記事一覧(公開日時順)

「原子炉圧力容器に穴が開き、冷却水が漏れ続けている」小出助教、メルトダウンの可能性を指摘~ 岩上安身による小出裕章助教(京大原子炉実験所)インタビュー 2011.4.10

記事公開日:2011.4.10取材地: テキスト動画独自

 2011年4月10日、京大原子炉実験所の小出裕章助教に2度目のインタビューを行った。小出助教は、原子炉の仕組みの説明から、4月10日時点までの福島原発の経過や現状について語った。放射能漏れや被ばくを少しでも改善する策についても述べたが、その危険性についても話し、また東電の怠慢の可能性についても触れた。

 最悪のシナリオとして再臨界からのメルトダウン、水蒸気爆発を想定して、それぞれについても詳細に説明を加えた。さらに原発の経済性、生産性はまったく見合わないと語り、安全面以外でも原発は不利益ばかりだと述べた。


東京電力 記者会見 22:30 2011.4.9

記事公開日:2011.4.9取材地: テキスト動画

2011年04月09日(土)、東京電力本社で、記者レクチャー(22:30~、0:20′)が行われた。

 プロセス建屋からの海洋への放出は460トン行い、残り360トンあり、集中環境施設全体からの放出は4月10日には完了すると発表した。また、天候が悪く2号機ピットの止水工事、シルトフェンス設置工事は本日は中止している。


東京電力 記者会見 18:30 2011.4.9

記事公開日:2011.4.9取材地: テキスト動画

2011年04月09日(土)、東京電力本社で、記者会見(18:30~、1:27′)が行われた。

記者会見では4月1日から松本本部長代理がプラント状況を説明してきたが、武藤副社長があらためて謝罪を述べ、状況説明を行った。


保安院会見 17:45 2011.4.9

記事公開日:2011.4.9取材地: テキスト動画

 2011/04/09(土)17時45分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。


東京電力 記者会見 11:00 2011.4.9

記事公開日:2011.4.9取材地: テキスト動画

2011年04月09日(土)、東京電力本社で、記者会見(11:00~、0:38′)が行われた。

 集中処理施設から海への放出は継続しており、7700トン放出した。残800トンを放出する予定。5,6号機ののサブドレインから1300トンを排出しており、残り200トンを放出すると発表した。放出が完了した後、放出量、総放射線量を報告する予定。
 また、2,3号機のトレンチの出方、データから水漏れ水量の時間当たり量が推定算出できるのでは。夕方の会見で発表することになった。


東京電力 記者会見後の今日のまとめ 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

 2011年04月08日(金)、東京電力記者会見(18:30~、1:25′)後、岩上が木野記者とIWJについてざっくばらんに語りつつ、今日のまとめにはいる。IWJが東電記者会見の中継を始めたころの経緯や、木野記者が参加し始めたきっかけ、今後の意気込みが語られる。


保安院会見 22:30 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

 2011/04/08(金)22時30分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。
 非常用DG(ディーゼル発電機)の点検を行ったところ、機能しないものがあることがわかった。


東京電力 記者会見 22:20 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

2011年04月08日(金)、東京電力本社で、記者会見(22:20~、0:22′)が行われた。

 集中ラドの低レベル排水7400トンを18:00時に海洋放水した。引き続き継続すると発表した。


保安院会見 18:40 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

 2011/04/08(金)18時40分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。
 汚染水の意図しない漏洩を防止するため、止水策を施していることを発表した。
 1号機の温度が一時的に跳ね上がっており、CAMSのデータも一時的に跳ね上がっており、昨晩の地震によるなんらかの現象が発生しているのか、計器異常なのか調査が必要。


東京電力 記者会見 18:30 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

2011年04月08日(金)、東京電力本社で、記者会見(18:30~、1:25′)が行われた。

 分析結果塩素38が検出されたているが、微量のため測定値をもう1回分析再評価し、再臨界の可能性を判断すると述べた。燃料の損傷度70とは被覆管に亀裂なのか、高温溶けて穴とか、いろいろ考えられ、さやの中に核分裂生成物が閉じ込められていない状況が約7割という意味であり、状況は不明と回答。ただし、溶けるというのは相当高い温度が必要で、そこまでは行っていないという考えを示した。


東京電力 記者会見 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: 動画

東京電力 記者会見 12:50 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト

2011年04月08日(金)、東京電力本社で、藤本副社長らによる今後の計画停電についての記者会見(12:50~)が行われた。

 既に発表済の供給力の試算は現実と異なり、実際は発電の能力が無理なものも試算に入っている。そういうことで夏場の数字なので、引き続き節電協力をお願いすると述べた。具体的な数字は持ちあわせていないが、夏場の陽水はどれくらい使えるか水の量もふくめて、夜間に計画停電して揚力することは考えていないと説明した。

映像記録なし


保安院会見 11:50 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

 2011/04/08(金)11時50分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。
 5,6号サブドレンピットの溜り水の海洋放水の実績は1100トンとなり、明日には完了する予定


東京電力 記者会見 11:15 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

2011年04月08日(金)、東京電力本社で、記者会見(11:15~、0:40′)が行われた。

 昨日、土捨て場にて土嚢作業中に気分が悪くなり搬送された作業員は、特に病状が悪化したという連絡は入っていない。1号機のCAMSのデータが午前6時に上がっているが、原因は現在調査中、計器異常の可能性があると発表した。


東京電力 記者会見 10:00 2011.4.8

記事公開日:2011.4.8取材地: テキスト動画

2011年04月08日(金)、東京電力本社で、記者会見(10:00~、0:13′)が行われた。

 昨夜の震度6の地震の影響について、福島第一、福島第二、柏崎でけが人などの連絡はなし、サイトへの影響・パラメーターの異常も、新たな水漏れもないと発表した。


東京電力 記者会見 23:50 2011.4.7

記事公開日:2011.4.7取材地: テキスト動画

2011年04月07日(木)、東京電力本社で、記者会見(23:50~、0:18′)が行われた。

 直前に地震が発生たため、影響についての記者レク会見。けが人なし、設備異常もなし、作業員は作業現場から退避完了、外部電源も異常なし、と発表


東京電力 記者会見 22:10 2011.4.7

記事公開日:2011.4.7取材地: テキスト動画

2011年04月07日(木)、東京電力本社で、記者会見(22:10~、0:12′)が行われた。

 窒素封入を継続して実施しており、また集中環境施設からの排水作業も継続すると発表。その後、電気系に関して電源の健全性を確認し、1号機は構内仮設電源を設置する予定。


東京電力 記者会見 18:30 2011.4.7

記事公開日:2011.4.7取材地: テキスト

2011年04月07日(木)、東京電力本社で、記者会見(18:30~、1:30’)が行われた。

 地震発生時、勝俣会長とマスコミOBが中国旅行に行っていたことを勝俣会長は認めており、会社の名前等の公開について考えると回答していたが、基本的には会費制、公表は先方に確認中だがまだ了解が得られていない。マスコミと東電が癒着しているという事はないと述べた。
 燃料が損傷し、核分裂生成物がタービン建屋で見つかっているということは、圧力容器からタービン建屋へ漏れているだろうとかんがえられる。しかし、どれくらい穴が、どこに開いているか、圧力容器底部に穴・亀裂があるのか、配管や制御棒の配管などから漏れているのか、可能性はあるが、現時点では不明だと回答した。

映像記録なし


東京電力 記者会見 2011.4.7

記事公開日:2011.4.7取材地: 動画

保安院会見 18:20 2011.4.7

記事公開日:2011.4.7取材地: テキスト動画

 2011/04/07(木)18時20分ごろから、経済産業省別館にて、原子力安全・保安院の記者会見が行われた。
 海洋モニタリングの結果、ヨウ素の値は、福島第一放水口北側で5日に400, 6日午前に600、6日午後に1000ど増大している。一方南側では5日午後に280、6日午前に80、6日午後に93と減少傾向にあると発表した。北側への拡散傾向があるとみている。