「種子・種苗・水道法改悪」「放射能汚染」「TPP11加盟」など『小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言』に逆行している日本は棄権!~2.18「国連小農宣言・家族農業の10年」院内集会 2019.2.18

記事公開日:2019.2.19取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 TPP問題

 2019年2月18日(月)14時より東京都千代田区の参議院議員会館にて、2・18「国連小農宣言・家族農業の10年」と題して、農民、市民、研究者、国会議員が参加し、院内集会が開催された。第一部では、テーマについての問題提起、ディスカッション、第二部では外務省と農林水産省との政策協議が行われた。

■ハイライト

  • 【第1部】農民と農民団体からの提起と取り組みの紹介
     司会:渡辺直子氏(日本国際ボランティアセンター)

    1. 岡崎衆史氏(農民運動全国連合会)
      「世界の農政を小農が動かした! 国連小農権利宣言の背景と意義」
    2. 萬田正治氏(小農学会共同代表、鹿児島大学名誉教授)
      「いま、なぜ小農なのか」
    3. 斎藤博嗣氏(一反百姓「じねん道」/小規模・家族農業ネットワーク・ジャパンSFFNJ)
      「温故“地”新」による魅力ある日本農業を、国際家族農業の10年と共に」
    4. 松平尚也氏(耕し歌ふぁーむ/小農学会/京都大学大学院)
      「世界的な小農の再評価と日本の農業の課題」
  • 【第2部】政府関係者との対話
  • 日時 2019年2月18日(月)14:00~17:30
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)
  • 主催 国連小農宣言・家族農業10年連絡会|詳細

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「「種子・種苗・水道法改悪」「放射能汚染」「TPP11加盟」など『小農と農村で働く人びとの権利に関する国連宣言』に逆行している日本は棄権!~2.18「国連小農宣言・家族農業の10年」院内集会」への1件のフィードバック

  1. 無党派 より:

    これらの法案は二階叩きをマスコミに命令してる菅官房長官が前のめり

    去年週刊ポストは担当大臣がやったと嘘記事を書き、主犯菅官房長官の靴なめに必死だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です