「連日、国会を囲んでやりましょう!」SEALDsと総がかりが全世代に緊急抗議行動を呼びかけ――14日からの最終決戦で安倍政権を追いつめる! 2015.9.11

記事公開日:2015.9.14取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:阿部洋地、写真:城石裕幸、記事:ぎぎまき)

 「連日(国会を)囲んでやりましょうよ。そう簡単には通させないですよ。連日、連日、足を運んで声をあげていきましょう!」

 1万人を集めた2015年9月11日の国会前で、SEALDsの奥田愛基さんが呼びかけた。

 安倍総理は今月26日、国連総会出席のために渡米する。事実上の会期末となるのは25日だが、21日からは3連休を挟む。反対運動の盛り上がりを恐れる政府与党は18日までに強行採決に踏み切ると見られており、今週がその最後の山場。

 これまで国会周辺の運動をリードしてきたSEALDsと総がかり行動実行委員会は14日を皮切りに、連日、国会前を人の波で埋め尽くす狙いだ。

■ハイライト

元経産官僚、古賀茂明氏「安倍政権はこのデモを恐れている」

 「このデモに来ている人は違うでしょ。忘れないですよ僕らは。そんなバカじゃない。怖がってますよ、安倍政権は」

 この日も、参加者の中から学生や学者などが次々とスピーチした。参加人数の「頭数」になるため、ほぼ毎週国会前に足を運んできたという元経産官僚の古賀茂明氏が久しぶりにマイクを握った。

▲古賀茂明氏

 「デモをやったって変わらないなと思っている人もいるかもしれない。でも、変わってますよ。カジノ法案、諦めましたよ、もう。(改正労働者)派遣法は行っちゃったけど、残業代ゼロ法案、止まってますよ。新国立競技場だって焦って白紙撤回したじゃないですか。

 なぜですか? 国民の声を怖がってるんですよ。

 安倍さんは国民を馬鹿だと思ってますよ。1番、国民はどんなに怒ったって時間が経てば忘れる。2番、何か他のテーマを与えれば気がそれる。3番、安倍さんが大きな声で叫び続ければいつか信じる、そう思ってたんですよ。

 でも、このデモに来ている人は違うでしょ。忘れないですよ僕らは。そんなバカじゃない。怖がってますよ、安倍政権は。

 いろんな記者からオフレコのメモをもらいます。ある官房長官は記者に逆取材してますよ。SEALDsのあのデモ、次どうなるのって。何人くらい集まりそうって。恐いんですよ。

 数が集まることも恐いんですけど、もう一つ大事なことは、ここに集まってるのは普通の人々ですよ。政権から見たら、もしかしたら全国にいる普通の人々が立ち上がるんじゃないか、それが恐くてしょうがないんですよ。だから急いで解決したい。でも、まだできない。だから、もうちょっとなんです。もうちょっと頑張りましょう」

高校2年生の光さん、「無関心でいられても、無関係でいられない」同世代に呼びかけ

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です