米国に加え、豪軍を「武器等防護」対象に!「これまでも様々な防衛訓練を共同で行ってきた。その積み重ねの結果として、日豪間の相互運用性の向上が不可欠となっている」~10.20 岸信夫防衛大臣定例会見 2020.10.20

記事公開日:2020.10.20取材地: テキスト動画

 2020年10月20日(火)、午前11時頃から、東京都新宿区市谷本村町の防衛省・第一省議室にて、岸信夫・防衛大臣の定例会見が行われた。

 冒頭、岸大臣から、新型コロナウイルス感染症について、前回の定例会見(10月16日)以降、新たに1人の新規感染者が確認され、10月20日現在、自衛隊員の感染者は合計191名となったとこと、また、岸大臣は、明日10月21日から22日の日程で沖縄を訪問し、玉城デニー知事らと沖縄県に集中する米軍をめぐり会談する予定であることの2点について報告があった。


敵基地攻撃能力の保有というけれど、攻撃すべき対象となる「敵国」のミサイル基地の数はいくつある?報復攻撃を受けた時の勝算は?「敵国」は中国なのか?いろいろ気になることを聞いてきた!~10.9 岸信夫防衛大臣会見 2020.10.9

記事公開日:2020.10.9取材地: テキスト動画

 10月8日、岸信夫防衛相は、イージス・アショア代替案の調査を民間企業に委託したと発表した。したがって、10月9日に開催された定例会見では、イージス・アショア代替案に質問が集まった。会見の質疑でわかった委託先企業は、三菱重工が約1.1億円、ジャパンマリーンユナイテッド1.3億円であった。


岸信夫防衛大臣定例会見2020年10月2日。コロナ禍にもかかわらず史上最大となった、令和3年度防衛予算概算要求についてIWJが直撃! IWJ試算によれば令和3年度防衛予算はGDP1.15%!! 防衛予算の歯止め「1%」はなし崩し!? 2020.10.2

記事公開日:2020.10.2取材地: テキスト動画

 安倍政権下ではじまった防衛予算の増大は、コロナ禍でGDPが縮減する中でも、歯止めがかからない。2020年10月2日に開催された岸信夫防衛大臣定例会見で、IWJ記者が令和3年度概算要求総額5兆4898億円をもとに、防衛予算がGDPの1.15%になる可能性について、岸防衛大臣に直撃した。コロナ禍で国民が苦しむ中、あまりにも巨額な防衛予算の概算要求を、大臣はどう考えているのか。


「敵基地攻撃能力の保有」によって攻撃先となる敵基地のかずはそもそもいくつあるのか!? それと最初の「一撃」で殲滅できるのか!?そのためのミサイルの予算は!? どストレートな質問を岸大臣に投げ込んだ、その結末はいかに!?」~9.29 岸信夫 防衛大臣 定例記者会見 2020.9.29

記事公開日:2020.9.29取材地: テキスト動画

 新型コロナウイルスの影響で節約志向が広まっているが、我が国の防衛予算は少し事情が違うようだ。

 9月29日に岸信夫防衛大臣就任後2度目の定例会見が行われた。


2020年9月25日岸信夫防衛大臣定例記者会見、イージス・アショアは洋上案が主軸、「いわゆるミサイル阻止能力」の検討を進めると回答するも、米軍戦略との関係には回答せず! 2020.9.25

記事公開日:2020.9.25取材地: 動画

 安倍前総理の弟で、親台湾派と目されている岸信夫防衛大臣の定例会見が、2020年9月25日に開催された。岸防衛大臣は、最初にまず、自衛隊員の新型コロナウイルス累計感染者数が131名になったと報告した。