みんなで考えよう!住民投票シンポジウム 私たち外国籍住民にも投票権を!!(大阪市)―基調講演 朴一・大阪市立大教授 2020.10.17

記事公開日:2020.10.17取材地: 動画

 「大阪都構想」の是非を問う住民投票を前に、外国籍住民に投票権が付与されない問題について考えるシンポジウム「みんなで考えよう!住民投票シンポジウム」が2020年10月17日(土)14時より韓国民団大阪本部(大阪市北区)で開かれた。大阪市立大学・朴一(パク・イル)教授が基調講演を行ったほか、韓国・中国・ペルー籍の在日外国人によるパネルディスカッションが行われた。


安倍外交時代の終焉を迎え、醸成される肯定的評価。8月28日会見での非礼発言と高圧的姿勢を追及されるも茂木大臣は反省なく弁明するのみ!~9.4 茂木敏充 外務大臣 定例記者会見 2020.9.4

記事公開日:2020.9.4取材地: 動画

 2020年9月4日(金)、午前11時20分より千代田区霞が関の外務省会見室にて茂木敏充外務大臣の定例記者会見が開かれた。大臣よりの報告はなく、参加記者との質疑応答のみが行われた。


9.1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典 直前特別番組 97年前、「普通」の日本人がなぜ朝鮮人を虐殺したのか? レイシスト達はなぜ史実を否認しようと躍起になるのか!? ゲスト: 加藤圭木氏(一橋大学准教授)、 安田浩一氏(ノンフィクションライター )、 加藤直樹氏(ノンフィクションライター)、司会:岩上安身 2020.8.24

記事公開日:2020.9.1取材地: 動画独自

※一般会員の方は記事公開後2カ月間、サポート会員の方は無期限で全編映像がご視聴いただけます。ぜひ会員登録してご利用ください。登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

 2020年8月24日(月)、岩上安身の司会により、一橋大学准教授(朝鮮近現代史、日朝関係史)の加藤圭木氏、ノンフィクションライターの安田浩一氏、ノンフィクションライターの加藤直樹氏をゲストに、「9.1関東大震災朝鮮人犠牲者追悼式典」直前特別番組を収録した。


れいわ新選組が命の選別発言の大西つねき氏を除名! 山本太郎代表は会見でIWJ記者の質問に答え、大西氏擁護発言をする人々について「れいわの本質を理解できている方ならそういう解釈にはならない」と批判! 2020.7.16

記事公開日:2020.7.17取材地: 動画

 れいわ新選組の大西つねき氏が、7月3日に自身のYouTubeアカウントで配信した動画の中で、「高齢者の命を選別すべき」と発言したことに対して、れいわ新選組は昨日16日午後4時より参議院議員会館で臨時総会を行い、その後、山本太郎代表が記者会見を行った。


「No Justice, No Peace」「日本にも人種差別はある」と渋谷で1000人以上が平和的なデモ行進!~6.14Black Lives Matter TOKYO 2020.6.14

記事公開日:2020.6.14取材地: 動画

 2020年6月14日(日)14時45分ころから東京都渋谷区の代々木公園イベントプラザに集合し渋谷周辺でデモ行進が行われた。


#0612BlackLivesMatterに連帯する沖縄集会 2020.6.12

記事公開日:2020.6.12取材地: 動画

 米ミネソタ州ミネアポリスで発生した警官によるアフリカ系アメリカ人ジョージ・フロイド氏殺害事件に端を発し、世界中に拡がった抗議行動に連帯し、2020年6月12日(金)18時半より沖縄県沖縄市の胡屋十字路で「#0612BlackLivesMatterに連帯する沖縄集会」が開かれた。


日本社会はなぜモノ言う女を叩くのか?〜#KuToo から見えてきたもの〜クロストーク 石川優実氏(グラビア女優、フェミニスト)×大椿裕子氏(前参議院選挙比例候補) 2020.1.26

記事公開日:2020.1.26取材地: 動画

 2020年1月26日(日)13時30分より大阪市北区のPLP会館にて、社会民主党大阪府連合の主催によるクロストーク「日本社会はなぜモノ言う女を叩くのか?〜#KuToo から見えてきたもの〜」石川優実氏(グラビアモデル、フェミニスト、#KuToo 運動提唱者)×大椿裕子氏(前参議院選挙比例候補、元非正規労働者、社会民主党大阪府連合副代表)が行われた。


「今回起きたことは 今後改良できる材料として使っていただけたら今回の民事裁判は 私にとって本当に意味のあるものだったと思えます」 ~12.18伊藤詩織氏(フリージャーナリスト)民事裁判 判決報告集会 2019.12.18

記事公開日:2019.12.19取材地: 動画

  2019年12月18日(水)19時30分より東京都新宿区の日本キリスト教会柏木教会にて、伊藤詩織氏(フリージャーナリスト)民事裁判 判決報告集会が行われた。


日本外国特派員協会主催 幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会 記者会見 2019.9.27

記事公開日:2019.9.27取材地: 動画

 2019年9月27日(金)15時より東京都千代田区の日本外国特派員協会にて、康仙華氏(弁護士で幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会)、宋恵淑氏(幼保無償化を求める朝鮮幼稚園保護者連絡会代表)、朝鮮幼稚園教師らが幼稚園教育の無償化を求めて記者会見を行った。


講演会「今なぜ武谷三男なのか ―その思想と現代の諸問題―」 2019.9.16

記事公開日:2019.9.17取材地: 動画

 2019年9月16日(月)13時30分より東京都墨田区の江戸東京博物館にて、武谷三男史料研究会の主催による「今なぜ武谷三男なのか -その思想と現代の諸問題-」と題する講演会が開催された。武谷三男氏は、1949年にノーベル物理学賞を受賞した湯川秀樹氏や坂田昌一氏らと共に原子核・素粒子を研究した理論物理学者。


痴漢の被害責任は女性にある!? 広告からわかる日本の性差別~7.31アムネスティ・インターナショナル 第2回ボランティア・カフェ「女性の権利 ―― 差別に直面している女性たち」 2019.7.31

記事公開日:2019.8.13取材地: 動画

 2018年7月31日(水)19時より、東京都千代田区のアムネスティ日本 東京事務所にて、「女性の権利――差別に直面している女性たち」と題し、アムネスティ・ボランティア・カフェが開催された。津田塾大学英語英文学科講師のハンブルトン・アレクサンドラ氏をゲストに迎え、家庭内暴力や性暴力など、女性が直面している差別と暴力についてトークが行われた。


坑道のカンテラが照らす現代日本の闇!~「作兵衛さんと日本を掘る」上映後 豪華ゲストを招いて〈ゴットン・トーク!〉熊谷博子(監督)・永田浩三(元NHKプロデューサー・武蔵大学教授) 2019.7.25

記事公開日:2019.7.29取材地: テキスト動画

※2019年8月5日、テキストを追加しました。

 2019年7月25日のポレポレ東中野にて、「作兵衛さんと日本を掘る」上映後 豪華ゲストを招いて〈ゴットン・トーク!〉熊谷博子(監督)・永田浩三(元NHKプロデューサー・武蔵大学教授)が行われた。


セクハラ罪は存在しないと閣議決定!先進国で差別を禁じる法律を持っていないのは日本だけ!? 申惠丰(シン・ヘボン)氏が国際人権条約からみた女性差別について解説~7.26国際人権入門講座2019 2019.7.26

記事公開日:2019.7.26取材地: 動画

 2019年7月26日(金)18時半より東京都渋谷区の青山学院大学青山キャンパスにて、国際人権活動日本委員会の主催により、青山学院大学法学部教授の申惠丰(シン・ヘボン)氏を講師に迎え、第5回国際人権入門講座2019「国際人権条約から見た女性差別問題」が開催された。東京医大不正入試問題や、国連が1981年に発行した女子差別撤廃条約などを例にあげ、女性の差別や人権問題について詳しく解説した。


東京朝鮮高校生「無償化」裁判 控訴審判決後の記者会見 2018.10.30

記事公開日:2019.5.12取材地: 動画

 2018年10月30日(火)16時45分より東京都千代田区の東京・霞が関 司法記者クラブにて、東京朝鮮高校生「無償化」裁判 控訴審判決後の記者会見が行われた。


旧基準と新基準の内容不明!審査委員も入れ替えたが情報はブラックボックスのまま~11.8「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」による東京医科大学差別入試に関する緊急記者会見 2018.11.8

記事公開日:2019.1.7取材地: 動画

 2018年11月8日(木)14時より東京都千代田区のさくら共同法律事務所にて、「東京医大等入試差別問題当事者と支援者の会」による東京医科大学差別入試に関する緊急記者会見が開かれた。共同代表でジャーナリストの井戸まさえ氏、同共同代表で作家の北原みのり氏、弁護士の河合弘之氏らがコメントを発表した。


東京医大不正入試問題・NPO法人「消費者機構日本」による受験料返還を求める訴訟についての記者会見 2018.12.17

記事公開日:2018.12.25取材地: 動画

 2018年12月17日(月)14時より東京都千代田区の東京・霞が関 司法記者クラブにて、東京医大不正入試問題・NPO法人「消費者機構日本」による受験料返還を求める訴訟についての記者会見が行われた。


第12回 反戦・反貧困・反差別共同行動in京都 変えよう!日本と世界 ―講演 稲嶺進・前名護市長、雨宮処凛氏ほか 2018.10.21

記事公開日:2018.10.21取材地: 動画

 2018年10月21日(日)13時半より、今年で12回目となる集会「反戦・反貧困・反差別共同行動 in 京都 変えよう!日本と世界 ―9条改憲阻止!東アジアの平和を妨害し政治を私物化する安倍政権を倒そう!―」が円山公園音楽堂(京都市東山区)で開かれた。前沖縄県名護市長の稲嶺進氏、作家・活動家の雨宮処凛氏らが講演を行った。


シリーズ「グローバル・ジャスティス」 第61回「戦争における女性たち」―講師:キャロル・マン氏(パリ第八大学ジェンダー研究科研究員) 2018.10.17

記事公開日:2018.10.17取材地: 動画

 2018年10月17日(水)、京都市上京区の同志社大学・烏丸キャンパスで、「シリーズ『グローバル・ジャスティス』 第61回『戦争における女性たち』」が開催され、パリ第八大学ジェンダー研究科研究員のキャロル・マン氏による講演が行われた。


『新潮45』に掲載された差別と痴漢煽動表現てんこ盛りの小川榮太郎氏の記事!新潮社の佐藤隆信社長が声明を出すも謝罪はなし!安倍シンパの醜悪な文章による炎上商法を許すな! 2018.9.27

記事公開日:2018.9.27 テキスト

 『新潮45』2018年10月号に、LGBTの人々や性犯罪の被害者に対する差別表現や、性犯罪の煽動と言わざるを得ない表現が掲載されていた問題で、新潮社の佐藤隆信社長は昨日21日、「『新潮45』2018年10月号特別企画について」と題した声明をサイトで発表した。その声明文は以下の通り。


反省は表明するも雑誌は回収しない!? ヘイトと痴漢煽動を垂れ流していた『新潮45』が休刊を発表! IWJは休刊発表の直後に、新潮社へ直接取材! 2018.9.26

記事公開日:2018.9.26取材地: テキスト

 2018年9月18日発売の『新潮45』2018年10月号の「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という「特別企画」に、差別表現や痴漢煽動表現が掲載されていた問題で、新潮社は9月25日、『新潮45』の休刊を発表した。新潮社は、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と声明を出した。