“4500世帯を支援する”JICAの「プロサバンナ事業」その4500世帯がどこにいるのかとの質問に、JICA「モザンビーク政府に聞いてください」~国連「小農権利宣言」「家族農業10年」を受けて考える日本の開発援助とアフリカ小農 2019.9.4

記事公開日:2019.9.9取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:塩沢由子)

 日本、ブラジル、モザンビークが共同して行う農村開発「プロサバンナ事業」について、議論するために、モザンビークからコスタ・エステバオン氏(ナンプーラ州農民連合会長)とボア・モンジャーネ氏(プロサバンナにノー!キャンペーン)が来日した。9月4日に行われた、宍戸健一氏(JICA農村開発部・アフリカ部)との意見交換会が大幅に延び、シンポジウムは、遅れて開始された。

 独立行政法人国際機構(JICA)は、プロサバンナ事業がモザンビークの約4500世帯を支援していると主張した。しかし、その4500世帯がどこの地域を指しているのか、とエステバオン氏が質問したころ、JICAは「(通訳)そういった情報は開示することはできませんので、モザンビーク政府にお問い合わせください」と答えたという。

 また、小さい畑を営むという女性は、「プロサバンナのことをどういう風に考えるんだろうって思ったとき、侵略じゃんって思ったんですよ。これ侵略じゃないですか」とモザンビークにおける農村開発に対して憤りを顕にした。

 続けて、「ある時そこに背広着た人たちが『あんたたちあまりお金なさそうだね。こうするともっと儲かるんじゃないの』ってやってきて。で、そこを違う畑に変えていこうとしてるでしょう。これっていらないから、帰ってくださいって言っている人たちがいるのに、居残って『さあ、参加してください』って言うのって、これ侵略じゃないのかなって思いました」と訴える。

 さらに、自らが営む小さな畑で「幸せに生きています」と強調し、彼女のメッセージにエステバオン氏は拍手で応じた。

■ハイライト

  • 日時 2019年9月4日(水)15:30〜18:30
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 日本国際ボランティアセンター、アフリカ日本協議会、ATTAC Japan No! to landgrab, Japan、モザンビーク開発を考える市民の会、その他
  • 詳細 日本国際ボランティアセンター

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です