戦争法・共謀罪廃止!辺野古の海を埋め立てるな!安倍9条改憲反対!8・19京都デモ 2018.8.19

記事公開日:2018.8.19取材地: 動画

 2018年8月19日(日)16時半より、戦争をさせない京都1000人委員会呼びかけによる「戦争法・共謀罪廃止!辺野古の海を埋め立てるな!安倍9条改憲反対!8・19京都デモ」が京都市で行われた。


巨大な監視網による情報操作と世論誘導で不都合な真実は消去! 「内部告発の重要性をスノーデンが教えてくれた」 ジャーナリスト・小笠原みどり氏講演会 2018.7.28

記事公開日:2018.7.28取材地: テキスト動画

緊急特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ
※2018年8月12日、テキストを追加しました。

 トランプ米大統領は、パックスアメリカーナ(PA)からの撤退を公約とし、就任後もその公約を撤回することなく、国内でも、国外でも、外国の首脳に対してでも、PA撤退を訴える。トランプ大統領はその一方で、今でも世界最大最強の軍事力をより強化し、軍事費を投入すると断言し、「力による平和」を訴える。「アメリカの圧倒的な軍事的支配力のもとでの国際秩序・平和」というのが、PA体制の定義ではなかったのか? これまでと何がどう違うのか、と多くの人々が混乱し続けている。


「共謀罪法制定から1年 〜何が問題だったのか、これから何が問題となるのかを考える市民のつどい〜」(京都市)―講師 高山佳奈子氏(京都大学法学研究科教授) 2018.6.9

記事公開日:2018.6.19取材地: 動画

 2018年6月9日(土)13時半より、京都市中京区の京都弁護士会館にて、「共謀罪法制定から1年 〜何が問題だったのか、これから何が問題となるのかを考える市民のつどい〜」と題する講演会が開かれ、高山佳奈子氏(京都大学法学研究科教授)が講師として登壇した。


新倉修 青山学院大学名誉教授が語る 北欧福祉社会の今~ノルウェーと日本の共謀罪 2018.5.28

記事公開日:2018.5.29取材地: 動画

 2018年5月28日(月)、京都市左京区の京都教育文化センターで、グローバル・ジャスティス研究会の特別企画「新倉修 青山学院大学名誉教授が語る 北欧福祉社会の今~ノルウェーと日本の共謀罪」が開催された。


「公的文書を改竄するな!」「労働ナメてる総理はいらない!」「安倍政権から未来を守れ!」~表現の自由を! 権利のための4.7行動 まともな政治を求める新宿デモ 2018.4.7

記事公開日:2018.4.15取材地: 動画

 2018年4月7日(土)16時より、共謀罪廃止のための連絡会の主催により、「表現の自由を!権利のための4.7行動 まともな政治を求める新宿デモ」と題するデモ・抗議行動が行われた。


反対したのは共産党 大山とも子都議だけだった!立法事実なし!自白強要につながる!〜警察・消防委員会採決日!抗議行動&デモ封じ!「東京都迷惑防止条例改悪案絶対反対!」都議会前アクション2 2018.3.22

記事公開日:2018.3.25取材地: 動画

 2018年3月22日(木)17時半より、東京都新宿区の東京都議会前にて、「警察・消防委員会採決予定日!~抗議行動&デモ封じ?!『東京都迷惑防止条例改悪案』絶対反対! 都議会前アクション2」が行われた。


「この問題、IWJぐらいしか取り上げていない!」抗議デモもジャーナリストの取材活動も規制されかねない!? 東京都迷惑防止条例改正の危険性〜岩上安身による川田龍平参議院議員インタビュー 2018.3.23

記事公開日:2018.3.23取材地: テキスト動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

※3月25日、テキストを追加しました。

 2018年3月22日、森友学園問題の喧騒の陰で、わずか45分という審議時間で委員会採決がおこなわれた東京都の迷惑防止条例改正案。

 この条例の「改正」案が成立した場合、「正当な理由なく、専ら、特定の者に対するねたみ、恨みその他の悪意の感情を充足する目的」という、きわめて曖昧な文言のもとで、現行の4つの行為(つきまとい、粗野・乱暴な言動、連続電話、汚物の送付)に対する規制に加えて、「みだりにうろつくこと」「監視していることを告げること」「名誉を害する事項を告げること」などが規制されることになる。


29日の東京都議会本会議で採決!?「市民がどれだけ動けるかが重要」共産党・大山とも子都議をIWJが直撃!〜デモを萎縮しかねない都条例はまるで『1984』の世界だ! 2018.3.19

記事公開日:2018.3.22 テキスト動画

 「一日で1000人以上から反対の声が届いているが、いまだかつてない勢いだ。賛成したらまずいと多数会派に思わせるくらい、市民が動けるかどうか」――

 IWJの取材に応じた共産党の大山とも子都議は目の前にあるFAXやメールの紙を一枚一枚数えながら、世論の高まりに驚きを隠さない。


1時間で審議打ち切り!告訴しなくても名誉毀損で「逮捕」「拘束」「起訴」できてしまう!? 憲法違反の可能性あり!? ~警察・消防委員会審議予定日!抗議行動&デモ封じ!『東京都迷惑防止条例改悪』案 絶対反対!都議会前アクション 2018.3.19

記事公開日:2018.3.21取材地: 動画

 2018年3月19日(月)17時半より東京都新宿区の東京都議会前にて、『警察・消防委員会審議予定日!抗議行動&デモ封じ?!「東京都迷惑防止条例改悪案」絶対反対!都議会前アクション』が行われた。


3000万人署名の推進を!安倍政権のウソ、違憲立法を許さない!冬の学習会(大津市)―講演 高山佳奈子・京大教授「共謀罪法の問題性と立憲主義の回復」 2018.1.20

記事公開日:2018.1.20取材地: 動画

 2018年1月20日(土)15時より、滋賀県弁護士会館(滋賀県大津市)で憲法を守る滋賀共同センターによる「3000万人署名の推進を!安倍政権のウソ、違憲立法を許さない!冬の学習会」が開かれ、京都大学法科大学院教授・高山佳奈子氏が「共謀罪法の問題性と立憲主義の回復」と題し講演を行った。


秘密法と共謀罪は廃止!! 連続学習会第1回「秘密法と共謀罪で肥大化する権力」 2017.11.7

記事公開日:2017.11.20取材地: 動画

 2017年11月7日(火)18時半より名古屋市東区にあるウィルあいち 大会議室にて、秘密法と共謀罪は廃止!! 連続学習会第1回「秘密法と共謀罪で肥大化する権力」が開催された。


第14回 浅野健一ジャーナリズム講座 11・17シンポジウム「黙秘・出房拒否権」―発言 前田朗氏、高田良爾氏、浅野健一氏ほか 2017.11.17

記事公開日:2017.11.18取材地: 動画

 2017年11月17日(金)18時半より、第14回「浅野健一ジャーナリズム講座」として「黙秘のため留置場から一歩も出ない法理論―出房拒否権行使で不起訴を勝ち取った房安さんから学ぶ」をテーマとしたシンポジウムが房安努氏らを招いて同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)で開かれた。


「野党共闘は野党と市民の共闘だ!」――戦争法強行採決から2年、戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会 2017.9.19

記事公開日:2017.9.19取材地: 動画

 2017年9月19日(火)18時30分より、東京都千代田区の国会議事堂正門前にて、戦争法・共謀罪の廃止と安倍内閣退陣を求める大集会が行われた。


「共謀罪は必ず廃止できる!私達は共謀罪に負けない!!」~海渡雄一氏、野党議員、市民団体と約3000人の参加者が確認し合う!!――共謀罪は廃止できる!9・15大集会 2017.9.15

記事公開日:2017.9.15取材地: 動画

 2017年9月15日(金)、東京都千代田区の日比谷野外音楽堂で「共謀罪は廃止できる!9・15大集会」が開催された。


「共謀罪の成立で政府は監視の合法的な理由を手にしてしまった」~小笠原みどり氏がスノーデン新文書を含め監視について講演――スノーデン新文書には米軍と日本政府の密約についても!! 2017.8.11

記事公開日:2017.8.28取材地: 動画

 2017年8月11日、神奈川県横浜市の横浜市開港記念会館にて、ジャーナリストの小笠原みどり氏を講師として招き、「再び小笠原みどりさんに聞く『スノーデン新文書公開 共謀罪もアメリカによるデザイン?』」と題する講演会が行われた。


NSAの最大のターゲットはジャーナリスト!?監視法制の整備、公安関係者の首相補佐官への登用、スパイ化する安倍政権の手口!?~ 小笠原みどり氏がJCJ賞贈賞式で記念講演 2017.8.19

記事公開日:2017.8.28取材地: 動画

 2017年8月19日(土)、東京都千代田区の日本プレスセンターにて、日本ジャーナリスト会議 (JCJ)の主催により、「JCJ賞贈賞式・記念講演『監視社会とメディア』」が開催され、講師としてジャーナリストの小笠原みどり氏が登壇した。


共謀罪と監視社会―― スノーデン文書により明かされた日本政府とNSAの関係とは? 岩上安身による元朝日新聞記者・ジャーナリスト 小笠原みどり氏インタビュー 2017.8.17

記事公開日:2017.8.18取材地: 動画独自

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2017年8月17日(木)、東京都港区のIWJ事務所にて、元朝日新聞記者でジャーナリストの小笠原みどり氏に岩上安身がインタビューを行った。


安倍内閣支持率急落!「共謀罪法案が施行されてしまった今大事なことは、決して萎縮せず声を上げること!」高山佳奈子氏、金平茂紀氏らが「自由」の危機を考えるリレートーク 2017.7.9

記事公開日:2017.7.20取材地: テキスト動画

緊急特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ
※8月12日、テキストを追加しました。

 7月11日に、犯罪を計画段階で処罰する「共謀罪」の趣旨を含む改正組織犯罪処罰法がついに施行されてしまった。思想・表現の自由や、米軍基地反対や反原発など自らの主張を示す市民団体の行動が侵害され、超監視社会につながる恐れがある。

 共謀罪施行直前である2017年7月9日(日)、東京都新宿区の早稲田大学にて、安全保障関連法に反対する学者の会主催により、「大学人と市民のつどい 自由が危ない―表現・思想・学問の自由」が開催された。高山佳奈子氏、金平茂紀氏、吉岡忍氏など大学教授からジャーナリスト、作家、大学生まで様々な立場の10名から「自由」をテーマにリレートークが行われた。


戦争法・共謀罪は廃止!7.19街頭演説会&デモ 2017.7.19

記事公開日:2017.7.19取材地: 動画

 2017年7月19日(水)18時30分より京都市中京区の京都市役所前にて、戦争法・共謀罪は廃止!7.19街頭演説会&デモが行われた。


「私たちにまだ力は余っている!」 共謀罪廃止に向けて、私たちはこれから何が出来るのか ~海渡雄一氏、小池振一郎氏が語る廃止運動の課題と展望―7.11集会 2017.7.11

記事公開日:2017.7.12取材地: テキスト動画

緊急特集 共謀罪(テロ等準備罪)法案シリーズ

※7月18日テキストを追加しました。

 共謀罪法案(テロ等準備罪)は、その必要性や内容が曖昧なまま危険性が指摘される中、ついに7月11日に施行が開始された。

 一方、同11日には東京都・文京区民センターで共謀罪NO!実行委員会が「共謀罪は廃止しなければならない7・11集会」を開催。委員会代表を務める海渡雄一弁護士と、小池振一郎弁護士がそれぞれ登壇し、共謀罪法案の問題点を指摘するとともに、警察の捜査活動を監視する人権委員会の設置が必要であることを訴えた。