「PCR検査について、様々な、必要とされている方やリスクの高い方に、予防的にやっていくという面もあるので、戦略的に裾野を広げていこうとしているわけであります」~7.7西村康稔全世代型社会保障改革担当大臣定例会見 2020.7.7

記事公開日:2020.7.7取材地: テキスト動画

 2020年7月7日(火)午後5時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館・会見室にて、内閣府 西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣の定例記者会見が行なわれた。

 冒頭、西村大臣からの報告はなく、そのまま、各社記者と西村大臣との質疑応答となった。同日発表された家計調査(2020年5月分)の内容についての質問が一つあった他はすべて新型コロナウイルス対策に関するものであった。


新型コロナ分科会会長 尾身茂氏「新規感染者数を見ると第二波を心配する材料はあるが、重症化患者も少なく、病床も確保されており、PCR含め検査数も増えている」~7.3西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 定例会見 2020.7.3

記事公開日:2020.7.3取材地: 動画

 2020年7月3日(金)18時より、東京都千代田区の中央合同庁舎にて、新型コロナ対策担当大臣の西村康稔氏、新型インフルエンザ等対策有識者会議基本的対処方針等諮問委員会会長で地域医療機能推進機構〔JCHO〕理事長尾身茂氏による会見が開かれた。


新型コロナ専門家会議解散!そして分科会へ!! 専門家会議の面々は「前のめりでやり過ぎたと、反省もされている」と西村大臣が見過ごせない発言! ~6.26西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 定例会見 2020.6.26

記事公開日:2020.6.26取材地: テキスト動画

 2020年6月26日(金)午前10時50分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 全世代型社会保障改革担当大臣 の定例記者会見が行なわれた。

 IWJ記者は以下のように質問した。


専門家会議は意思決定機関ではないので名前入り議事録はなくていい!? 西村康稔(やすとし) 全世代型社会保障改革担当大臣「全世代型社会保障検討会議後会見」 2020.6.8

記事公開日:2020.6.9取材地: テキスト動画

 6月8日、西村康稔全世代型社会保障改革担当大臣が「全世代型社会保障検討会議」の後で記者会見を行った。

 西村大臣は冒頭で、同日発表の「景気ウォッチャー調査」について報告した。


6月中旬には利用可能となる新型コロナウイルス感染拡大防止のための「接触確認アプリ」とは?コロナに乗じて監視社会に突入か!? ~5.26 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣定例会見 2020.5.26

記事公開日:2020.5.26取材地: テキスト動画

 2020年5月26日(火)午前11時20分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行なわれた。

 冒頭、西村大臣より、「接触確認アプリ」についての説明があった。


「早期に収束させることが経済回復にもプラスである。長引けば長引くほど、ずーっと止めていなくてはならなくなる。この大きな波を早く収束させることが大事だということだ!」~5.22 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣 定例会見 2020.5.22

記事公開日:2020.5.23取材地: テキスト動画

 2020年5月22日(金)午後6時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行なわれた。

 冒頭、西村大臣より、会見に先立って開催された、「第7回全世代型社会保障検討会議について、主に、「フリーランスの実態調査結果と政策の方向性」、そして、「新型コロナウイルス感染症の感染拡大を踏まえた社会保障の新たな課題」について、議事次第に沿った簡単な報告があった。


米モデルナ社が新型コロナワクチンの臨床試験で治験参加者すべてに抗体を確認!大阪府・阪大共同開発のワクチンの国際競争力についてたずねるも、大臣からは明確な回答なし!~5.19 西村康稔(やすとし) 新型コロナ対策担当大臣 定例会見 2020.5.19

記事公開日:2020.5.19取材地: テキスト動画

 2020年5月19日(火)午前9時40分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行なわれた。


大企業への出資額拡大!! IWJ記者「巨額の内部留保がある大企業よりも、中小企業の手当に全力を注ぐべきでは?」西村大臣「ご指摘のとおり。すべての企業が苦しい状況だ」~5.12 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣 定例会見 2020.5.12

記事公開日:2020.5.18取材地: テキスト動画

 2020年5月12日(火)、午後5時40分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館1階会見室にて、内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の閣議後の記者会見が行われた。


「いずれにしろ検査数は増やしていかなければならない。そういった方針で臨んでいる。必要な方が迅速にPCR検査を受けられる体制の構築を急ぐ必要がある!?」~5.15 内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣 定例記者会見 2020.5.15

記事公開日:2020.5.16取材地: テキスト動画

 2020年5月15日(金)午後7時より、中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行われた。

 冒頭、 西村大臣より、会見前に行われた経済財政諮問会議の議題である「金融政策、物価等に関する集中審議」、そして、「新たな日常の構築に向けた教育・科学技術」についての説明・報告があり、その後、各社記者と大臣との質疑応答となった。


特定警戒都道府県のうち5県とその他の34県の緊急事態宣言を解除! 北海道、首都圏、関西の特定警戒は解けず!~5.14西村康稔新型コロナ対策担当大臣による囲み記者会見 2020.5.14

記事公開日:2020.5.14取材地: テキスト動画

 2020年5月14日(木)12時40分、東京都千代田区霞が関の内閣府中央合同庁舎エントランスにて、西村康稔新型コロナ対策担当大臣による囲み記者会見が行われた。これは「第6回新型インフルエンザ等対策有識者会議基本的対処方針等諮問委員会」の後に、政府が諮った緊急事態の段階的解除が有識者に承認されたことの報告として行われた。


「国民の命と暮らしを守るため、これからは『データと科学的根拠』、『段階的対応』、『スマートライフ』で進めて行きたい!」~無根拠なアンダーコントロール感の根拠とは!?~5.4 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣会見 2020.5.4

記事公開日:2020.5.6取材地: テキスト動画

 2020年5月4日(月)、午後7時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館1階会見室にて、内閣府 西村康稔 新型コロナ対策担当大臣の記者会見が行われた。


「今、経済は大変なことになっている。苦しい思いをされている方々の雇用と生活をしっかり守る。それが安倍政権の最重要課題!?できるだけ早く補正予算を成立させたい!」~4.28 西村コロナ担当大臣定例会見 2020.4.28

記事公開日:2020.5.1取材地: テキスト動画

特集 #新型コロナウイルス
※2020年5月2日、テキストを更新しました。

 2020年4 月28日(火)、午後5時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館1階会見室にて、内閣府 西村康稔(やすとし) 経済再生担当大臣・新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行われた。


IWJ記者「参院本会議で安倍総理はコロナウイルス感染者数を把握していなかった。総理は感染者数に興味がない?」西村大臣「重要なのは新規感染者数。総理の頭にすべて入っている」~5.1西村康稔 経済再生担当大臣定例会見 2020.5.1

記事公開日:2020.5.1取材地: テキスト動画

 2020年5月1日(金)、午前9時30分より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館1階会見室にて、内閣府 西村康稔 経済再生担当大臣・新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行われた。


「立場の高い方々は率先して受け取るべきだと考えますが、西村大臣は10万円の給付について申請をされますか?」との記者からの質問に、西村大臣からの具体的な返答はなし!~4.21 西村康稔 経済再生担当大臣 定例会見 2020.4.21

記事公開日:2020.4.21取材地: テキスト動画

 2020年4月21日(火)、午前10時より、東京都千代田区永田町の中央合同庁舎第8号館1階会見室にて、内閣府 西村康稔 経済再生担当大臣・新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行われた。

 冒頭、西村大臣より、新型コロナウイルス感染症の影響にともなう「中小企業・事業者関係の支援」について、概要の説明があった。


閣議後の記者会見で報告事項はなし!!そして「休業補償という言葉が何を意味するのかというところがハッキリしない」!?~4.14 内閣府 西村康稔 経済再生担当大臣、新型コロナ対策担当大臣 定例記者会見 2020.4.14

記事公開日:2020.4.14取材地: テキスト動画

 2020年4月14日(火)午前10時45分より、中央合同庁舎第8号館にて、内閣府 西村康稔 経済再生担当大臣・新型コロナ対策担当大臣の定例記者会見が行われた。

 西村大臣からの冒頭の報告事項はなく、すぐに質疑応答の時間となった。各社記者からは、「新型コロナ特別措置法にともなう自治体独自のとりくみ」、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」、「感染者数が今後急激に拡大した場合の追加的自粛要請の可能性」、「終電の繰り上げ」、そして、「国からの休業要請に応じた事業者に対する休業補償」などについて質問があった。


【国会ハイライト】「カジノじゃないだろ、被災者支援が先だろ! 正気を取り戻してくださいよ!」 山本太郎議員の渾身の訴えを無視、参議院内閣委員会はカジノ法案採決を強行! 炎の国会質疑を全文文字起こし! 2018.10.25

記事公開日:2018.10.25 テキスト

 第196回通常国会は、2018年1月22日から6月20日までの会期のところ、7月22日まで32日間延長された。ずさんな調査データにもとづいた働き方改革法案や、アメリカが離脱したにもかかわらず再考しないTPP関連法案、国民が受け入れたとは到底思えないカジノを含む統合型リゾート(IR)関連法案(以下、カジノ法案)など、庶民にとっては少しもありがたくない法案の数々が、与党によって、反発する野党を数の力で押し切り可決、成立された。