高江オスプレイパッド建設差し止め訴訟・第一回仮処分審訊 事前・事後集会 2016.10.20

記事公開日:2016.10.21取材地: 動画

 2016年10月20日(木)、米軍北部訓練場のオスプレイパッド建設をめぐり、東村高江の住民らが国を相手に工事の差し止めを求める「高江オスプレイパッド建設差し止め訴訟」の第一回仮処分審訊が那覇地方裁判所で行われた。那覇地裁前では、仮処分審訊の前後に原告らによる集会が開かれた。


県民に対する「土人」「シナ人」発言で、指導責任を沖縄になすりつける警察庁や大阪府警!?~20代の機動隊員2人は、沖縄に対する多重差別構造を可視化したにすぎない 2016.10.21

記事公開日:2016.10.21 テキスト動画

特集 高江ヘリパッド

 ヘリパット建設工事に抗議する市民に対し、大阪府警察から派遣された20代の機動隊員2人が、「土人」「シナ人」と差別的暴言を吐いた問題は、沖縄県警や大阪府警だけにとどまらず、大阪府、警察庁、法務省などの責任が問われる問題に発展している。

 2016年10月18日午前9時47分頃、沖縄県東村高江地区にある、北部訓練場のヘリパッド建設現場の国道70号線近くで、工事への反対の声を上げ続けている、沖縄生まれ育ちの生っ粋のウチナンチューであり、芥川賞作家の目取真俊氏がフェンスに手をかけていたところ、フェンス越しにいた機動隊員と口論になった。


和田政宗議員に関わる記事についての謝罪と訂正、記事再掲載のご報告 2016.10.20

記事公開日:2016.10.20 テキスト

 この度、2016年10月18日に掲載した当社記事「高江で座り込みを続ける87歳の『文子おばあ』こと島袋文子さんから『暴行を受けた』と被害届を出した『日本のこころ』和田政宗議員!42歳!!IWJは再三取材を試みるも応じず!」において、訂正すべき点がありますので、ご報告いたします。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―水曜・土曜の集中行動 2016.10.19

記事公開日:2016.10.19取材地: 動画

 2016年10月19日(水)、沖縄県東村高江において、政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議と集会が行われた。


高江で座り込みを続ける87歳の「文子おばあ」こと島袋文子さんら市民から「暴行を受けた」と被害届を出した「日本のこころ」和田政宗議員とその同行者たち!! 2016.10.20

記事公開日:2016.10.18取材地: テキスト

 たとえ「自称」であっても、日本の「保守」はここまで墜ちてしまったのだろうか。2016年5月、ある国会議員らが沖縄・辺野古のキャンプ・シュワブゲート前で、基地反対派の市民から「暴力行為を受けた」として被害届を出した。

 被害を訴えたのは、まがりなりにも「保守政党」を自称する、「日本のこころを大切にする党」参議院議員の和田政宗氏とその同行者たちである。訴えられたのはなんと、車イスで歩くのもままならない87歳のおばあちゃん、島袋文子さん(通称「文子おばあ」)を含む複数の市民である。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―土曜行動 2016.10.15

記事公開日:2016.10.15取材地: 動画

 2016年10月15日(土)8時頃より、沖縄県東村・国頭村にまたがる米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事に反対して行われている土曜集中行動の模様を北部訓練場N1ゲート前より配信した。


緊急集会「高江・やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!」 ~原告の安次嶺現達さん、伊佐育子さん、小口幸人弁護士を迎えて~ 2016.10.13

記事公開日:2016.10.15取材地: 動画

 2016年10月13日(木)、緊急集会「高江・やんばるの森にオスプレイパッドはいらない!」が東京都千代田区の衆議院第一議員会館で行われた。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―水曜・土曜の集中行動 2016.10.8

記事公開日:2016.10.8取材地: 動画

 水曜・土曜の集中行動日となる2016年10月8日(土)、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)N1ゲート前でヘリパッド建設に抗議して行われた午前の集会の模様を配信した。


「沖縄の基地は不正義だ!」伊波洋一氏と孫崎享氏が講演で沖縄米軍基地問題を語る〜従属というあり方が染み付いた日本政府を「普通の政府ではない。哀れだ」 2016.10.2

記事公開日:2016.10.4取材地: 動画

 「沖縄の基地は不正義だ」――。

 沖縄県選出の参議院議員・伊波洋一氏は明確に言いきった。

 2016年10月2日(日)、東京都文京区にある全水道会館で伊波洋一参議院議員と元外務省国際情報局長の孫崎享氏による講演会が行われた。


「カンタ!ティモール」上映会後の「野川未央&川口真由美トーク」 ―東ティモール、沖縄、そして私たち 2016.10.1

記事公開日:2016.10.3取材地: 動画

 2016年10月1日(土)、京都府京都市のひと・まち交流館 京都にて、NO BASE 沖縄とつながる京都の会、ピース・ムービーメント実行委員会の主催により「カンタ!ティモール」上映会が開かれ、上映後、「『野川未央&川口真由美トーク』 ―東ティモール、沖縄、そして私たち」と題するトークイベントが行われた。


政府による高江での米軍ヘリパッド強行建設工事と市民による抗議・集会の模様 ―高江集中行動 2016.10.1

記事公開日:2016.10.3取材地: 動画

 高江集中行動日にあたる2016年10月1日(土)、米軍北部訓練場(沖縄県東村・国頭村)周辺でヘリパッド建設工事強行に反対して行われている抗議行動の模様を配信した。


「すべての国が戦争を放棄する日」舞台映像上映会(東京公演) ~第2部 スペシャルトーク 登壇:坂手洋二氏(演出家)、石原燃氏(脚本家)ほか 2016.9.29

記事公開日:2016.10.3取材地: 動画

 2016年9月29日(木)、沖縄県宮古島市のよしもと南の島パニパニシネマ宮古島にて、てぃだぬふぁ島の子の平和な未来をつくる会の主催により、「すべての国が戦争を放棄する日」舞台映像上映会(東京公演)が開かれ、演出家の坂手洋二氏、脚本家の石原燃氏、ユカコ役を演じた大月ひろ美氏、南西諸島ピースネット共同代表の猪股哲氏、てぃだぬふぁの楚南有香子氏らによるトークイベントが行われた。


宮古島自衛隊配備 千代田説明会を受けて~ 野原・千代田・千代田周辺地域意見交換会 2016.9.28

記事公開日:2016.10.2取材地: 動画

 2016年9月28日(水)19時30分より沖縄県宮古島市の、上野公民館にて、「宮古島自衛隊配備 千代田説明会を受けて~ 野原・千代田・千代田周辺地域意見交換会」が開催された。


沖縄環境NGO連名による「高江工事強行に抗議する声明」抗議文手交後の記者会見 2016.9.30

記事公開日:2016.10.1取材地: 動画

 2016年9月30日(金)、沖縄県内の環境NGOなど17団体が連名で米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事強行に抗議する声明を公表した。15時より沖縄県庁の県庁記者クラブ(沖縄県那覇市)において声明に関する記者会見が行われた。


第11回左京平和の夕べ 沖縄県高江レポート 住民の会伊佐育子さんを招いて 2016.9.30

記事公開日:2016.10.1取材地: 動画

 2016年9月30日(金)18時半より、京都市左京区のみやこめっせで第11回憲法9条を守る左京平和の夕べが開催され、高江・ヘリパッドいらない住民の会の伊佐育子氏が沖縄・高江での米軍ヘリパッド建設強行と現地抗議運動について講演した。


「警察は工事業者の単なる下請け警備員!」市民の安全より工事優先の警備に小口弁護士が怒りの訴え!警察庁は「ロープで縛ったのは市民を守る命綱」と開き直り―高江ヘリパッド建設を巡る防衛省・警察庁交渉 2016.9.29

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画

 「あなた方は工事業者の単なる下請けの警備員です!」

 高江における米軍ヘリパッド建設を巡る防衛省および警察交渉が、2016年9月29日、参議院議員会館で、国際環境NGO「FoE Japan」と「美ら海にもやんばるにも基地はいらない市民の会」の主催で行われ、市民らが防衛省職員と警察庁職員に対して交渉を行った。


辺野古新基地建設反対、日比谷野音で市民2500人が訴え 「高裁の判決は到底納得できるものではない」~糸数慶子議員、照屋寛徳議員も参加! 2016.9.28

記事公開日:2016.9.29取材地: 動画

 「あの判決文は、国の役人が書いたものではないかと言われるほど、国側の訴えを全面的に認めたもの。到底納得できるものではありません」「上告をしました。年内に最高裁の判決が出ます。しかし、もしかしたらこの上告審においても、沖縄の訴えを退けるかもしれません」

 湿度85%、9月末にしては珍しく蒸し暑い天候のなか、「9.28 日本政府による沖縄への弾圧を許さない集会~翁長知事への提訴 辺野古の工事再開 高江の工事強行を許さない!」が、2016年9月28日に日比谷野外音楽堂で開催された。


高江・ヘリパッド建設に反対する市民を機動隊が殴るのは「適切な警察活動」!? 民進党・初鹿明博衆院議員が防衛省・警察庁を追及! 高江現地へのヘリによる輸送品内容も明らかに 2016.9.28

記事公開日:2016.9.29取材地: テキスト動画

 「(機動隊が市民を)殴っている動画が出ているんだから、少なくとも殴った本人の事情聴取なり、しないとおかしいと思いますよ。明らかに犯罪ですよ」――。

 高江ヘリパッド建設に反対する市民らを強制排除した「Xデー」の7月22日、機動隊は、車の屋根に乗る市民らを次々に引きはがし、現場は大混乱になった。この日、機動隊が市民を殴った模様は、YouTubeにもアップされている。


東村・高江に向かう「島ぐるみ会議」のバス同乗 IWJレポート――機動隊に排除された全盲の男性「参加者はみんな同じ気持ちだから、全然怖くない」 2016.9.26

記事公開日:2016.9.26取材地: テキスト

 「高江での抵抗の頭数に入りたい。今日は約3時間の滞在だが、できることをしたい」

 東村・高江に向かうバスの中で、全盲の男性、渡嘉敷綏秀(とかしき すいしゅう)さんはマイクを握りながら、こう話した。2014年8月から、新基地建設が計画されている辺野古の現場に通い続けている渡嘉敷さんは、ヘリパッド建設工事が加速化され始めた今、高江の現場にも参加するようになった。

 座り込み抗議をした辺野古では、機動隊の排除に遭ったこともある。しかし、「参加者はみんな同じ気持ちだから、全然怖くない」と話した。


第30回伏見戦争展「沖縄 怒りは限界を超えた!」 ―屋良朝博氏(元沖縄タイムス論説委員・フリーランスジャーナリスト)講演ほか 2016.9.25

記事公開日:2016.9.26取材地: 動画

 2016年9月25日(日)14時より、龍谷大学深草キャンパス(京都市伏見区)で第30回平和のための伏見戦争展「沖縄 怒りは限界を超えた!」が開かれ、元沖縄タイムス論説委員でフリージャーナリストの屋良朝博氏が講演した。