2015/08/12 「自衛隊が米軍の指揮下に入るのは間違いない」――“調整メカニズム”で「軍軍間」協力!? 秘密文書で発覚した「独立と主権を蔑ろにする異常な対米従属」小池晃議員に岩上安身が訊く!  

記事公開日:2015.8.13
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「日本の独立と主権を蔑ろにする異常な対米従属の姿勢だというふうに言わざるを得ません」

 防衛省の秘密文書で、すでに安保関連法案の成立を前提とした自衛隊の「日程表」が存在していることが明らかになった。2015年8月11日の国会で日本共産党の小池晃議員が暴いた。

 文書は「8月に法案成立。2月に法施行。南スーダンPKOについては年明けの2月から新法制のもとで運用する」と記述し、「平時から利用可能な常設の同盟調整メカニズム(ACM)」へ変更されるとも明記。さらに、ACM内には運用を調整する「軍軍間」の調整所が設置されるという。「軍軍間」の調整所に関しては、ガイドラインにも安保法案にも書かれていない、まったく無根拠な新たな仕組みだ。

 国会を無視し、忠実に「日米新ガイドライン」に沿って、自衛隊を米軍に差し出そうとする安倍政権。その対米追従姿勢を厳しく糾弾した小池議員に翌12日、岩上安身が緊急インタビューを行った。

 インタビューで小池議員は「自衛隊がいつから軍になったのか。結局、日米の共同司令部ですよ」として「一体化」に言及。「日米の軍備には圧倒的な力の差があるんです。主体的に判断なんてできませんよ。自衛隊が米軍の指揮下に入ることは間違いない。主体的な判断で空中給油なんてできるわけがない。米軍の指揮下でしかできないんです」と指摘した。

 以下、インタビューの詳細な実況ツイートをリライトして掲載する。

  • 日時 2015年8月12日(水) 17:00過ぎ~
  • 場所 共産党党本部(東京都渋谷区)

国会の存在をまるで無視した自衛隊の「日程表」、8月成立、2月施行!?

岩上安身(以下、岩上)「本日は昨日の国会で“爆弾”質問をした日本共産党・小池晃議員のもとにきました。よろしくお願いします」

小池晃(以下、小池。敬称略)「“爆弾”という言葉は好きではないんですけどね。よろしくお願いします」

岩上「防衛省の統合幕僚監部が5月時点で、安保法制成立を前提とした『今後の方向性』を検討していたという衝撃の内部文書を11日、小池晃議員が委員会で暴露。『まさに戦前の軍部の独走だ』と批判されました。

 中谷大臣は答弁不能で委員会は散会。内部文書の『日程表』には、『8月に法案成立。2月に法施行。南スーダンPKOについては年明けの2月から新法制のもとで運用する』と記述がありました」

小池「5月の時点では、南スーダンへの自衛隊派遣が延長されることも決まっていませんでした。ようやく延長が決まったのが先週8月7日のことですよ。国会無視です。この内部資料は統合幕僚監部が出していました」

岩上「資料はどこから入手されたんですか?」

小池「情報源の秘匿は鉄則です。これだけは言えますが、戦争法案に怒っている人は自衛隊の中にもいます」

この法案は「違憲か否か」だけでなく、「属国か独立国か」が問われている

小池「この戦争法案は『日米新ガイドライン』の具体化です。ようは米国との合意をまずやって、そこで決めたものを後から法制化するということです」

岩上「ガイドラインは国会で審議されたことがありません。しかも、法的にカバーしていない部分まで合意してしまっている」

小池「憲法違反です。そんな大事なことを『2+2(ツープラスツー:日本の外務大臣と防衛大臣、米国の国務長官と国防長官で行われる閣僚会議)』と総理大臣だけで決めてしまった。この話に右も左もなく、『日本の主権はどこにあるのか』という話です」

岩上「小池さんは国会でこれについて『日本の独立と主権を蔑ろにする異常な対米従属の姿勢だというふうに言わざるを得ません』とおっしゃっています。日本共産党というか、日本愛国党とも言えるようなご発言です。法案が違憲かどうかだけでなく、この国が属国か主権国家かが問われています」

小池「日米新ガイドラインがすべての出発点です。政府はあくまで『指針』と言いますが、今回、いかにガイドラインを実行するかを決める法案だということが率直な形になりました。中谷防衛大臣が『突然のご指摘でございまして、ご提示をいただいている資料がいかなるものかは、承知をいたしておりません』と言っていましたが、内部文書の資料は事前に理事会に提出し、配布していい、と言われたので配付したんです」

岩上「ということは中谷大臣、オトボケだったんですか?」

小池「オトボケです。2時間も前に持っていたんです。国会では事前配付のルールがありますから」

岩上「知らなかった、と中谷さんが言えば文民統制が機能していないことになります」

小池「知っていた、と答えれば、やってはいけないことと知ったうえでやっていたことになります。つまり、どっちをとっても行き詰まりです。答弁では承知していない、というようなこと言っているから大問題ですよ」

「調整メカニズム」は鴨(自衛隊)がネギ背負って鍋に飛び込むようなもの

小池「内部文書にも書かれている『同盟調整メカニズム』は今回のガイドラインの肝です」

岩上「この文書では、これまでの『武力攻撃事態等において運用される調整メカニズム(BCM)』から、日米新ガイドラインで設けられた『平時から利用可能な常設の同盟調整メカニズム(ACM)』へ変更されることが明記されています」

小池「調整メカニズムは有事の際に米軍と自衛隊が調整するというものでした。しかし、今度の日米新ガイドラインでは平時からです。ここまではガイドラインに書かれている。ですが、今回の内部文書では、運用を調整する『軍軍間』の調整所が設置されるということになっています。これはガイドラインにも出ていません。

 自衛隊がいつから軍になったのか。結局、日米の共同司令部ですよ。日米の軍備には圧倒的な力の差があるんです。主体的に判断なんてできませんよ。自衛隊が米軍の指揮下に入ることは間違いない。主体的な判断で空中給油なんてできるわけがない。米軍の指揮下でしかできないんです」

岩上「学習院大学教授・青井未帆さんは次のように言っています。

 『“制服組”(自衛官)が実際の知識を持っているんです。米国とデータを共有しているので、事実上の指揮権が日本にあるとは考えられない。米軍の制服組を中心に決定されていくことになるのではないか、ということです。専門家である制服組の意見に政治がどう異論を挟めるでしょうか。そう考えると、NSC(国家安全保障会議)での議論が形式的なものになる可能性が高い』と」

小池「米国と合意した。それがすべてなんです。国会は関係ない、ということです」

岩上「全世界の戦費の50%が米軍。でも、財政赤字でパンパン。GDPも17%程度。だから肩代わりする。それが日本の現状です」

小池「鴨がネギ背負って自分から沸騰した鍋に飛び込むようなものです」

自衛隊が米軍と一体化して独走する仕組作り、背景には「対米従属」

岩上「首相動静をみると、安倍総理は、昨年末から河野克俊統合幕僚長と20回以上会談していることがわかります。今年の2月19日には、中谷防衛大臣、外務省の平松賢司総合外交政策局長、丸山則夫アフリカ部長、防衛省の深山延暁運用企画局長、河野克俊統合幕僚長らと会談しています」

小池「中谷大臣はこの内部資料の中身は知っていたと思いますよ」

このアーカイブの完全版は、IWJサポート会員のみ閲覧・視聴ができます。
サポート会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、
お手数ですが office@iwj.co.jp までお問い合わせください。

■岩上安身によるインタビュー記事

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


3件のコメント “2015/08/12 「自衛隊が米軍の指揮下に入るのは間違いない」――“調整メカニズム”で「軍軍間」協力!? 秘密文書で発覚した「独立と主権を蔑ろにする異常な対米従属」小池晃議員に岩上安身が訊く!

  1.  おそらくこれは矢部宏治さんの『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』の274ページに書かれている「統一指揮権密約」に関係しているのではないでしょうか。-日本国内で有事、つまり戦争状態になったとアメリカが判断した瞬間、自衛隊は在日米軍の指揮下に入ることが密約で合意されているー 「日本国内有事」が「存立危機」によって海外にまで拡大する。そういう事ではないでしょうか。(この密約については、昭和60年6月19日衆議院外務委員会で共産党の岡崎万寿秀議員が質疑を行い、安倍首相のお父さんの安倍信太郎外務大臣が息子と同じような答弁をしています)

  2. 詳細までは当然わからないことではあったものの、国会・国民の理解なしに、自衛隊が“勝手に”米軍との一体化を進めていることは予想されていたことですが、こうして内部資料が暴露されれば、政府もとぼけるわけにはいかないわけですね。

    しかし、現実どこまで一体化を進めているか(現時点で一体化だと政府が認めれば、違憲ということになるので、決して認めないのでしょうが)? 相当進んでそうではないですか! 現在審議中の安保法制が廃案になった場合、現実に動いている“一体化”は名実ともにふりだしに戻せるのでしょうか? またふりだしに戻したことを、国会(=国民)に証明せよ!と迫れるのでしょうか? 当然そうすべきだし、そうしてほしいのですが。主権者たる国民の思いです。

  3. 米国は世界中であらゆる裏工作を展開しているので、驚くに足らずだと思います。
    問題は、日本人の対米従属根性が抜き差しならない段階に来ているという事でしょう。
    日本の若者は自衛隊志願を対米従属が解消されるまで止めた方が身の為、日本の為でしょう。
    自衛隊員が不足した分は地元消防団が力になってくれるでしょう。

    共産党の志位委員長が出演したビデオニュース5金スペシャル「 もしも共産党が政権の座に就いたなら」
    のタイトルに興味があったので視聴しました。
    期待した明快な返答は無く、質問者側も相変わらずやや遠慮がちにゴニョゴニョと言葉の羅列に終わった印象です。
    だから志位さんはビデオニュースに出たのでしょう。視聴した者ととしては、やはり時間の無駄でした。
    小池さんも来年の参院選の野党共闘の戦略について、手の内を明かさないよう逃げ回っていました。
    志位さんが岩上さんのインタビューに応じたがらないのは、鋭い質問を避けたいからではないかと思います。
    余り探ってくれるなと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です