ウクライナ政変:なぜオバマはソチ五輪開会式を欠席したのか ~岩上安身による孫崎享氏インタビュー 2014.3.13

記事公開日:2014.3.13取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・藤澤要)

 ウクライナ情勢が緊迫している中、2014年3月13日、岩上安身による元外務省国際情報局長の孫崎享氏へのインタビューが行われた。孫崎邸での和やかな雰囲気の中、話題は緊迫するウクライナ政変を中心に、クリミアを巡るロシアと欧州および米国の対立、さらには安倍総理の取り巻きの分析など、多岐に及んだ。

記事目次

■イントロ

  • 日時 2014年3月13日(木)
  • 場所 孫崎氏私邸

ウクライナ政変第一幕~狙われたソチ五輪

 昨年11月よりウクライナの首都キエフにおいて続いていた、EU協定を見送ったヤヌコビッチ政権に対する民主的デモは、今年に入り過激な右派勢力を巻き込みながら騒乱状態へ発展。2月末に発生したデモ隊と治安部隊の衝突において多数の死者を出した後、政権が倒された。

 孫崎氏は、この政変のもつ意味をこう語った。

 「ウクライナ政変の第一幕が意味するところは、ヤヌコビッチという選挙で選ばれた大統領が、デモで倒されたということ。ヤヌコビッチは親ロシア派。

 この流れは、欧州とアメリカは知っている。ウクライナの次の指導者を誰にするのがいいか、アメリカ国務省のヌーランド国務次官補とパイアット駐ウクライナ大使が会話をしている内容がすっぱ抜かれて表に出た。

 ヤヌコビッチ政権を倒す時点でヨーロッパとアメリカがすでに関与しているということが非常に重要なポイント」

 ところで、ウクライナ政変は、ソチ・オリンピックの最中に勃発した。平和の祭典であるオリンピックを主催している時に、プーチンは動くことができなかったのが実情だった。孫崎氏はそう指摘する。

 「私がモスクワの大使館にいたとき、79年のオリンピックには西側が参加しなかった。国威が落ちる。世界から排除された政権になった。今回はソチ五輪の開催中の政変。ロシアはウクライナの政変に対応したら、ソチ五輪が吹っ飛びますね。

 予兆はあった。オバマや西側の首脳はソチの開会式に行っていない。プーチンがゲイの人権を認めない問題というのは関係ない。今からみると、ウクライナのことだった。プーチンは歯ぎしりして政変を見ていただろう」

 オリンピック後、プーチン大統領はクリミアに進出。欧米は反発し、ロシアに対する経済制裁やビザ発給停止といった手段で対抗した。しかし、各国ともやり方はしたたかだ。

 「ロシアへの制裁措置で、自分の利益に害が出るようなことはしない。アメリカは国全体として、ロシアに対し、ビザ発給停止や経済的封じ込めをしていない」

 ヤヌコビッチ政権の崩壊を見越し、欧米とロシアはソチ・オリンピックを舞台に外交戦を繰り広げていた一方、日本の総理大臣は開会式に参加。ウクライナ政変の地政学的な意味を理解した上での行動なのか、疑問符がつく。孫崎氏によれば「起こっていることがわからないから平気で行ける」という。

ウクライナ政変第二幕~その舞台

 ロシアの介入後、クリミア自治共和国では3月16日にロシア編入を問う住民投票が行われ、編入支持が9割を越える結果となった。17日にはクリミア議会によりウクライナからの独立が宣言され、ロシア編入が承認された。ロシア側は投票の正当性を主張するが、欧米は対ロシアの制裁措置を追加する構えだ。

 クリミア情勢が予断を許さない一方、孫崎氏によれば、政変の第二幕はウクライナが舞台となる可能性が高いという。

(…サポート会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)単品購入 55円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 55円」をもう一度クリック)

関連記事


■実況ツイート(再配信時)

「ウクライナ政変:なぜオバマはソチ五輪開会式を欠席したのか ~岩上安身による孫崎享氏インタビュー」への1件のフィードバック

  1. うみぼたる より:

    話題が多岐にわたります。
    ウクライナのお話は世界地図を開きながら聞きました。オリンピック便乗型のショックドクトリンはやめてほしいのでIOCが然るべき対応を怠るのならば、今後のオリンピック開催が危ぶまれます。平和の祭典に戦争ビジネスをするなんて狂ってます。
    東京都知事選の件は、宇都宮さんの選対のお話だと、最終日の新宿の演説は動員をかけていないそうです。
    動員なしであれだけの聴衆は見事。それが票に反映されていないのが不思議です。

    そして、孫崎さんの本のお話を聞いて思いました。 岩上さんに空手を習おう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です