【スピーチ全文掲載】防衛省内部資料流出で「国家内部にも、こんなゲームには付き合えないと思っている人がいる」京都精華大・白井聡氏が大阪で勝利宣言!〜「問題は安倍政権後の社会をどうするかだ」  

記事公開日:2015.8.22
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「間違いなく、国家の内部にも『もうこんなゲームには付き合えない』と思っている人がいる」――。

 SEALDs KANSAIによる「戦争法案」に反対する街宣アピールで、2015年8月21日、京都精華大学講師で政治学者の白井聡氏が街宣カーの上から1500人の聴衆に向かって「勝利は近い」と声援を送った。

 白井氏は「この国には結局のところ2つの法体系というものがある」との見方を示し、憲法を最高法規とする法体系のほかに、「アメリカとの約束」という別の法体系が存在する、と展開。安倍政権が、国民の理解が進んでいない法案の成立を急ぐ背景には、米議会で約束した「夏までの成立」を重要視する政府の考えがあると指摘した。

 そのうえで白井氏は、共産党の小池晃議員が国会で暴露した防衛省の内部資料に言及。重大な内部文書が外部に流出したことは「国家の内部にも、もうこんなゲームには付き合えないと思っている人がいることを意味する」と話した。

 最後に、学生を始めとする市民運動が「腐った政治に大きなプレッシャーをかけている」「勝利は近い」と聴衆を勢いづけた。

 以下、白井聡氏のスピーチ動画と発言全文を掲載する。
(取材:萩崎茂、記事:城石愛麻、ぎぎまき)

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

白井聡氏スピーチ全文

 「はい、皆さんこんばんは! 白井聡と申します。京都精華大学で政治学を教えております。

 みなさんが沢山集まってくれたので、警察部隊の方もご好意を見せていただきまして、少々延ばしても大丈夫だという許可を頂きましたので、壇上に上がらせていただきました。

 さて、今回の新安保法制の問題、日本という国の真の問題というのが、ここに、本当に鮮やかに現れていると思います。

 多くの人たちが指摘するように、この法制は明白に違憲であると言われているわけですが、そして私もその通りだと思いますが、政府は、実はそのことを全然『屁』とも思っていないわけです。

 それはどうしてか。実は、この国には結局のところ2つの法体系というものがあるんです。

 一方には日本国憲法を最高法規とする法体系、日本の法体系がある。しかしながら、他方で、アメリカとの約束…それには条約や密約も含みますが、アメリカとの約束という、もう一つの法体系がある。

 どっちの法体系が大事なのか。

 残念ながら現実には、アメリカとの約束の方が重要だというのが、この国の政府がとっている態度であり、また、その根本的な考え方だということですね。

 ですから今回、アメリカと約束をしてきたことと日本国憲法が矛盾をしている、ということが起こっているわけですけども、じゃあ、その時どっちを選ぶのか。日本国の政府は迷わずアメリカとの約束を選ぼうとしている。そして、ようするに、今回の『戦争法案』だって、アメリカが戦争をするから『お前らもやれ』と、そういっただけのことです。

 そして、それに『はいはい』と答えますということを一生懸命やろうとしている。

 これも結局のところ遡ってみれば、あの70年前の戦争が終わったあと、日本国というのは一応民主主義国家だと言われてきたけれども、その実態がなんであったかということを曝け出しています。

 結局のところ、民主主義も自由主義もそんなものは本当のところ何も理解していない。そういった連中がアメリカの権威というものを笠に着て、やりたい放題の統治をするというのが結局のところこの国の本質なんです。

 みなさん、もう安倍政権の先はそう長くないと思います。

 今回、共産党の小池議員が防衛省から機密文書を国会で曝露するという事態が起きましたけども、これはある意味驚くべきことです。間違いなく、国家の内部にも、もうこんなゲームには付き合えないというふうに思っている人がいるということを、これは意味しているわけです。

 間違いなく、私たちは大きなプレッシャーを、この腐った政治に対してかけつつあります。勝利は近いです。問題は安倍政権の枠を、これを果たした後、私たちがどんな国家やどんな社会を作るか、そのことがこれからの課題となってきます。

 闘いながらそれを、皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

 今日はありがとうございました!」

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録  カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “【スピーチ全文掲載】防衛省内部資料流出で「国家内部にも、こんなゲームには付き合えないと思っている人がいる」京都精華大・白井聡氏が大阪で勝利宣言!〜「問題は安倍政権後の社会をどうするかだ」

  1. 白井聡さんの8月21日のシールヅでのスピーチは安保法案が通る前のものですが、現時点でも有効ですね。この国の政治には常にアメリカの影を感じます。小沢氏を引き摺り下ろしたのも、民主党政権を全面否定して自民党に政権を奪還させたのも、アメリカの黒い手が動いたと思っています。これに終止符を打つためには安倍政権を倒すしかありません。白井さんがいう「安倍後の社会」をどう作るか、非常に重要な課題だと思います。このようなことを考える学習会を「教科書問題を考える小石川高校有志の会」が開催します。10月31日(土)14時30分~16時30分 @文京シビック5階会議室(研修室AB)参加費500円です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です