着々と進む改憲への青写真!? 自民党は公明党との事前調整を断念するも、野党第2党・国民民主党の玉木雄一郎代表は、改憲国会協議に積極的な構え!? 2018.10.8

記事公開日:2018.10.8 テキスト

 「在庫一掃」「閉店セール内閣」など、第4次安倍改造内閣に批判が集まる中、その裏では改憲への準備が着々と進んでいるようだ。

 自民党は憲法改正案をめぐる公明党との事前の調整を断念。その代わりに、自民党の改憲4項目(緊急事態条項、9条改正、参院選合区解消、教育の充実)を議論の「たたき台」として、単独で衆参両院の憲法審査会に提示。その後、野党も含めた国会の場で協議を進めるという青写真を描いていると、10月6日の朝日新聞は報じている。


雨の中、2万7000人が国会前で安倍政権退陣を求めて抗議!山口二郎・法政大教授「一言で言って近代国家の崩壊!野蛮国家への逆行!」~安倍政権の退陣を要求する6・10国会前大行動 2018.6.10

記事公開日:2018.6.12取材地: 動画

 2018年6月10日(日)14時より東京都千代田区の国会議事堂正門前にて、6・10国会前大行動実行委員会の主催により、「9条改憲NO!政治の腐敗と人権侵害を許さない!『安倍政権の退陣を要求する6・10国会前大行動』が行われた。


東京では6万人が大集結!! 全国250ヵ所で開催・3000万人署名1350万人突破!怒りだけではなく楽しく闘っていこう!~9条改憲NO!平和といのちと人権を!5.3憲法集会 2018.5.3

記事公開日:2018.5.6取材地: 動画

 2018年5月3日(木)13時より東京都江東区の東京臨海広域防災公園にて、「9条改憲NO!平和といのちと人権を!5.3憲法集会」が開催された。


米・英・仏によるシリアへのミサイル攻撃は「武力行使の言い訳を『自衛権』と国連の『集団安全保障』だけに封じ込めてきた人類の多年の努力に唾を吐くものだ!」~ 伊勢崎賢治・東京外語大教授が米・英・仏による開戦法規違反を喝破! 2018.4.22

記事公開日:2018.4.22 テキスト

 「人類がやっとの思いで、武力の行使の言い訳を『自衛権』の行使と国連の『集団安全保障』だけに封じ込めてきた開戦法規(現在の国連憲章51条)に対するダメージは計り知れない」――

 国際政治学が専門の伊勢崎賢治・東京外語大教授は 4月13日、自身のツイッターで米・英・仏によるシリア攻撃は武力行使の正当化を規制してきた「開戦法規」を台無しにするものだと指摘し、IWJの取材に「人類の努力に唾を吐くものだ」とさらに強い表現で批判した。


安保法は「違憲」か「合憲」か!? 初めて司法で争えるチャンス!国が避けてきた議論を司法の場に引きずり出した東京高裁が、現役自衛官の訴えを門前払いした東京地裁に審理の差し戻しを命じる! 2018.2.9

記事公開日:2018.2.10 テキスト

特集 集団的自衛権
※2018年4月26日、テキストを加筆・修正しました。

 「国は安保法制をめぐる憲法議論を避けてきた。これは、国民に説明すると言ってきた国の対応と矛盾する。正々堂々と議論し、それにもとづいて司法が判断を下すことが望ましい。そうでなければ、既成事実だけがどんどん進んでしまう」――。


切迫する米朝危機・安倍改憲を前に市民と立憲野党「今年は総本山」~立憲民主・福山哲郎氏は国民投票法の危険性を強調!――戦争とめよう!安倍9条改憲NO!2018新春のつどい 2018.1.7

記事公開日:2018.1.9取材地: 動画

 2018年1月7日(日)14時より、東京都北区の北とぴあにて、「戦争とめよう!安倍9条改憲NO!2018新春のつどい」が開催された。憲法講演「安倍9条改憲の危険性」には、東京大学教授の石川健治氏が登壇した。


トランプ政権の北朝鮮政策は一貫性がなく支離滅裂! 太田昌克氏が指摘「不要な武力衝突、その先にある核戦争だけは絶対に避けたい」~自衛隊を活かす会 第15回シンポジウム 北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか 2017.12.25

記事公開日:2017.12.25取材地: テキスト動画

※2月3日テキストを追加しました。

 2017月12月25日(月)13時45分より、東京都千代田区の参議院議員会館にて、自衛隊を活かす会 第15回シンポジウム「北朝鮮の核・ミサイル問題にどう臨むか」が行われた。

 この日、登壇したのは、元陸上幕僚長の冨澤暉(とみざわ・ひかる)氏、共同通信編集委員の太田昌克氏、富山大学教授の今村弘子氏、元内閣官房副長官補の柳澤協二氏の4名。緊迫する北朝鮮情勢や、核・ミサイル問題について多角的な議論が行われた。


岡山弁護士会シリーズ憲法講演会No.16 安倍改憲案を検証する〜自衛隊を明記する憲法9条改憲の危険性〜 2017.12.9

記事公開日:2017.12.9取材地: 動画

 2017年12月9日(土)13時半より、岡山弁護士会主催により岡山弁護士会館(岡山市北区)で開かれたシリーズ憲法講演会No.16「安倍改憲案を検証する」で、一橋大学名誉教授・山内敏弘氏が「自衛隊を明記する憲法9条改憲の危険性」と題し講演を行った。


立憲民主党が初の憲法調査会を開会! 9条への自衛隊明記には反対!「憲法に自衛隊を明記しないことに意味がある」長谷部恭男早大教授がレクチャー~立憲民主党 第一回 憲法調査会 2017.11.21

記事公開日:2017.11.21取材地: 動画

 2017年11月21日(火)18時より、東京都千代田区の衆議院第一議員会館にて、立憲民主党による「憲法調査会 ―安保法制と憲法9条ついて」が行われた。


安倍9条改憲NO! 市民と立憲野党の共同で安倍内閣退陣を 生かそう憲法 守ろう9条 11・3憲法集会 in 京都 2017.11.3

記事公開日:2017.11.4取材地: 動画

 2017年11月3日(金・祝)13時半より京都市東山区の円山野外音楽堂にて、安倍9条改憲NO! 市民と立憲野党の共同で安倍内閣退陣を 生かそう憲法 守ろう9条 11・3憲法集会 in 京都が開催された。


9条改憲を許さない!アベ政治を終わらせよう! ―戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 11.3おおさか総がかり集会 2017.11.3

記事公開日:2017.11.3取材地: 動画

 日本国憲法公布から71年となる2017年11月3日(金・祝)、大阪市北区・中之島公園芝生広場で「9条改憲を許さない!アベ政治を終わらせよう!―戦争も、核兵器も、辺野古新基地もいらない 11.3おおさか総がかり集会」が13時半より開かれ、2万人(主催者発表)が参加した。


「自民党に入れたら必ず改憲される」――梓澤和幸弁護士が衆院選投開票日直前に緊急アピール! 米軍との一体化を可能にする9条3項加憲と緊急事態条項で日本は戦争に突き進み壊滅!? 2017.10.21

記事公開日:2017.10.21取材地: 動画独自

 2017年10月21日(土)15時30分より、東京都内にて、『改憲 どう考える緊急事態条項・九条自衛隊明記』著者で弁護士の梓澤和幸氏へIWJ記者がインタビューを行った。


【広告連動企画!!】 新刊『「日米指揮権密約」の研究』自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか 岩上安身によるジャーナリスト末浪靖司氏インタビュー 2017.10.7

記事公開日:2017.10.12取材地: 動画独自

 2017年10月4日(水)、6日(金)、7日(土)の3日間にわたり東京都港区のIWJ事務所にて、岩上安身による 創元社刊「『「日米指揮権密約」の研究』自衛隊はなぜ、海外へ派兵されるのか」 著者・ジャーナリスト末浪靖司氏にインタビューを行った。


248小選挙区で候補者一本化に成功!! 「9条改憲阻止」の一方「緊急事態条項 」の危険性は浸透せず!? ~市民連合「野党への政策実現と市民と野党の共闘 を強める要請」 2017.10.7

記事公開日:2017.10.7取材地: テキスト動画

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!
※2017年10月10日、テキストを追加しました。

 「合意ではありません。要望を、それぞれが受け止めたことになりますので」――立憲民主党・福山哲郎幹事長の「野党共闘」に対する歯切れは悪かった。

 2017年10月7日、東京・大手町の会議室で、「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)」が、立憲民主党、日本共産党、社民党の3党に「衆議院議員総選挙における政策要望書」を手渡した。10月22日投開票の衆院選へ向けて、市民と野党4党(民進、共産、自由、社民)の共闘を進めていた市民連合が、一連の民進党の解体と自由党の分裂を受け、あらためて3党に市民と野党の共闘を要請したものだ。


「ファシズムは身びいきの蔓延や腐敗から始まる」「ファシズムの兆候は全て戦争のきっかけであり、戦争の結果でもある」~伊藤真氏が基調講演!山城博治氏も発言!!――安保法制の憲法違反を訴える市民大集会 2017.9.28

記事公開日:2017.9.29取材地: 動画

 2017年9月28日(木)18時30分より東京都千代田区の日本教育会館にて、私たちは戦争を許さない―安保法制の憲法違反を訴える 市民大集会が開催された。


【緊急寄稿】「要警戒 安倍改憲の動き」~緊急事態条項の危険性をいち早く訴え続けてきた梓澤和幸弁護士がIWJに緊急投稿! 2017.9.17

記事公開日:2017.9.17 テキスト

 「9条1項、2項を残しつつ、自衛隊を明文で書き込む」――。

 2017年5月3日、憲法記念日にあわせて安倍総理が打ち出した「9条加憲」案をめぐり、マスコミでも「改憲問題」が扱われるようになった。

 しかし、その扱い方には大きな問題がある。危機感をもった梓澤和幸弁護士が、警戒を促す投稿をIWJに寄せた。


小森陽一東大教授が警告「『自衛隊』という三文字の裏には、海外での武力行使を可能にする集団的自衛権の行使容認が張りつき、憲法に書けば、1項・2項は空文化される」――安倍内閣の憲法9条改悪NO!リレートーク 2017.8.7

記事公開日:2017.8.22取材地: 動画

 2017年8月7日(月)、東京都千代田区の参議院議員会館にて、評論家の佐高信氏、小森陽一氏(東京大学教授)、山口二郎氏(法政大学教授)、社民党の福島みずほ参議院議員ほか、有識者、議員、市民らが参加し、「安倍内閣の憲法9条改悪NO!リレートーク」が行われた。主催は、自民党改憲案を考える超党派の議員と市民の勉強会。


憲法公開講座「憲法に自衛隊を明記することの意味を考える」(神戸市)―講師 青井未帆・学習院大教授 2017.8.5

記事公開日:2017.8.5取材地: 動画

 2017年8月5日(土)14時半より、神戸市立総合福祉センター(神戸市中央区)で兵庫県弁護士9条の会が主催する憲法公開講座「憲法に自衛隊を明記することの意味を考える」が開かれ、学習院大学法科大学院教授・青井未帆氏が講演した。


第17回左京フォーラム 君島東彦氏 講演会「安倍改憲案とわたしたちの平和構想―9条論の再創造―」 2017.7.30

記事公開日:2017.7.30取材地: 動画

 2017年7月30日(日)14時より、京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)で自由と平和のための京大有志の会と戦争をさせない左京1000人委員会の共催による第17回左京フォーラムが開かれ、立命館大学教授・君島東彦氏が「安倍改憲案とわたしたちの平和構想―9条論の再創造―」と題し講演を行った。


みんなで決めよう島の未来〜市民ファーストでミサイル基地ストップ〜(石垣市) 2017.7.22

記事公開日:2017.7.22取材地: 動画

 2017年7月22日(土)19時半より、石垣市民会館(沖縄県石垣市)で、石垣島への自衛隊配備に反対し集会「みんなで決めよう島の未来〜市民ファーストでミサイル基地ストップ〜」が開かれた。石垣島に軍事基地をつくらせない市民連絡会の主催。