アフガニスタンから敗走した米軍! 米国は中国との覇権をかけた戦いのために東アジアへ!!〜岩上安身によるインタビュー第1051回 ゲスト 『アメリカは中国に負ける-日本はどう生きるか』著者 元外務省国際情報局長・孫崎享氏 2021.9.9

記事公開日:2021.9.12取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 中東
※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。
→ご登録はこちらから

 20年に及んだアフガニスタン戦争が、米軍のアフガニスタン撤退と、8月15日のタリバンによる劇的なカブール無血入城と衝撃的な結末を迎えた。26日にはイスラム国の地域組織である「IS-K(イスラム国ホラサン州)」によるカブールの国際空港での自爆テロが起こり、米軍のドローンによる報復攻撃で2歳の女児を含む10人の民間人が亡くなった。

 再び、アフガニスタンは「テロの温床」となるのか。中東から撤退した米軍と米国の軍産複合体が次に求める戦場はどこになるのか。台頭する中国と向き合うために、いよいよ動き出した「ピボット・トゥ・アジア」が、東アジア情勢を大きく揺るがすことは明白である。そのとき、「日本はどう生きるのか」。9月9日、岩上安身が元外務省国際情報局長・孫崎享氏にインタビューした。

 孫崎氏は9月4日に『アメリカは中国に負ける ―日本はどう生きるのか』(河出書房)を上梓したばかりである。この本は米中覇権交代を予告した『不愉快な現実 中国の大国化、米国の戦略転換』(2012年)に増補したものだ。

 孫崎氏は新著の中で「CIA『FACTBOOK』によると、2021年5月時点で、購買力平価GDPで中国は22.5兆ドル、米国は20.5兆ドル」と、すでに中国が米国を上回っていることを指摘している。

 中国は米国が2001年の9.11テロで、対テロ戦争を始めてから、急激に経済規模を拡大させている。

 まず冒頭、アフガニスタンの米軍撤退と米中覇権交替について、お話をうかがった。

 米国のアフガン撤退、タリバンによる首都カブールへの無血入城について、孫崎氏は「タリバンとアメリカはある時期から手を結んでますよ」と指摘し、次のように語った。

 「根本問題は、タリバンがなぜ戦ったかというと、アメリカが入ってきて、自分たちの社会構造を壊したから。アメリカが攻めることをやめたら、タリバンから攻撃する理由はないんですよ。(続く)

<孫崎氏が語るタリバン、IS-K、米国、中国、ソ連の関係、そして20年前の「9.11」とはなんだったのか。さらに、東アジア情勢に及ぼす影響とは、そのなかで日本が生きるべき道は? 以下、ぜひIWJの会員となってテキストと全編動画を御覧下さい。まだ会員登録されていない方は、ぜひ、会員登録をよろしくお願いします。まだ会員に未登録の方は、ぜひ、会員登録をお急ぎください!>

※会員のご登録はこちらからお願いします。https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php

■ハイライト

  • 日時 2021年9月9日(木)19:00~21:00
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

 インタビューはこの後、会員限定配信に入り、テーマは自民党総裁選にまで多岐にわたりながら、4時間半のロングインタビューになった。

 詳しくはぜひ、IWJの会員となって、全編動画を御覧ください。

※冒頭オープン【9/9 ライブ中継 19時頃~】 米国は中国との覇権をかけた戦いのために東アジアへ!! 岩上安身による孫崎享氏インタビュー https://youtu.be/epTwEyq0yuk

<関連動画>岩上安身による直近の孫崎享氏へのインタビューは以下になります。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入より御覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 550円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です