幸洋氏の謝罪を求め、市民が東京新聞本社前で初の抗議行動!沖縄から泰真実氏、渡瀬夏彦氏も参加(第18弾) 2017.3.2

記事公開日:2017.3.3取材地: 動画

 2017年3月2日(木) 18時30分より、沖縄への偏見をあおる放送をゆるさない市民有志の呼びかけで、東京都千代田区の東京新聞本社前で、「東京新聞の良心を応援中 長谷川氏は謝罪と訂正を」のアピールを行った。


「日本が好きだ」「中国も愛してる」と語る在日中国人たちがヘイトスピーチの嵐吹き荒れる新宿をサイレントデモ!! ~「APAホテル元谷がやっていることは友好の妨害」!? 2017.2.5

記事公開日:2017.2.5取材地: 動画

 2017年2月5日(日)14時頃から、東京都新宿周辺にて、「中日民間友好委員会」主催によるAPAホテルへ抗議するサイレントデモが行われた。


「相模原殺傷事件から半年 ―なにが問題か?あなたはどうする?」記念講演:竹内章郎氏(岐阜大学教授) 2017.1.25

記事公開日:2017.1.27取材地: 動画

 2017年1月26日(木)、京都市北区の立命館大学・国際平和ミュージアムで、シンポジウム「相模原殺傷事件から半年 ―なにが問題か?あなたはどうする?」が開催され、岐阜大学教授の竹内章郎氏が記念講演を行った。


きっかけは産経新聞! 日本会議系の横山正人・横浜市議が中学副読本から「朝鮮人虐殺」の歴史隠蔽! 市教委は本を回収・溶解処分に! ~11月17日岩上安身が西崎雅夫氏にインタビュー! 2016.10.28

記事公開日:2016.11.2取材地: テキスト動画

 「虐殺の事実と、なぜそれが起きたのかは、私たちが学ばなければいけないことだと思います。とりわけ横浜の子どもたちは」――。

 2016年10月28日、東京都杉並区高円寺で行われたトークイベント「『歴史は削除できない』—横浜市副読本問題の5年」で横浜市の元中学教師、後藤周(あまね)氏は静かに訴えた。トークイベントには作家の中沢けい氏、ノンフィクション作家の加藤直樹氏もスピーカーとして招かれた。


府警機動隊員の差別暴言糾弾!大阪府警本部抗議行動! 2016.10.29

記事公開日:2016.10.29取材地: 動画

 大阪府警機動隊員による差別発言への抗議行動が、2016年10月29日(土)12時前より大阪市中央区の大阪府警察本部正門前で行われた。同時刻に沖縄東村高江の米軍北部訓練場N1ゲート前で行われた抗議集会に連帯するもの。


「沖縄県警も所詮、看板を使われているだけ」〜差別発言で相次ぐ大阪府警の部隊撤退を求める声!500人規模の機動隊投入の黒幕は警察庁!? 2016.10.23

記事公開日:2016.10.23 テキスト

 10月18日に沖縄県高江の米軍北部訓練場ヘリパッド建設現場で、工事に反対する市民に対し、差別発言をした20代の機動隊員らは、案の定、「侮蔑的な意味があるとは知らなかった」と釈明した。大阪府警は10月21日、2人を戒告の懲戒処分にした。

 29歳の巡査部長は「土人」発言について、抗議する市民が「体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」と説明。一方、26歳の巡査長は「過去に(抗議する市民に対し)『シナ人』と発言する人がいて、つい使ってしまった」とし、ともに侮蔑の目的では使っていないと弁明した。


県民に対する「土人」「シナ人」発言で、指導責任を沖縄になすりつける警察庁や大阪府警!?~20代の機動隊員2人は、沖縄に対する多重差別構造を可視化したにすぎない 2016.10.21

記事公開日:2016.10.21 テキスト動画

 ヘリパット建設工事に抗議する市民に対し、大阪府警察から派遣された20代の機動隊員2人が、「土人」「シナ人」と差別的暴言を吐いた問題は、沖縄県警や大阪府警だけにとどまらず、大阪府、警察庁、法務省などの責任が問われる問題に発展している。

 2016年10月18日午前9時47分頃、沖縄県東村高江地区にある、北部訓練場のヘリパッド建設現場の国道70号線近くで、工事への反対の声を上げ続けている、沖縄生まれ育ちの生っ粋のウチナンチューであり、芥川賞作家の目取真俊氏がフェンスに手をかけていたところ、フェンス越しにいた機動隊員と口論になった。


「人間には、それぞれに深い感情を持っていて、その深さに到達しようとする態度が必要なんです」~東京大学教授・安冨歩氏による講演会「『ありのまま』に生きる~『らしさ』からの解放~男のフリやめた東大教授からのメッセージ」 2016.9.25

記事公開日:2016.10.3取材地: 動画

 2016年9月25日(日)14時より、東京都台東区の生涯学習センターで「2016男女平等推進フォーラム」が開催され、講演会「『ありのまま』に生きる~『らしさ』からの解放~男のフリやめた東大教授からのメッセージ」と題して、東京大学東洋文化研究所教授の安冨歩氏が登壇した。

 安冨氏は「男女差別をなくすというのは、男性と同じように女性を取り扱うのではない。人間には、それぞれに深い感情を持っていて、その深さに到達しようとする態度が必要」と述べ、「日本人が縛られやすい」という「立場主義」からの解放を参加者たちに語りかけた。


「謝れない男」長谷川豊氏 「自業自得の人工透析患者」を「殺せ!」と煽ったブログから「殺せ!」を削除も、「悪意を持って拡散された」と謝罪もせず他人に責任転嫁!「無断コピペ」も当事者に謝罪なく削除 2016.9.29

記事公開日:2016.9.29 テキスト

 人工透析患者に対し、「自業自得の理由」で透析を受けている人間は「殺せ!」と自身のブログで暴論を展開し、ネット上を「炎上」させている元フジテレビアナウンサーで現フリーアナウンサーの長谷川豊氏。長谷川氏は、9月25日、問題となった記事タイトルから「殺せ!」という文言を削除した。しかし「殺せ!」という表現の問題性に気付いたのかといえば、そうではない。

 この問題の記事を掲載したあとも、悪びれる様子もなく、他人に責任をなすりつける自己弁護と自己正当化の「反論」を次々と繰り出している。


【相模原殺傷事件】「私たちは『障害者はなくしてしまえ』という優生思想と闘います」1000人の障害者が声をあげる 当事者の「声」を聞こうとしない日本社会に問題提起 2016.9.21

記事公開日:2016.9.23取材地: テキスト動画

※詳細なテキストは準備が整い次第アップしますので、もうしばらくお待ちください。

 19人が犠牲となり、27人が重軽傷を負った虐殺事件から、2カ月が経とうとしている。神奈川県相模原市の障害者施設「津久井やまゆり園」で起きたこの凄惨な事件は、世界中に衝撃を与えた。

 2016年9月20日、神奈川県横浜の大桟橋ホールでこの事件をテーマに、「第22回ピープルファ-スト大会in横浜」が開かれた。「ピープルファ-スト」は、「障害者である前に人間である」という理念のもと、障害者が、自分たちの問題を自分たちで、自分たちのために発言することを目的に設立された世界的な団体。運営にも多くの障害者の方々が関わっている。