発端はブログ「余命三年時事日記」! 18名の弁護士に対して約960名が懲戒請求を申し立て!? ~8.19緊急学習会「在日コリアン弁護士への不当な大量懲戒請求~それはヘイトスピーチと同根~」 2018.8.19

記事公開日:2018.10.6取材地: テキスト動画

 2018年8月19日(日)に国立市公民館にて緊急学習会「在日コリアン弁護士への不当な大量懲戒請求~それはヘイトスピーチと同根~」が主催・上村和子国立市議会議員、スピーカーに損害賠償訴訟原告・金竜介弁護士と、ジャーナリスト安田浩一氏を迎えて行われた。


都への反論に国は同意! 都は憲法29条違反!? 東卸(とうおろし)組合役員はなぜ豊洲移転に賛成なのか!? ~小池都知事あて要望書の提出報告、認可条件に至らない豊洲新市場の実態9.5築地市場営業権組合による記者会見 2018.9.5

記事公開日:2018.10.5取材地: テキスト動画

 2018年9月5日(水)に東京・都庁記者クラブにて「小池都知事あて要望書の提出報告、認可条件に至らない豊洲新市場の実態 築地市場営業権組合による記者会見」が築地市場営業権組合 共同代表(村木智義氏,宮原洋志氏)、山口タイ氏(築地女将さん会)、熊本一規氏(明治学院大学名誉教授)、築地市場営業権組合、築地女将さん会からそれぞれ数名 司会:中澤誠氏(同組合 参与)らによって行われた。


柴山昌彦文科相が初入閣初日から爆弾発言!! 「教育勅語を現代風に解釈したりアレンジをして道徳につかう」!? ありえない!!~10.2柴山昌彦 新文部科学大臣 就任会見 2018.10.3

記事公開日:2018.10.5取材地: テキスト動画

 2018年10月2日(火)に文部科学省にて、初入閣を果たした柴山昌彦・新文部科学大臣の就任会見が行われた。

 柴山文科相は教育勅語に関して「教育勅語については現代風に解釈をされたり、あるいはアレンジをしたかたちで、今の道徳等に使うことができる分野というのは、十分にある。


就任早々逃げを打つ新大臣!! IWJ記者にTAGは造語、実質的にFTAである交渉をTAGと偽る理由を!と問われ、「FTAの定義は外務省へ」と逃げる!! ~10.2吉川貴盛 新農林水産大臣 就任会見 2018.10.3

記事公開日:2018.10.5取材地: テキスト動画

 10月2日、安倍政権第4次改造内閣で入閣した新大臣就任会見が農林水産省記者クラブで行われた。

 かつて農林水産副大臣経験者の吉川貴盛・新農林水産大臣は官僚のペーパーを淀みなく読み上げていたが、IWJは、9月26日に発表された安倍晋三首相とトランプ米大統領が日米首脳会談で、関税を含む2国間協議として交渉を開始した日米物品貿易協定(TAG)について質問。


【検証とこれから・9.30沖縄県知事選】NO.2.「翁長さんの急逝のインパクトを僕は読みきれていなかった」沖縄国際大学佐藤学教授が玉城デニー氏の勝因を分析!「デニーさんが候補者としての真価を発揮した!」 2018.10.4

記事公開日:2018.10.4 テキスト

 「今回もし、2月の名護市長選に続いて(自・公・維推薦の)佐喜真淳さんが辺野古の『へ』の字も言わずに選挙に勝つということになると、『辺野古の基地を作るかどうか』ということを、争点隠しで隠されてしまう程度の問題としか見ていない沖縄県民が増えているということだと、大変懸念しています」

 沖縄国際大学の佐藤学教授は、告示直前の2018年9月6日におこなわれた岩上安身によるインタビューで、今回の沖縄県知事選について悲観的な見通しを語っていた。


【検証とこれから・9.30沖縄県知事選】No.1.沖縄県知事選で玉城デニー氏が翁長雄志前知事の得票数をも抜き、佐喜真淳候補に8万票の差をつけて圧勝! IWJが元沖縄タイムス屋良朝博氏、翁長雄治那覇市議、平良さとこ那覇市議に勝因を取材! 2018.10.1

記事公開日:2018.10.1 テキスト

 2018年9月30日午後8時2分。沖縄県知事選の開票が始まるとすぐに、沖縄タイムス、琉球朝日放送、朝日新聞の合同取材班による県内83か所の出口調査を元に、テレビ朝日が「玉城デニー氏が当選 翁長知事後継の沖縄県知事選」との第一報を打った。


防衛省が米軍に忖度!? 立憲民主党・初鹿明博議員らがキャンプ・シュワブの水域の立ち入り制限について防衛省を追及!~9.28辺野古米軍基地建設問題野党合同ヒアリング 2018.9.28

記事公開日:2018.9.30取材地: テキスト動画

 2018年9月28日(金)東京都千代田区の衆議院内で、辺野古米軍基地建設問題野党合同ヒアリングが行われた。

 国民民主党の原口一博衆院議員、立憲民主党の初鹿明博衆院議員、社会民主党の福島みずほ参院議員らが、前回に引き続き防衛省、外務省、環境省、国土交通省に辺野古米軍基地建設問題についてヒアリングした。


大事なお知らせがあります~IWJ第8期の決算報告(速報)をお知らせいたします 2018.9.30

記事公開日:2018.9.30 テキスト

■大事なご報告とお願いがあります。

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。IWJ代表の岩上安身です。IWJの会員・サポーターの方々と、名刺交換やアドレス交換をさせていただいた方々皆様に、メールを送らせていただいております。

 本日は9月30日、沖縄県知事選の投開票日です。果たして新知事に選ばれるのは、玉城氏か、佐喜真氏か。夜、開票が進み、当確が出るまでまる一日、気をもむことになりそうです。

 さて、本日は大事なお知らせがあります(詳報は後日、お伝えします)。


【特別寄稿】投開票日直前!沖縄現地から最終予測詳報!「台風24号接近で投票率が下がれば、玉城票が減る」!?「投票率60%を下回るのなら佐喜真候補が勝利」の声も~沖縄県知事選最終盤「どちらが勝っても不思議ではない」大接戦に!!(ジャーナリスト・横田一) 2018.9.29

記事公開日:2018.9.29 テキスト

 辺野古新基地建設が最大の争点の「沖縄県知事選」(2018年9月30日投開票)は、自公と維新と希望が推薦する前宜野湾市長・佐喜真淳候補と「オール沖縄」支援の前衆院議員・玉城デニー候補の一騎打ち状態だが、最終盤となった今も「どちらが勝っても不思議ではない」(地元記者)という大接戦となっている。


「辺野古の海はアメリカに提供しているのか」と国民民主党・原口一博議員の追及に防衛省は「そうです」と平然と回答!~9.26辺野古米軍基地建設問題 野党合同ヒアリング 2018.9.26

記事公開日:2018.9.27取材地: テキスト動画

 2018年9月26日(木)東京都千代田区の衆議院内で、辺野古米軍基地建設問題野党合同ヒアリングが行われた。

 国民民主党の藤田幸久参院議員、原口一博衆院議員、立憲民主党の初鹿明博衆院議員らが2018年9月25日に辺野古沖の海上視察を行い、その時浮上した問題点を防衛省、外務省、環境省、国土交通省に追及した。


安倍晋三総理を『内乱予備罪』で告発した元参議院議員・平野貞夫氏と山口紀洋氏が登壇!翁長知事のご遺志を受け継ぎ辺野古に新基地は造らせない! 9.20宗教者集会 2018.9.20

記事公開日:2018.9.27取材地: テキスト動画

 2018年9月20日(木)に参議院議員会館にて「安倍晋三総理を『内乱予備罪』で告発した平野貞夫氏、山口紀洋氏も登壇!翁長知事のご遺志を受け継ぎ辺野古に新基地は造らせない!宗教者集会」が行われた。

 冒頭にカトリック正義と平和協議会事務局の昼間範子氏は、創価学会会長あての「辺野古新基地建設の是非についての公開質問状」に対する創価学会の無回答について、参加者に資料を配り説明した。


梓澤和幸氏「『騙す多数の力』に対し、私たちは言葉の力、ペンの力を信じたい」~9.25日本ペンクラブ編・書籍『憲法についていま私が考えること』発刊に関する記者会見 2018.9.25

記事公開日:2018.9.27取材地: テキスト動画

特集 憲法改正

 2018年9月26日に東京・日本ペンクラブ会議室にて「日本ペンクラブ編・書籍『憲法についていま私が考えること』発刊に関する記者会見」が行われた。

 日本ペンクラブ・吉岡忍会長は「日本ペンクラブが憲法に関する書籍を出すのは、日本国憲法施行50年の節目に出版して以来2冊目。戦後一貫して日本国憲法がいつも危機にさらされていると感じる。この国の形を変えるべきなのか、変えるべきではないのか、時代・歴史をさかのぼって議論する場をつくりたかった」と述べた。


立憲民主党・海江田万里衆議院議員「戦後沖縄の歴史の生き証人、玉城デニー氏をなんとしても勝たせなければならない!」~安倍政権退陣 あたりまえの政治を市民と野党の共闘で!0913新宿東南口街宣 2018.9.13

記事公開日:2018.9.27取材地: テキスト動画

 2018年9月13日(木)に東京・新宿駅東南口にて、市民連合主催で「安倍政権退陣 あたりまえの政治を市民と野党の共闘で!0913新宿東南口街宣」が行われた。


IWJで連続インタビュー中の『日本ナショナリズムの歴史』著者・書籍編集者・前高文研代表 梅田正己氏が第61回JCJ賞を受賞!「出版ニュース」に掲載された寄稿を全文掲載! 2018.9.27

記事公開日:2018.9.27 テキスト

 岩上安身がIWJでこれまでに4回インタビューを続けている、書籍編集者で前高文研代表である梅田正己氏の著書、『日本ナショナリズムの歴史』(高文研)全4巻が、毎年すぐれたジャーナリズム活動に対して日本ジャーナリスト会議が選定する第61回JCJ賞を受賞した。


【特別寄稿】日本会議メンバーだった佐喜真淳候補に経歴詐称(虚偽事項公表罪)の公職選挙法違反の疑いが浮上 フリージャーナリスト・横田一氏による報告! 2018.9.27

記事公開日:2018.9.27 テキスト

 辺野古新基地建設問題が最大の争点とされる「沖縄県知事選(9月30日投開票)」で、「オール沖縄」支援の前衆院議員・玉城デニー候補と一騎打ち状態の前宜野湾市長・佐喜真淳候補(自公と維新と希望推薦)に公職選挙法違反の疑いが濃厚となった。自らが当選、あるいは相手候補を落選させるためにウソの情報を流すことを罰する公選法の虚偽事項公表罪に抵触する可能性が出てきたのだ。


小池都知事による豊洲市場「安全宣言」後に、施工業者が「杭打ち偽装」という驚きの告発!「駐車場棟が倒壊する可能性もある」!? 数々の問題を放置したまま、10月11日に開場するのか!! 2018.9.27

記事公開日:2018.9.27 テキスト

 小池百合子東京都知事は、2018年7月31日に開かれた市場移転に関する関係局長会議で「豊洲市場は産地出荷者、市場関係者、消費者含めすべての関係者に安心して利用していただける市場、すなわち安全・安心な市場として開場する条件を整えることができた」と、「安全宣言」をおこなった。


『新潮45』に掲載された差別と痴漢煽動表現てんこ盛りの小川榮太郎氏の記事!新潮社の佐藤隆信社長が声明を出すも謝罪はなし!安倍シンパの醜悪な文章による炎上商法を許すな! 2018.9.27

記事公開日:2018.9.27 テキスト

 『新潮45』2018年10月号に、LGBTの人々や性犯罪の被害者に対する差別表現や、性犯罪の煽動と言わざるを得ない表現が掲載されていた問題で、新潮社の佐藤隆信社長は昨日21日、「『新潮45』2018年10月号特別企画について」と題した声明をサイトで発表した。その声明文は以下の通り。


反省は表明するも雑誌は回収しない!? ヘイトと痴漢煽動を垂れ流していた『新潮45』が休刊を発表! IWJは休刊発表の直後に、新潮社へ直接取材! 2018.9.26

記事公開日:2018.9.26取材地: テキスト

 2018年9月18日発売の『新潮45』2018年10月号の「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」という「特別企画」に、差別表現や痴漢煽動表現が掲載されていた問題で、新潮社は9月25日、『新潮45』の休刊を発表した。新潮社は、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と声明を出した。


【沖縄県知事選】「私は翁長知事の理念を貫く。日本政府から、アメリカから、沖縄を取り戻す!」 8000人の前で玉城デニー氏が宣言。翁長夫人が涙、湧き上がる「デニー」コール! 2018.9.22

記事公開日:2018.9.25取材地: テキスト動画

 「この沖縄は、翁長が心の底から愛して、140万県民を、本当に命がけで守ろうとした沖縄です。今、デニーさんの話を聞いて、うちの人の心をデニーさんが継いでくれるんだ、と思ったら涙が止まりません」

 2018年8月8日に急逝した翁長雄志知事の、後任を決める9月30日の沖縄県知事選挙まで、残りわずかとなった9月22日。沖縄県那覇市の新都心公園中央広場で開催された「玉城デニー うまんちゅ大集会」で、翁長夫人の翁長樹子(みきこ)さんは、声を詰まらせながら話した。


沖縄県知事選で公明党の遠山議員が玉城デニー氏を攻撃するデマを拡散! 遠山議員こそが「ゆくさー(うそつき)」だ! 2018.9.24

記事公開日:2018.9.24 テキスト

 2018年9月30日の投開票日が迫る沖縄県知事選で、候補者に対する誹謗・中傷やデマの拡散が深刻な問題となっている。9月22日付の琉球新報によると、9月9日から12日までの間にツイッター上で、「オール沖縄」が支援する玉城デニー氏に対して攻撃的・否定的な内容の投稿が、約9割に達したと伝えられている。