今こそ、当事者の声を!辺野古新基地を絶対つくらせない「名護市民集会」 2016.10.29

記事公開日:2016.10.29取材地: 動画

 沖縄県名護市辺野古の米軍新基地埋め立て海域を望む瀬嵩(せだけ)の浜で、2016年10月29日(土)16時より「今こそ、当事者の声を!辺野古新基地を絶対つくらせない名護市民集会」が開かれ、稲嶺進・名護市長らが参加した。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―土曜行動/機動隊員による沖縄を侮辱する暴言を許さない!緊急集会 2016.10.29

記事公開日:2016.10.29取材地: 動画

 土曜の集中行動日にあたる2016年10月29日(土)、沖縄県東村高江の米軍北部訓練場N1ゲート前からヘリパッド建設工事強行に対する抗議集会の模様を8時頃より配信した。N1ゲート前では12時から「機動隊員による沖縄を侮辱する暴言を許さない!緊急集会」が開かれ、大阪府警機動隊員による差別発言へ抗議の声をあげた。


石垣市 自衛隊配備に係る公開討論会 ―出席 佐藤正久参議院議員、伊波洋一参議院議員ほか 2016.10.28

記事公開日:2016.10.29取材地: 動画

 2016年10月28日(金)18時半より、沖縄県石垣市への陸上自衛隊配備をめぐって石垣市主催の「自衛隊配備に係る公開討論会」が石垣市民会館で開かれた。配備に反対の立場から伊波洋一・参議院議員ら、賛成の立場から佐藤正久・参議院議員らそれぞれ3人が交互に意見発表を行い、その後クロストークが行われた。


【IWJ検証レポート】「土人差別暴言」擁護の松井一郎府知事と実刑判決を受けたレイシストの認識との共通点!鶴保庸介沖縄担当相も傍観——上海紙が「シナ人」発言を伝える! 2016.10.28

記事公開日:2016.10.28 テキスト

 「ネットでの映像を見ましたが、表現が不適切だとしても、大阪府警の警官が一生懸命、命令に従い職務を遂行していたのがわかりました。出張ご苦労様」

 大阪府警の機動隊員らが抗議派市民を「土人」「シナ人」などと罵倒した一件を受けて、松井一郎大阪府知事は10月19日、上記のようなコメントをツイッター上で流した。当然のことながら、直後から、松井知事の意見に批判が集中。差別暴言を不適切発言程度にぼかして事実上容認し、職務を一生懸命遂行したのだと、労までねぎらうかのようなコメントは一気に炎上した。


辛坊治郎氏が「高江には早くヘリパッドをつくって欲しい人の方が圧倒的に多い」とトンデモ発言! 「現地取材した」と言うが根拠も数字も示さず 垂れ流しの読売テレビ・ニッポン放送を直撃! 2016.10.27

記事公開日:2016.10.27 テキスト動画

 差別暴言を煽るメディアの責任は、あまりに重い。

 沖縄・高江でヘリパッド建設工事に抗議する住民に対し、大阪府警察から派遣された20代の機動隊員が「触るなくそ。どこつかんどるんじゃ、ボケ。この土人が!」と発言した問題。明らかになってきたのは、差別暴言を吐いた機動隊員を批判するどころか、逆に擁護して、さらには沖縄差別を煽る内容の番組を放送してしまう、無責任なマスメディアの実態である。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―水曜行動 2016.10.26

記事公開日:2016.10.26取材地: 動画

 2016年10月26日(水)、沖縄県東村高江の米軍北部訓練場N1表ゲート前で米軍ヘリパッド建設工事強行に反対する集中行動が行われた。


第33回 日本環境会議沖縄大会「環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く」第6分科会「青年と環境」第3部「辺境」が繋がる・「国境」を乗り越えて 2016.10.23

記事公開日:2016.10.23取材地: 動画

 2016年10月23日(日)午前、沖縄国際大学(沖縄県宜野湾市)で開催されている「第33回日本環境会議沖縄大会『環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く』」の第6分科会「青年と環境」第3部が開かれた。「『辺境』が繋がる・『国境』を乗り越えて」をテーマに東アジア各国からの報告と議論が行われ、分科会宣言を採択して終了した。


第33回 日本環境会議沖縄大会「環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く」第6分科会「青年と環境」第1部・第2部 2016.10.21

記事公開日:2016.10.23取材地: 動画

 2016年10月21日(金)より沖縄県宜野湾市にある沖縄国際大学で開幕した第33回「日本環境会議沖縄大会『環境・平和・自治・人権―沖縄から未来を拓く』」において「青年と環境」と題した分科会が開かれた。21日に行われた分科会第1部および第2部の模様を配信した。第3部は23日(日)に開かれる。


「沖縄県警も所詮、看板を使われているだけ」〜差別発言で相次ぐ大阪府警の部隊撤退を求める声!500人規模の機動隊投入の黒幕は警察庁!? 2016.10.23

記事公開日:2016.10.23 テキスト

 10月18日に沖縄県高江の米軍北部訓練場ヘリパッド建設現場で、工事に反対する市民に対し、差別発言をした20代の機動隊員らは、案の定、「侮蔑的な意味があるとは知らなかった」と釈明した。大阪府警は10月21日、2人を戒告の懲戒処分にした。

 29歳の巡査部長は「土人」発言について、抗議する市民が「体に泥をつけているのを見たことがあり、とっさに口をついて出た」と説明。一方、26歳の巡査長は「過去に(抗議する市民に対し)『シナ人』と発言する人がいて、つい使ってしまった」とし、ともに侮蔑の目的では使っていないと弁明した。


42歳・NHK報道出身の和田政宗参院議員と同行者らから「暴行された」などとして被害届を出された87歳車椅子の「文子おばあ」が、2016年10月21日、名護署に出頭!怒りの抗議と激励の集会が! 2016.10.23

記事公開日:2016.10.23取材地: テキスト

 辺野古の「文子おばあ」こと島袋文子さんが出頭した。87歳になる車椅子の島袋文子さんから暴力を受けたとして、島袋さんを相手に、宮城県選出の「日本のこころ」の和田政宗参議院議員の同行者が「被害届け」を出したため、名護警察が出頭要請していた。


「奪われたものを返してもらうのに、なぜ新しいヘリパッドを作らなければならないのか」!?〜高江住民33人が工事差し止めを求め国を提訴!小口幸人弁護士らが外国特派員協会で記者会見 2016.10.13

記事公開日:2016.10.22取材地: 動画

 「工事自体の差し止めを求めて9月21日に裁判を起こしました。法律的には差し止めの裁判と、裁判が終わるまでの間工事を止めてもらうという仮処分、この二つを提起しています。仮処分の結果は年内に出る見込みです。原告は周辺住民33人。代理人弁護士は30人で私はその一人です」

 沖縄県東村高江で米軍北部訓練場ヘリパッド(離着陸帯)建設に反対する住民が、那覇地方裁判所に提訴した。被告は国。


沖縄 高江・辺野古で新基地反対の座り込みを続ける島袋文子さんの告訴について市民による名護警察署前 抗議行動 2016.10.21

記事公開日:2016.10.21取材地: 動画

 2016年10月21日(金)、事情聴取のため名護警察署(沖縄県名護市)に出頭を求められた名護市辺野古の島袋文子氏 (87) を激励しようと名護警察署前に集まった市民らによる事前集会の模様を13時過ぎより配信した。


高江オスプレイパッド建設差し止め訴訟・第一回仮処分審訊 事前・事後集会 2016.10.20

記事公開日:2016.10.21取材地: 動画

 2016年10月20日(木)、米軍北部訓練場のオスプレイパッド建設をめぐり、東村高江の住民らが国を相手に工事の差し止めを求める「高江オスプレイパッド建設差し止め訴訟」の第一回仮処分審訊が那覇地方裁判所で行われた。那覇地裁前では、仮処分審訊の前後に原告らによる集会が開かれた。


県民に対する「土人」「シナ人」発言で、指導責任を沖縄になすりつける警察庁や大阪府警!?~20代の機動隊員2人は、沖縄に対する多重差別構造を可視化したにすぎない 2016.10.21

記事公開日:2016.10.21 テキスト動画

特集 高江ヘリパッド

 ヘリパット建設工事に抗議する市民に対し、大阪府警察から派遣された20代の機動隊員2人が、「土人」「シナ人」と差別的暴言を吐いた問題は、沖縄県警や大阪府警だけにとどまらず、大阪府、警察庁、法務省などの責任が問われる問題に発展している。

 2016年10月18日午前9時47分頃、沖縄県東村高江地区にある、北部訓練場のヘリパッド建設現場の国道70号線近くで、工事への反対の声を上げ続けている、沖縄生まれ育ちの生っ粋のウチナンチューであり、芥川賞作家の目取真俊氏がフェンスに手をかけていたところ、フェンス越しにいた機動隊員と口論になった。


和田政宗議員に関わる記事についての謝罪と訂正、記事再掲載のご報告 2016.10.20

記事公開日:2016.10.20 テキスト

 この度、2016年10月18日に掲載した当社記事「高江で座り込みを続ける87歳の『文子おばあ』こと島袋文子さんから『暴行を受けた』と被害届を出した『日本のこころ』和田政宗議員!42歳!!IWJは再三取材を試みるも応じず!」において、訂正すべき点がありますので、ご報告いたします。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―水曜・土曜の集中行動 2016.10.19

記事公開日:2016.10.19取材地: 動画

 2016年10月19日(水)、沖縄県東村高江において、政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議と集会が行われた。


高江で座り込みを続ける87歳の「文子おばあ」こと島袋文子さんら市民から「暴行を受けた」と被害届を出した「日本のこころ」和田政宗議員とその同行者たち!! 2016.10.20

記事公開日:2016.10.18取材地: テキスト

 たとえ「自称」であっても、日本の「保守」はここまで墜ちてしまったのだろうか。2016年5月、ある国会議員らが沖縄・辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で、基地反対派の市民から「暴力行為を受けた」として被害届を出した。

 被害を訴えたのは、まがりなりにも「保守政党」を自称する、「日本のこころを大切にする党」参議院議員の和田政宗氏とその同行者たちである。訴えられたのはなんと、車イスで歩くのもままならない87歳のおばあちゃん、島袋文子さん(通称「文子おばあ」)を含む複数の市民である。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―土曜行動 2016.10.15

記事公開日:2016.10.15取材地: 動画

 2016年10月15日(土)8時頃より、沖縄県東村・国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事に反対して行われている土曜集中行動の模様を北部訓練場N1ゲート前より配信した。


緊急集会「高江・やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!」 ~原告の安次嶺現達さん、伊佐育子さん、小口幸人弁護士を迎えて~ 2016.10.13

記事公開日:2016.10.15取材地: 動画

 2016年10月13日(木)、緊急集会「高江・やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!」が東京都千代田区の衆議院第一議員会館で行われた。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―水曜・土曜の集中行動 2016.10.8

記事公開日:2016.10.8取材地: 動画

 水曜・土曜の集中行動日となる2016年10月8日(土)、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)N1ゲート前でヘリパッド建設に抗議して行われた午前の集会の模様を配信した。