社民党党首 参議院議員福島みずほ氏・弁護士日隅一雄氏対談・司会岩上安身 2011.8.17

記事公開日:2011.8.7取材地: 動画独自

 2011年08月17日(水)、社民党党首参議院議員福島みずほ氏と弁護士日隅一雄氏対談に、司会に岩上安身で行った。


【FPAJ】福島みずほ社民党党首記者会見 2011.6.24

記事公開日:2011.6.24取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年6月24日に自由報道協会主催にて行われた、「福島みずほ社民党党首記者会見」の模様。


社民党会見 2011.5.26

記事公開日:2011.5.26取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年5月26日(木)に行われた、社民党会見の模様。


第2回「原発依存社会からの脱却に向けて」議員セミナー 2011.5.19

記事公開日:2011.5.19取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年5月19日、第二回「原発依存社会からの脱却に向けて」議員セミナーが行われた。ジャーナリストの上杉隆氏は、70年前のような、戦時下における政・官・メディアによる三位一体の情報操作と同じ過ちを繰り返すことが無いよう、日本のジャーナリズムが世界基準に到達することが急務だと発言した。いわき市議会議員佐藤和良氏は、原発難民が「原発棄民」となっている現状の改善を求めた。

 福島老朽原発を考える会の阪上武氏は、福島市学校校庭の放射能測定を行い、各所に進言書を提出したと報告した。飯舘村村民の、愛澤卓氏、佐藤健太氏は、村民としての思いとして、事故後、安全という政府発表を信じたがために、被ばくしたであろう人々の支援を行っていきたいと述べた。最後に、福島瑞穂議員は、何としても20ミリシーベルト数値の撤回を求めていくと明言した。


岩上安身によるインタビュー 第120回 ゲスト 福島みずほ社民党党首 2011.5.6

記事公開日:2011.5.6取材地: テキスト動画独自

 2011年5月6日、福島みずほ社民党党首にインタビューを行った。冒頭、1~20msv/年被曝しても差し支えないとする基準を文科省が進めてきた背景について説明した。また、招集手続きも議事録もなく、非公式な議論で進められたことを問題視。放射線の感受性は子どもの方が強く、放射線の測定も地上50センチで実施するのはおかしいと指摘。1~20msv/年という基準は決して安全であるというものとして示されたものではないと強調した。

 同時に、浜岡原発で、作業員が8年間で50.6msv被曝し、白血病で亡くなっている事例に触れ、20msv/年が如何に高い値であるかを危惧し、子どもは2カ月避難して、その間に除染を行うべきだとした。最後に、30年以内にマグニチュード8程度の東海地震が発生する確率は87%であるから、津波対策もできず、安全宣言も出せない浜岡原発については、経済産業大臣は使用停止命令もできると語った。


岩上安身によるインタビュー 第116回 ゲスト 福島みずほ社民党党首 2011.4.21

記事公開日:2011.4.21取材地: テキスト動画独自

※サポート会員議事に全文文字起こしを掲載しました

 2011年4月21日(月)、参議院議員会館より社民党党首福島瑞穂氏に岩上安身がインタビューを行った。


原子力情報資料室 後藤政志(東芝・元原子炉格納容器設計者、工学博士)氏 講演会 2011.4.14

記事公開日:2011.4.14取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年4月14日(木)、衆議院議員会館にて、原子力資料情報室による後藤政志氏(東芝・元原子炉格納容器設計者、工学博士)の講演会が行われた。


枝野官房長官会見  2011.3.18

記事公開日:2011.3.18取材地: テキスト動画

東日本大震災発生から1週間が経過した2011年3月18日、枝野官房長官の会見が行われた。内閣法を改正しての大臣増員、福島原発の状況に対する処置、被災地への物資供給、避難勧告エリアの認識が海外と異なることについて、といった質問が記者からなされた。


岩上安身によるインタビュー 第101回 ゲスト 福島みずほ社民党党首 2011.3.17

記事公開日:2011.3.17取材地: テキスト動画独自

 2011年3月17日18時過ぎより、参議院議員会館における議員事務所において、社会民主党党首・福島瑞穂氏のインタビューを行なった。福島第一原発事故の状況や被災者の避難の問題、そして東海大地震による浜岡原発の危険性などについて聞いた。


コンピュータ監視法緊急院内集会 2011.3.2

記事公開日:2011.3.2取材地: テキスト動画

 2011年3月2日(水)12時半、衆議院第二議員会館で、「コンピュータ監視法の制定を許さない緊急院内集会」が行われた。この集会は、コンピュータ監視法や盗聴法に反対する複数の市民団体が共同で開催した。

 日弁連国際刑事立法対策委員会の委員長を務める山下幸夫弁護士、「反住基ネット連絡会」の吉村英二氏、「許すな!憲法改悪・市民連絡会」の高田健氏が法案の危険性などについて説明したほか、社民党の福島瑞穂党首ら超党派の国会議員も参加し、コンピュータ監視法の解説や議論を行った。


上関原発抗議活動〜福島みずほ議員 2011.2.19

記事公開日:2011.2.19取材地: 動画

 2月21日、山口県上関原発の工事再開に、福島みずほ議員たちは、中国電力東京支社に抗議、申し入れをした。


民主党党大会 2011.1.13

記事公開日:2011.1.13取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年1月13日、幕張メッセで行われた民主党党大会の模様。


岩上安身によるインタビュー 第66回 ゲスト 福島みずほ社民党党首 2010.11.10

記事公開日:2010.11.10取材地: テキスト動画独自

 2010年11月10日(水)、東京都千代田区にある参議院議員会館にて、岩上安身が、福島みずほ社民党党首にインタビューを行った。

 福島党首は、鳩山内閣で少子化対策・男女共同参画担当大臣を務めていたが、辺野古を明記した日米共同声明に同意できず、社民党は連立を離脱。インタビューでは、そうした連立離脱に至る経緯や真意、普天間基地移設問題、また取り調べ可視化などについて話を聞いた。また別映像で、3分ほど岩上がインタビュー後の感想を述べている。


日弁連主催シンポジウム「特捜捜査の闇と取調べの可視化・証拠開示」 2010.10.19

記事公開日:2010.10.19取材地: テキスト動画

 2010年10月19日(火)18時15分より、東京都千代田区にある弁護士会館2階講堂クレオBCにて、日弁連主催のシンポジウム「特捜捜査の闇と取調べの可視化・証拠開示」が行われた。取り調べの可視化を推し進める弁護士と村木裁判を追っていたジャーナリスト江川紹子氏から、今回の厚労省村木局長のえん罪について、意見を述べてもらった。