「政府はパニックを恐れて『SPEEDI』の情報を隠している」~岩上安身によるインタビュー 第109回 ゲスト 小出裕章助教(京大原子炉実験所)前編 2011.4.1

記事公開日:2011.4.1取材地: 動画独自

 2011年4月1日、京大原子炉実験所の小出裕章助教に、原発事故の危険性についてインタビューした。

 冒頭、原子力発電所では、毎年広島が生み出した核生成物の5万発分を生み出しているとその危険性を指摘。100万キロワットという電気を作るために、生み出した熱の2/3は海へ捨てているという非効率性について。原子炉の構造から、福島事故の経緯、放出された放射性物質の危険性について語った。

 また、チェルノブイリでは700km先でもホットスポットがあったことに触れ、政府は「スピーディ」の公開はパニックを恐れて非公開としていると指摘、情報統制がされる現在の状況について語った。


保安院会見 17:05 2011.3.23

記事公開日:2011.3.23取材地: テキスト動画

 2011/03/23(水)17時05分から、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。
 福島第一原子力発電所の3号機の原子炉建屋から黒煙が上がっていることが確認され、付近の線量に特段の変化は無いが、3,4号機作業員は緊急時対策室へ避難するよう指令を出した。黒煙の原因は未だ判明していない。


東京電力 記者会見 01:00 2011.3.22

記事公開日:2011.3.22取材地: テキスト動画

 2011年03月22日(火) 東京電力本社で記者会見(01:00)が行われた

 海洋に放射性物質が放出されたことが明らかになった。福島第一原発の南側放水口付近の海水をサンプリング核種分析したところ、炉規則告示濃度限度を超える核種を検出したことを発表した。分析検出された核種は Co-58,I-131,I-132,Cs-134,Cs-136,Cs-137。


東京電力 記者会見 16:10 2011.3.20

記事公開日:2011.3.20取材地: テキスト動画

 2011年03月20日(日) 東京電力本社で記者会見(16:10)が行われた

 3号機の圧力抑制室圧力が上昇したため、ベントの実施を検討していることが明らかになった。


保安院会見 12:30 2011.3.20

記事公開日:2011.3.20取材地: テキスト動画

 2011/03/20(日)12時30分から、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。  福島第一原子力発電所3号機の格納容器内の圧力が上昇しているため、格納容器内の気体を外部へ放出する措置”ベント”を検討していることを発表した。


東京電力 記者会見 01:00 2011.3.19

記事公開日:2011.3.19取材地: テキスト動画

2011/03/19 東京電力 記者会見 01:00

 2011年03月19日(土) 東京電力本社で記者会見が行われた(01:00)

 2,3号機建屋の周辺で最高150mSv/hを計測したことがわかった。また累積線量が100mSvを超えた作業者がでてきているが、人数までは把握していない。夜間に外部電源から受電する電源敷設工事をを行っており、午前中に4号TB建屋へ引き込み、受電後のポンプの起動は午後になると見通しである。3号機への引き込みは4号の後に行う予定


東京電力 記者会見 19:00 2011.3.18

記事公開日:2011.3.18取材地: テキスト動画

 2011年03月18日(金) 東京電力本社で記者会見が行われた(19:00)
 SFP(使用済燃料プール)は水位が確保されていることを確認した。また、使用済燃料プールにある燃料の発熱量は1時間あたり、1号機は6万kcalだと発表した。


枝野官房長官会見  2011.3.18

記事公開日:2011.3.18取材地: テキスト動画

東日本大震災発生から1週間が経過した2011年3月18日、枝野官房長官の会見が行われた。内閣法を改正しての大臣増員、福島原発の状況に対する処置、被災地への物資供給、避難勧告エリアの認識が海外と異なることについて、といった質問が記者からなされた。


保安院会見 12:08 2011.3.16

記事公開日:2011.3.16取材地: テキスト動画

 2011/03/16(水)12時08分から、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。
 東京電力福島第一原子力発電所にて、10:45に正門付近のMP6で6400uSv/hを計測し、作業員は一時退避した


保安院会見 16:15 2011.3.15

記事公開日:2011.3.15取材地: 動画

 2011年3月15日(火)16時15分から、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。

 東京電力福島第一原子力発電所4号建屋で発煙を生じた。被ばくを測定したところ、133名測定中、23名に除染が必要であり、除染を行った。20~30km圏住民の屋内退避指示がでている。東海村原子力施設MP(モニタリングポスト)で 5μSv/hを計測した


【再アップ!】「このままだとメルトダウンにつながる」――3号機爆発の緊迫した状況で政府が「ひた隠し」にした「メルトダウン」に東芝・元原子炉格納容器設計者の後藤政志氏が言及! 2011.3.14

記事公開日:2011.3.14取材地: 動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年3月14日(月)、東京・千代田区の外国特派員協会で、原子力資料情報室会見が行われた。


【再アップ!】「炉心融解し露出したらホットスポットもできるし東京も安全ではない」! 「原子力資料情報室」による緊急記者会見で後藤政志氏が警告! 2011.3.13

記事公開日:2011.3.13取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年3月13日(日)17時より、東京・新宿にて原子力資料情報室で記者会見が行われた。


岩上安身によるインタビュー 第100回 ゲスト 後藤政志氏~3.11から事故直後、日本で最も早く「メルトダウンの可能性があるか」とジャーナリスト・岩上安身が質問し、原子力の専門家である、後藤政志氏が初めて顔出し実名入りでインタビューに応え、「その可能性がある」と答えた歴史的なインタビュー! 2011.3.12

記事公開日:2011.3.12取材地: テキスト動画独自

※2016年3月12日再アップしました!

 3月11日午後2時4分ごろ発生した「東北地方太平洋沖地震」(マグニチュード8.8)によって、福島第一原子力発電所・第二原子力発電所の周辺20kmの住民が避難する事態となった。

 12日午後3時36分ごろには、福島第一原発1号機の建屋の壁が爆発によって崩壊。内閣・原子力保安院・東京電力の情報開示が必ずしも十分とは言えない中、原子炉の設計に関わった技術者2人を交え、NPO法人「原子力資料情報室」による緊急記者会見が3月12日夜8時から開かれた。

 登壇者は、上澤千尋氏(原子炉・安全問題担当,原子力資料情報室)、後藤政志氏(東芝・元原子炉格納容器設計者)、田中三彦氏(日立バブコック・元原子力圧力容器設計者・サイエンスライター)、海渡雄一氏(弁護士・原子力発電所運転差止弁護団)の4名。今回、初めて本名(筆名柴田宏行、池田諭)で発言した後藤氏は、政府が発表した内容は既に設計条件の2倍。これは技術者に言わせると「もう保証できない状態」とのこと。大事故にならないために大事なことは二点「炉心が冷やせるか・格納容器がもつか」ということを強調した。


中国電力による上関原発の工事強行を止めるための緊急院内集会 2011.3.4

記事公開日:2011.3.4取材地: テキスト動画

※動画のご視聴は会員限定となります。

 2011年3月4日(金)11時、東京都千代田区の衆議院第一議員会館において、「中国電力による上関原発の工事強行を止めるための緊急院内集会」が行われた。「上関どうするネット」が主催したもので、工事中止を求める機運を国会内にも高める目的で開催した。集会には国会議員が22名参加したほか、300人を超す参加者が詰め掛けた。


上関原発建設工事に関する報告会 2011.3.2

記事公開日:2011.3.2 動画

2011年3月2日(水)、山口県上関市田ノ浦で上関原発工事に抗議する虹のカヤック隊のメンバーより、報告会が開催された。(場所不明)


上関原発建設に対する中国電力東京支社への申し入れ 2011.2.21

記事公開日:2011.2.21取材地: 動画

 2011年2月21日深夜2時頃、上関原子力発電所建設予定地での埋め立て作業が強行され、現地にいる市民がUstream中継を行い、その状況が全国に知れ渡りました。本来、中国電力側が作業を行える時間は規定されている中での、約束を破った形での強引なやり方。急遽、翌日の朝9時頃、中国電力の東京支社で抗議活動が行われ、その模様を取材しました。


原子力発電の話と上関原発工事再開ハンガーストライキ報告イベント 2011.2.19

記事公開日:2011.2.19取材地: 動画

 2011年2月19日に、上関原子力発電所建設に関連するイベントが開かれました。

 山口県の上関原子力発電所建設予定地の対岸にある祝島。そこに住む9割の住民は、国からの補償金を一切受け取らず、30年前から抗議活動を続けています。菅政権の下、最近特にすすめられている、上関ややんばるの森での強行工事の数々に対し、市民の抗議活動が盛んになっている中、20代の若者が、11日間のハンガーストライキを行いました。

 イベントでは、ハンガーストライキをした一人の小林エレキさんの話から、誰もがわかる原子力発電所、代替エネルギー、祝島と写真の紹介、音楽の演奏が行われました。