1万2千人が新宿歩行者天国に集結、伊勢丹から紀伊国屋まで抗議のプラカード――学生と学者が「安保法案」に反対の声 2015.9.6

記事公開日:2015.9.7地域: テキスト 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJ・青木浩文)

 「新宿のホコ天にこんなに人が集まっているのを見たことありますか?」

 学生からなる団体「SEALDs」の中心メンバー奥田愛基さんは、伊勢丹新宿店前の歩行者天国を埋め尽くした人々に向かって、こう問いかけた。

 「8月30日の島根の(安保法案に反対する)デモの数、750人。超ヤバイっすよ。俺、島根の高校に行っていたけど、750人いっぺんに見たことない。そういうことが全国で起こっている」と語り、安保法案に反対する国民の声が、着実に日本各地に広がっていることを訴えた。

 「SEALDs」と「安全保障関連法案に反対する学者の会」が共同で、同法案に反対する抗議集会を、2015年の9月6日(日)に、買い物客でにぎわう東京・新宿で行なった。

 参加人数は主催者発表で1万2千人。伊勢丹新宿店の前の歩行者天国は、「憲法守れ」、「War is over if you want it」、「アベ政治を許さない」などのプラカードを掲げる人々で溢れかえり、その中には公明党の支持母体である創価学会の「三色旗」もはためいていた。プラカードを掲げた参加者の姿は、百貨店に挟まれた新宿通りの4車線に延々と続き、伊勢丹から150メートルほど先にあるビックロや紀伊国屋本店の店舗の前にも確認された。

 集会では、学生、学者、そして政界から計10名がスピーチを、そして1万2千人が共に安保法案反対のコールを行い、新宿の百貨店街に響き渡った。ステージに向かって左手に伊勢丹、右手に丸井のビルが、通りを埋め尽くした参加者を挟み込むようにしてそびえ立ち、まるでその空間自体がスピーカーとなり、集会の声がその中でずっしりと響いているようだった。その雰囲気は、過去にSEALDsが主催した人の流れの激しい渋谷でのデモや、広い空間が広がる国会前での抗議集会とも異なるものだった。

 「安全保障関連法案に反対する学者の会」の呼びかけ人である学習院大学教授の佐藤学氏によれば、学生と学者の会が、7月31日に第一弾の共同行動を砂防会館(東京・千代田区)で開催した際は、参加者4000人だったとのこと。それから一ヶ月余りで、同法案に反対の声をあげる人々が、格段に増えていることに手応えを示した。

 その上で、「私たちはこの歩行者天国をハイジャックしました。この力で安倍から日本を取り戻しましょう」とステージから呼びかけ、一週間後に再度抗議集会を開催すると述べた。

 また、安倍首相が4日、参議院平和安全法制特別委員会の審議中にもかかわらず、委員会には出席せず、大阪市でよみうりテレビのバラエティー番組2本(『情報ライブ ミヤネ屋』、『そこまで言って委員会NP』)に出演したことに触れ、「安倍首相は卑怯者です。国会で答弁が怖くなったら、国会を逃げ出して、テレビに逃げていったじゃないですか。私たちは逃げ出す総理はいりません!国会を棄てる総理はいりません!」と、厳しく断じた。

■ハイライト

  • スピーチ 栗栖由喜さん(国際基督教大学4年)/永田和宏氏(京都大学名誉教授・京都産業大学教授、細胞生物学、歌人)/佐藤大さん(大学4年生)/廣渡清吾氏(東京大学名誉教授・専修大学教授、法学、日本学術会議前会長)/海部宣男氏(国立天文台名誉教授、天文学)/さくらさん(大学3年生)/浅倉むつ子氏(早稲田大学教授、法学)/蓮舫氏(参議院議員、民主党代表代行)/吉田忠智氏(参議院議員、社民党党首)/二見伸明氏(公明党元副委員長)/志位和夫氏(衆議院議員、日本共産党委員長)/奥田愛基さん(明治学院大学4年)/佐藤学氏(東京大学名誉教授・学習院大学教授、教育学)
  • タイトル 「安全保障関連法案に反対する学生と学者による共同街宣@新宿」
  • 日時 2015年9月6日(日)15:00~17:30
  • 場所 新宿伊勢丹前・歩行者天国(東京都新宿区)
  • 主催 SEALDs(自由と民主主義のための学生緊急行動)/安全保障関連法案に反対する学者の会詳細、PDF)

「常識外の行動をして、立憲主義を踏みにじった総理の言葉をいったい誰が信用するのか」――蓮舫・民主党代表代行

 政界からは民主党代表代行の蓮舫氏、社民党党首の吉田忠智氏、元公明党副委員長の二見伸明氏、そして、日本共産党の志位和夫委員長がスピーチを行った。

 蓮舫氏は国会での審議を通して、この法案の欠陥が明らかになっているとして、「なんで自衛隊が地球の裏側まで行って、米軍の後方支援をして、核弾頭を運べるようにするんですか?劣化ウラン弾を運べるようにするんですか?クラスター爆弾を運べるようにするんですが?安倍総理は『常識的にそんなことするはずがない。そんなことわかるじゃないか』と言いました。しかし、常識外の行動をして、立憲主義を踏みにじった総理の言葉をいったい誰が信用するんでしょうか」と、安倍総理の姿勢を強く批判した。

 さらに続けて、「これらの法案が通ったら、自衛隊は防衛大臣が判断をすれば、地球のどこでも米軍の空母を、米軍のステルス戦闘機を、たったひとりの自衛官が守れるようになるという。撃たれたらどうするのか。魚雷が撃ち込まれたらどうするのか。現場の判断で撃ち返す、という。これを一般的には『戦争が始まること』というのではないのか。安倍総理は、『安全な場所でやるからだいじょうぶだ』と言う。世界のどこに、安全な場所だから武器や弾薬を守ってくださいという場所が、いったいどこにあるのでしょうか」と訴え、参加者から賛同の喝采を浴びた。

「私が、何百万という借金をしながら何を学んでいるのは、抑圧者の権力に抗い、それと戦う知性です」

関連記事


14件のコメント “1万2千人が新宿歩行者天国に集結、伊勢丹から紀伊国屋まで抗議のプラカード――学生と学者が「安保法案」に反対の声

  1. ハイジャック【hijack】
    乗物、特に飛行機を運行中に乗っ取ること。

    広辞苑第六版より

    1. ハイジャック【hijack】(はいじゃっく)
      乗物(のりもの)、特(とく)に飛行機(ひこうき)を運行中(うんこうちゅう)に乗(の)っ取(と)ること。

  2. そら新宿の歩行者天国ならいくらでも人はいるだろ。
    っていうか迷惑だからもっと人が少ないところでやれ

  3. ホコ天は乗り物なんですね?
    笑わせてくれますね
    ハイジャックしたら犯罪ですよ?

  4. ハイジャックに関する認識を確認するコメントが消されたのですがどういうことでしょうか?

  5. 公共の場を『乗っ取る』という発想。
    それを『ハイジャック』と称してしまう知性。
    そして広報として活動するIWJ。

    ぜひ日本国民に広く知って欲しい情報ですね。

  6. 歩行者天国を政治的な集会で占拠するのはいかがなものでしょうか?
    当然に無許可だからこそ、ハイジャックと僭称しているのでしょうが…
    こういう人たちを見て、一般の人は無法者だと見るでしょう。
    どんなに偉い肩書きの学者だろうと国会議員だろうと、
    憲法(ルール)を守れ!と豪語する本人がルール違反を犯して本末転倒です。
    これだから、こういうのは「オコチャマのお祭り騒ぎ」にしか映らないのです。

  7. この変な流れが結果として国民の全員の政治参加・意識の向上につながればいいですね

  8. 違憲だからアベ止めろと言ってる団体が、日本では出来ない歩行者天国のデモ、集会をやり。
    それに参加する民主の蓮舫さん。「常識外の行動をして、立憲主義を踏みにじった総理」
    あなたの常識外の行動は問題では無いのですか?と貴方に聞きたいですね。
    本当はそのデモや集会を止めるべき立場では無いのですか?貴方はルールを守れと言ってる側の
    しかも議員ですよ。
    それに、これを主催しているのが憲法学者じゃないですか!あなた達は、そこでデモしてはいけない事を
    誰よりも理解している人達なのに、何で無許可でやるんですか?
    あなた達が出したプラカードをあなた達に出しますよ
    「憲法守れ」

  9. そして、この歩行者天国でに集会やデモは
    シールズさんや学者さん、そして特に蓮舫さん
    責任を取りなさいよ。それは法令と言う事では無く
    あなた達がやった事は、無許可デモを新宿のど真ん中で
    やっても、問題にならないと言ってしまったんですよ
    あなた達の行動でね、あなた達を左翼とは言いません
    でも、今後、左翼運動や右翼運動の際に
    各、歩行者天国で無許可デモを行った団体に
    文句は言えないと言う、最悪の前例を政治家自ら
    やってしまった事を一度自覚した方が良いですよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です