【シリーズ『パレスチナの民族浄化』を読む第2弾!】イスラエルの暴力的建国は公文書によって裏づけられた!ガザ弾圧の起源!~ 岩上安身が東京経済大学 早尾貴紀准教授にインタビュー 2018.4.14

記事公開日:2018.4.14取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 中東
※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年4月14日(土)13時半より東京都港区のIWJ事務所にて、シオニズム(ユダヤ・ナショナリズム)について多角的な視点を持つ東京経済大学の早尾貴紀准教授に岩上安身がインタビューを行った。2018年1月25日のインタビューに続く第2弾。

■ハイライト

■シリアミサイル攻撃速報編

  • タイトル イスラエル軍がガザ地区のデモに発砲!今なお続く弾圧の起源を暴く!パレスチナに対する民族浄化「大災厄(ナクバ)」岩上安身による東京経済大学・早尾貴紀准教授インタビュー 第2弾
  • 日時 2018年4月14日(土)13:30〜16:00
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です