【特別寄稿】あの『桜を見る会』は3月14日の下関市長選のための買収だった!『桜を見る会』招待は2017年の下関市長選の論功行賞であっただけでなく、今年2021年3月14日に投開票される下関市長選での前田市長再選が狙い! 2021.3.10

記事公開日:2021.3.10 テキスト動画

 「桜を見る会」疑惑の年内決着狙いの“クリスマスイブ会見”以降、表舞台で見かけなかった安倍晋三・前首相が2021年3月7日、「下関市長選」(3月14日投開票)の出陣式に現れ、二期目を目指す直系市長・前田晋太郎候補への支持を呼び掛けたのである。


安倍前総理の「桜を見る会」前夜祭問題を告発した市民団体が不起訴処分を不服として検察審査会に審査申し立て!~1.4 桜を見る会における安倍晋三元総理の公職選挙法及び政治資金規正法違反不起訴処分について記者会見 2021.1.4

記事公開日:2021.1.11取材地: テキスト動画

 2021年1月4日(月)13時より、東京都千代田区の司法記者クラブにて、「税金私物化を許さない市民の会」の主催により、「桜を見る会における安倍晋三元総理の公職選挙法及び政治資金規正法違反不起訴処分」についての記者会見が行われた。安倍前総理の不起訴処分を不服として、検察審査会へ審査を申し立てたことを明らかにした。


モリ・カケ・サクラ・・・私たちは闘いつづける!! ―対談:木村真氏(豊中市議・森友学園問題を考える会)VS 相澤冬樹氏(大阪日日新聞記者)、白井聡氏(京都精華大学専任講師) 2020.12.11

記事公開日:2020.12.22取材地: 動画

 2020年12月12日(土)、大阪府豊中市内で開催予定だった市民集会「モリ・カケ・サクラ・・・私たちは闘いつづける!! 」は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受け、中止となった。この集会に代わり、豊中市議・森友学園問題を考える会の木村真氏、大阪日日新聞記者の相澤冬樹氏、京都精華大学専任講師の白井聡氏らが対談した。集会に参加予定だった森友・加計学園、桜を見る会の問題について追及してきた田村智子議員(日本共産党)、福島瑞穂議員(社民党)、森裕子議員(立憲民主党)らのメッセージビデオも紹介。


菅総理の政治資金規正法違反疑惑について、聞いているのは法制度の解釈! 前夜に質問取りまでしておいて、「個別の調査権がない」と繰り返す武田大臣の顔には薄笑いが!〜12.4 武田良太 総務大臣 定例会見 2020.12.4

記事公開日:2020.12.4取材地: テキスト動画

 前日の夜に質問取りまでしておいて、総務省の官僚は、あえてこちらの質問意図とは異なる答弁を用意したのか? IWJ記者の質問に薄笑いを浮かべ、手元の資料に目を落としながら答弁する武田良太総務大臣の姿からは、省をあげての意図的な「はぐらかし」が感じられた。

 週刊ポスト12月11日号(11月27日発売)が、菅義偉総理が2014年と2015年に横浜市内のホテルで開いたパーティー「春の集い」について、政治資金収支報告書に記載がないことを報じた。


郷原信郎弁護士が「桜を見る会」追及本部ヒアリングで2019年度の収支報告書に着目!疑惑追及後になお虚偽記入を繰り返した、強制捜査するべき悪質さだと指摘!~12.3 第37回 総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリング 2020.12.3

記事公開日:2020.12.3取材地: テキスト動画

特集 野党合同ヒアリング
※2020年12月24日テキスト追加しました。

 安倍晋三前総理の後援会が主催した「桜を見る会」前夜祭をめぐる、公職選挙法違反や政治資金規正法違反の疑惑について、安倍総理は12月4日、国会内で記者団に対し、東京地検特捜部の任意聴取に応じることを表明した。


元国務大臣秘書官・中原義正氏「不公平は我慢できる。だが、不公正は我慢できない。我々が立ち上がるほかに日本を直す方法はない。~10.29林真琴検事総長の罷免を求め検察官適格審査会審査請求を行う市民有志による記者会見 2020.10.29

記事公開日:2020.11.4取材地: テキスト動画

 2020年10月29日(日)午後1時から、東京都千代田区の東京高裁にて、「林真琴検事総長の罷免」を求めて、検察官適格審査会審査申立書を提出した市民有志による記者会見が行われた。


共産党・田村智子参議院議員「詐欺容疑で逮捕されステージが変わった」「やっぱり再調査が必要でしょ」!! ジャパンライフ被害者も出席!!~9.24野党による、第35回 総理主催「桜を見る会」追及本部 2020.9.24

記事公開日:2020.9.25取材地: 動画

 2020年9月24日(木)13時より東京都千代田区の衆議院本館にて、野党による第35回 総理主催「桜を見る会」追及本部ヒアリングが行なわれ、ジャパンライフ元会長らが逮捕された件について、ジャパンライフ被害者弁護団の石戸谷弁護士と被害者男性2人が同席し、関係省庁を追及した。


ジャパンライフ元会長・山口隆祥容疑者はじめ14名が詐欺容疑で逮捕!「桜を見る会」がジャパンライフと詐欺被害者を結びつけた!政府は再調査はしない方針?~9.18野党による第34回総理主催「桜を見る会」追及本部 2020.9.18

記事公開日:2020.9.18取材地: 動画

 磁気治療器などを「レンタルオーナー制度」と称して販売していたジャパンライフの山口隆祥元会長ら十数名が詐欺容疑で逮捕された件で、9月18日衆議院本館にて、野党議員が内閣府、内閣官房、消費者庁、法務省に対して聴き取りを行なった。


安倍総理は「心配事」で政権投げ出す!? 河井案里容疑者が選挙資金還流を供述か?不正の隠蔽や利権の維持は菅新政権へ継承!? 岩上安身によるインタビュー 第1010回 ゲスト ジャーナリスト・山岡俊介氏 2020.9.13

記事公開日:2020.9.12取材地: 動画独自

※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちらから

 岩上安身は9月10日、「アクセスジャーナル」編集長であり、「#ケチって火炎瓶」報道で知られる山岡俊介氏をお迎えして、インタビューを行なった。

 今回のインタビューでは、安倍総理の潰瘍性大腸炎悪化は本当なのか、そして、6月に公選法違反(買収)の罪で逮捕された河井克行・案里夫妻の選挙資金が安倍事務所に還流していた疑惑について、その後の展開を山岡氏にうかがった。


安倍総理と安倍晋三後援会の代表者ら2名を被告発人として、弁護士、法学者ら662名が告発!~5.21「『桜を見る会』を追及する法律家の会」による、「桜を見る会」告発状提出 2020.5.21

記事公開日:2020.5.21取材地: 動画

 2020年5月21日、東京千代田区の弁護士会館前に、東京合同法律事務所の泉澤章弁護士ら6名の弁護士が集合。法学者と弁護士662名の告発状を段ボール箱2箱に詰めて持参し、東京地方検察庁に提出、告発を行った。


ミス連発のコロナ対策に隠された意図・背景!? 「緊急事態宣言」でインフル特措法を悪用させるな!! ~3.5岩上安身によるインタビュー 第986回 ゲスト 無所属・衆議院議員 小川淳也氏 2020.3.5

記事公開日:2020.3.11取材地: 動画独自

特集 #新型コロナウイルス | ◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!
※サポート会員の方は、全編映像を無期限でご覧いただけます! IWJ存続のためぜひご検討をお願いいたします。一般会員の方は、記事公開後2ヶ月間以内に限り御覧いただけます。→ご登録はこちら

 2020年3月5日(木)19時より東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による、無所属 小川淳也 衆院議員へのインタビューが行われた。


モリ・カケ・サクラ 〜 政治の“底割れ”と社会の“劣化” 対談 高村薫氏(作家)×青木理氏(ジャーナリスト)(豊中市) 2020.2.22

記事公開日:2020.3.4取材地: 動画

 2020年2月22日(土)14:00より、大阪府豊中市の豊中市立文化芸術センターにおいて、高村薫氏(作家)×青木理氏(ジャーナリスト)によるモリ・カケ・サクラ 〜 政治の“底割れ”と社会の“劣化” 対談が行われた。


【シリーズ・崩壊する安倍総理の国会答弁07】「桜を見る会」前夜祭で会場を提供したANAホテルが政権に「忖度ゼロ」の回答!安倍総理の虚偽答弁の可能性が濃厚になり自民党はホテル側に「圧力」をかけるも、市民のリテラシーが冷静に状況分析! 2020.2.23

記事公開日:2020.2.23 テキスト動画

 1月末から2月初頭にかけての参議院及び衆議院の予算委員会では、質問に立った野党議員がまず官僚から言質を取り、これまでの安倍総理の答弁の矛盾点を暴き出しながら回答不能に追い込んでいく手法が功を奏してきた。

 一方、たびたび答えに詰まる状況に陥った安倍総理の発言には、質問者の人格を攻撃する「逆ギレ」や「イチャモン」が日に日に増えてきた。


郷原信郎弁護士が怒る!!「検察は『権力ヤクザ』どころかヤクザ以下の『ゴロツキ』!!」黒川検事長定年延長問題からゴーン氏事件、下関市立大学問題まで「桜を見る会」と同根の「権力の私物化」!! 岩上安身によるインタビュー 第983回 ゲスト 郷原信郎弁護士 2020.2.13

記事公開日:2020.2.17取材地: 動画独自

特集 郷原信郎弁護士
※サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後2ヶ月間に限り、岩上安身インタビューの全編がご覧いただけます。ぜひ会員登録をご利用ください。→登録はこちらから

 2020年2月13日(木)16時30分より東京都港区の郷原総合コンプライアンス法律事務所にて、岩上安身が郷原信郎弁護士にインタビューを行った。黒川検事長の定年延長問題からゴーン氏事件、下関市立大学の問題まで、広範囲にわたり話をうかがった。


【シリーズ・安倍総理答弁の崩壊06】桜・招待者「募ってはいるが募集はしていない」!? 安倍総理のとんちんかん発言に思わず、共産党・宮本徹議員「募るというのは募集するのと同じ」! 参加者倍増原因は総理の「無責任さ」 2020.2.11

記事公開日:2020.2.11 テキスト

 日本共産党・宮本徹衆議院議員は、「桜を見る会」私物化問題を2019年5月9日から追及している。2020年1月28日の衆議院予算委員会で宮本議員は主に、第2次安倍政権以降、会の招待者が急増している点を指摘した。


【シリーズ・崩壊する安倍総理の国会答弁05】なぜかNHKの国会中継が一切なかった2月5日の国会で、無所属・小川淳也衆議院議員が「桜を見る会」問題でキレッキレの追及!「レッテルをはがすのは簡単です。領収書を出せばすぐ終わる話ですよ」 2020.2.10

記事公開日:2020.2.10 テキスト動画

 2020年2月4日の衆議院予算委員会における黒岩宇洋(たかひろ)議員に対して、ウラも取らず、事実確認もせずに「うそつき」呼ばわりした安倍総理の暴言については、ネット上などで「『うそつき』に『うそつき』と呼ばれても」といった皮肉や非難が巻き起こった。


【シリーズ・崩壊する安倍総理の国会答弁03】「個々の参加者が契約主体」の宴会は「安倍方式」と立憲民主党・辻元清美衆議院議員が命名!総理自ら「違法行為」に太鼓判を押せるのかと鋭く迫る! 2020.2.9

記事公開日:2020.2.10 テキスト動画

 「桜を見る会」前日に行われていた安倍晋三後援会主催の「桜を見る会前夜祭」の収支を巡り、それまで安倍総理は「収支がプラスマイナスゼロであるから、収支報告書に記載する必要がない」と答弁してきた。


【シリーズ・崩壊する安倍総理の国会答弁04】とうとう安倍総理は自分を棚に上げて立憲民主党・黒岩宇洋衆議院議員を「うそつき」呼ばわりするなど幼稚な発言を連発! しかしそれは「焦り」の裏返し? 2020.2.9

記事公開日:2020.2.9 テキスト動画

 2020年1月20日に始まった通常国会では、新型コロナウイルス肺炎やIR汚職、東京高検の黒川弘務検事長に関する異例の定年延長の問題などと並行して、「桜を見る会」問題の追及も連日行われている。

 安倍総理にとっては一抹の「追い詰められた」感があるのかもしれない。


【シリーズ・崩壊する安倍総理の国会答弁01】野党議員が予算委員会で「桜を見る会」問題について連日安倍晋三総理を厳しく追及!日本共産党・山添拓参議院議員は証拠物件を提示しながら官僚の言質を取り、外堀を埋めた上で安倍総理の主張の矛盾を可視化! 2020.2.9

記事公開日:2020.2.9 テキスト動画

 1月20日に始まった通常国会では、新型コロナウイルス肺炎やIR汚職、東京高検の黒川広務検事長に関する異例の定年延長の問題などと並行して、「桜を見る会」問題の追及が連日行われている。

 「桜を見る会」を巡る与野党間の最近の論戦では、この通常国会において政権が主張してきた答弁の矛盾点を突いた野党側の追及が冴えており、安倍晋三内閣総理大臣や内閣府の職員が狼狽し、審議が中断する場面が見られる。


【シリーズ・崩壊する安倍総理の国会答弁02】収支報告書への記載義務は「主催で有る無し」「収支の額」は無関係との言質を官僚から取った無所属・山井和則衆議院議員! 前夜祭の契約主体は「参加者個人」と強弁する安倍総理の珍回答に「ありえない答弁するな!」 2020.2.9

記事公開日:2020.2.9 テキスト動画

 2020年1月31日の衆議院予算委員会でも、安倍総理は「桜を見る会」の「前夜祭」の運営をめぐって無所属で野党統一会派の山井和則衆議院議員から追及を受けた。