大事なお知らせがあります~IWJ第8期の決算報告(速報)をお知らせいたします 2018.9.30

記事公開日:2018.9.30 テキスト

■大事なご報告とお願いがあります。

 いつもIWJをご支援いただき、ありがとうございます。IWJ代表の岩上安身です。IWJの会員・サポーターの方々と、名刺交換やアドレス交換をさせていただいた方々皆様に、メールを送らせていただいております。

 本日は9月30日、沖縄県知事選の投開票日です。果たして新知事に選ばれるのは、玉城氏か、佐喜真氏か。夜、開票が進み、当確が出るまでまる一日、気をもむことになりそうです。

 さて、本日は大事なお知らせがあります(詳報は後日、お伝えします)。


台風20号接近による暴風雨が予想されたにもかかわらず、多くの市民が傍聴席にかけつけた!橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟・第三回口頭弁論と報告集会 2018.8.23

記事公開日:2018.9.29取材地: テキスト動画

 8月23日午前11時より、橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟の第三回口頭弁論が、大阪地裁第1010号法廷においておこなわれた。

 この日に先立つ8月13日に岩上安身は、不当なスラップ訴訟による損害賠償を求めて、橋下徹氏に対する反訴を提起している。したがって今後は岩上安身は、橋下氏からのスラップ訴訟(本訴)においては被告であり、岩上安身が提起した反訴においては、反訴原告という立場となる。少しわかりにくいが、これから先は本訴と反訴が、ひとつの法廷で同時進行するという形になる。


【沖縄県知事選】「辺野古の『へ』の字も言わないのは自治の放棄」!? TALK ABOUT DEMOCRACY in 沖縄 ~岩上安身と平良斗星氏(FM那覇取締役会長)・平良さとこ氏(那覇市議会議員)・IWJ沖縄中継市民によるトーク 2018.9.3

記事公開日:2018.9.5取材地: テキスト動画独自

特集 2018年沖縄県知事選
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

※2018年9月24日、テキストを追加しました。

 2018年8月8日に翁長雄志・沖縄県知事が任期途中で急逝したことを受け、2018年11月に予定されていた沖縄県知事選は、2018年9月13日告示、9月30日投開票と前倒しされた。

 辺野古新基地建設を強行し、既成事実を積み上げて地方自治を踏みにじろうとする与党の自民、公明は、佐喜真淳(さきま・あつし)前宜野湾市長を候補者として擁立。これに日本維新の会も推薦を表明した。沖縄県内で下地幹郎氏率いる維新は、常に一定数の支持者を持っている。


【第375-379号】岩上安身のIWJ特報!「メディアは権力を忖度し、司法権力は政治のために動いている」〜加計問題の闇を告発した前川喜平・前文科事務次官に岩上安身がロングインタビュー!「独裁国家に近づいている」と危機感!(後編) 2018.6.29

記事公開日:2018.6.29 テキスト独自

※サポート会員に登録すると無制限で、岩上安身インタビューおよび特報など、すべて閲覧できるようになります。ぜひサポート会員登録をご検討ください!→登録はこちらから

中編の続き

 2018年5月21日、愛媛県は加計学園問題に関し、参議院予算委員会理事会の国政調査権の行使による要請に応じて関連文書27枚を国会に提出した。

 今回提出された新文書は、2015年2月と3月に愛媛県と今治市、加計学園関係者とが会合を行った際のメモと、4月2日に地域政策課長と主幹が東京に出張した際の面会者の名刺や発言メモと出張に関する書類である。


新たなスラップの予告!? 原告の橋下徹氏から「スラップ訴訟と主張すること自体が新たな名誉毀損」という驚くべき反論が! 2018.6.21

記事公開日:2018.6.29取材地: テキスト動画

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※2018年9月29日、テキストを追加しました(日刊IWJガイド2018.6.22号より)。

 6月21日11時より、橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟の第二回口頭弁論が大阪地裁第1010法廷で開かれた。4月19日の第一回口頭弁論に続き、今回も傍聴席がいっぱいになるほど、多くの方がかけつけた。


たったひとつの削除済みのリツイートに対して100万円の損害賠償請求!? 傍聴席は埋め尽くされた! 橋下徹氏による岩上安身へのスラップ訴訟・第一回口頭弁論 2018.4.19

記事公開日:2018.4.25取材地: テキスト動画

記事一覧◆ネットにおける言論の自由を守る! 岩上安身が橋下徹氏からのSLAPP訴訟に応訴で立ち向かう!
※2018年9月29日テキストを追加しました(日刊IWJガイド2018.4.21号より)。

 2017年の暮れ、元大阪府知事・橋下徹氏からIWJ代表でジャーナリストの岩上安身のもとに、突然一通の訴状が届いた。それは「橋下徹氏が府知事だった時代に府の幹部を自殺に追い込んだ」という内容のツイートを、岩上安身がリツイートしたことが名誉棄損にあたるとして、100万円の損害賠償を求めるものであった。事前に抗議や謝罪要求は一切なく、しかも数あるリツイート者の中から岩上一人を狙い撃ちにしての提訴である。


桜満開中継第2弾!浜離宮恩賜庭園から文京さくらまつり、そして六義園の桜スポットから岩上安身がレポート! 2018.3.31

記事公開日:2018.4.4取材地: 動画

 2018年3月31日(土)14時50分過ぎより、東京都中央区の浜離宮恩賜庭園、文京区の六義園など満開の桜スポットから岩上安身が桜中継を行った。


The Ten Thousand Dollar Retweet(the replicate from THE SNA) FEB 04, 2018 by MICHAEL PENN in POLITICS 2018.2.21

記事公開日:2018.2.21 テキスト

※この記事は新月通信社の許可を得て転載しています。
※Below is the replicate of THE SNA article, which they allowed IWJ to do so. To read the original article, please click the following URL;
http://shingetsunewsagency.com/2018/02/04/ten-thousand-dollar-retweet/


FORMER MAYOR OF OSAKA CITY TORU HASHIMOTO FILES SLAPP SUIT AGAINST A FAMOUS JAPANESE JOURNALIST YASUMI IWAKAMI 2018.2.2

記事公開日:2018.2.21取材地: テキスト動画

MR. TORU HASHIMOTO FILES SLAPP SUIT AGAINST IWJ PRESIDENT YASUMI IWAKAMI–“Although the cause of appeal this time is perhaps the tiniest in the world, so tiny that it could be listed in Guinness World Records, I worry that the freedom of speech will suffer a setback on a colossal scale. Japan needs anti-SLAPP law,” said Iwakami in a press conference at the FCCJ.


【岩上安身のツイ録】橋下徹氏のスラップ訴訟は、「万人の言論の自由」の制約につながる暴挙! 思想の左右も関係なく、すべてのネット市民を萎縮に追い込む危険性を世界へ向けて問題提起! 2018.2.3

記事公開日:2018.2.3 テキスト

 2018年2月2日の外国人特派員協会での英語の通訳を交えての会見、ネットでライブストリーミングしたら、遠くドイツで視聴したアンドレアスさんというジャーナリストが、的確にまとめて英語でツイート。

“Another strange chapter in Japan’s declining press freedom. Hashimoto Toru, former governor of Osaka, filed a lawsuit against @iwakamiyasumi for a simple retweet of Hashimoto’s tweet! See press conference at FCCJ: : https://www.youtube.com/watch?v=pwkPtZroHzU


橋下徹氏のスラップ訴訟!「請求原因は世界一ちっぽけでギネスものだが言論の自由への侵害はきわめて大きい」IWJ岩上安身が「日本にも反スラップ法が必要」と外国特派員協会で訴え! 2018.2.2

記事公開日:2018.2.3取材地: テキスト動画

 「ワン・リツイートというちっぽけな請求原因で、これほど社会的にも、国際的にも大きな影響をもたらす裁判はない。これはスラップ訴訟とソーシャルメディアの問題が交差した重要なケースだ」


「これは訴権の乱用だ」〜橋下徹・元大阪府知事がたった1本の、しかも削除済みの「リツイート」でIWJ代表・岩上安身を不当なスラップ提訴!「言論の自由に対する挑戦であることは間違いない」自由報道協会主催記者会見 2018.1.22

記事公開日:2018.1.22取材地: テキスト動画

 2018年1月22日(月)13時からの司法記者クラブの会見に引き続き、16時からは東京都渋谷区の寿パークビル会見場に会場を移して、IWJ代表でジャーナリストの岩上安身が「リツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件」についての記者会見をおこなった。会見には、弁護士の坂仁根(ひとね)氏が同席した。主催は、公益社団法人自由報道協会。


「ツイートとリツイートは同一視できるのか」~橋下徹氏に不当なスラップ提訴された岩上安身が梓澤和幸弁護士らとともに会見――「削除済みリツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件」についての記者会見 2018.1.22

記事公開日:2018.1.22取材地: 動画

 2018年1月22日(月)午後、IWJ代表でジャーナリストの岩上安身による「削除済みリツイート行為に対する名誉毀損損害賠償請求事件」に関する記者会見が、司法記者クラブと自由報道協会、二つの会場で相次いでおこなわれた。13時からは東京都千代田区の東京・霞が関 司法記者クラブで実施され、岩上安身の訴訟代理人である梓澤(あずさわ)和幸弁護士と坂仁根(ひとね)弁護士が同席した。


自公で改憲発議に必要な3分の2!悪夢が現実に!自民党の改憲草案の緊急事態条項は、ヒトラーが独裁体制を樹立するために用いた授権法と同じ!首相に独裁的な権力を与える危険極まりない条項! 2017.10.21

記事公開日:2017.10.22 テキスト

※選挙結果を受け、2017年10月23日に前文を追記しました。

 第48回衆議院選挙の投開票が2017年10月22日に実施され、自民・公明両与党で313議席を獲得。これは衆院の3分の2議席となる310議席を上回る数字です。さらに、憲法改正に前向きな希望の党と日本維新の会を合わせれば、「改憲勢力」は衆院全体の8割にものぼります。


岩上安身トークライブin福岡「不可解な突然の政局と解散総選挙、 背後には北朝鮮への米軍の武力行使に日本を動員する思惑が!〜 『原発を抱えたまま核ミサイルを持つ国との 戦争へ突っ込んでゆく』のか!?」 2017.10.16

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画独自

衆院選2017特集
※全編映像はサポート会員登録するとご覧いただけます。ぜひご利用ください!
→ここから

 2017年10月16日(月)18時30分より福岡県福岡市のなみきスクエアにて、岩上安身トークライブin福岡「不可解な突然の政局と解散総選挙、 背後には北朝鮮への米軍の武力行使に日本を動員する思惑が!〜 『原発を抱えたまま核ミサイルを持つ国との 戦争へ突っ込んでゆく』のか!?」が開催された。


【スクープ!】菅官房長官に鋭く質問を繰り出す東京新聞・望月衣塑子記者に「殺害予告」の脅迫電話が! 直前には官邸からの不当な「注意文書」の送付と産経新聞による執拗なバッシング記事が!(文・岩上安身) 2017.9.14

記事公開日:2017.9.14 テキスト

 「加計学園」問題などをめぐり、菅義偉官房長官記者会見で鋭く質問を続けてきた、望月衣塑子記者を名指しした、許しがたい「殺害予告」電話が東京新聞本社にかかってきた。2017年9月4日のことである。


緊急募集! 都議選を中継してくださるボランティアの方、アルバイトの方、IWJで公平公正な報道に参加してみませんか? 長期スタッフも大募集! 2017.6.19

記事公開日:2017.6.19 テキスト

 ジャーナリストでIWJ代表の岩上安身です。

 都議選が近づいてきました。告示日は6月23日ですが、都内ではすでに激戦が展開中。

 加計問題が浮上しながら共謀罪を今国会で強行採決し、強引に国会を閉会した安倍政権に対して、まともな批判的報道を行ったメディアと、国会を中継しなかったNHKや、前川氏の社会的信用を失墜させようとした読売、産経などの、自公維翼賛メディアには、公正な報道は期待できませんが、これまで延々と小池劇場一色だったワイドショーも加わって、小池ファースト+公明党対自民という内輪もめ抗争を主軸に報じられてゆくでしょう。


【全文文字おこし掲載】「共謀罪は自由な情報発信を殺す」――ジャーナリストら14人が共謀罪に反対する共同声明を発表!岩上安身も呼びかけ人として参加「密告の横行で個人的な人間関係も破壊される」 2017.4.27

記事公開日:2017.4.28取材地: テキスト動画

特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ

※5月5日、テキスト追加しました。

 今国会で審議中の「共謀罪(テロ等準備罪)」法案について、4月27日、キャスターやジャーナリストら14人が記者会見を行い、「私たちは『共謀罪』法案に大反対です」とする声明を発表した。

 記者会見にはジャーナリストの田原総一朗氏やキャスターの金平茂紀氏、漫画家の小林よしのり氏らが参加。金平氏からの呼び掛けに応じて会見に参加した岩上安身は、米NSA(国家安全保障局)による世界的な盗聴の実態を指摘。そのうえで、共謀罪が招く日本の「監視・密告社会」化に警鐘を鳴らした。


『すべての政府は嘘をつく』上映&シンポジウム ―出演 岩上安身(IWJ代表、ジャーナリスト)×津田大介氏(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)×竹下隆一郎氏(ハフィントンポスト日本版編集長) 2017.2.4

記事公開日:2017.2.6取材地: 動画

 2017年2月4日(土)、東京都渋谷区の渋谷アップリンクにて、映画『すべての政府は嘘をつく』が上映され、上映後、岩上安身(IWJ代表、ジャーナリスト)×津田大介氏(ジャーナリスト、メディア・アクティビスト)×竹下隆一郎氏(ハフィントンポスト日本版編集長)出演のシンポジウムが開催された。


オリバー・ストーン氏「アメリカの大手のスタジオには全部断られた」―映画「スノーデン」ジャパンプレミアで制作裏話を披露!! 2017.1.18

記事公開日:2017.1.19取材地: テキスト動画

 2017年1月18日(水) 18時30分より東京都港区のTOHOシネマズ六本木ヒルズにて、オリバー・ストーン監督最新作 映画『スノーデン』ジャパンプレミアが行われた。オリバー・ストーン監督、女子レスリング・リオ五輪メダリスト登坂絵莉氏がゲストで登場した。