第14回 浅野健一ジャーナリズム講座 11・17シンポジウム「黙秘・出房拒否権」―発言 前田朗氏、高田良爾氏、浅野健一氏ほか 2017.11.17

記事公開日:2017.11.18取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2017年11月17日(金)18時半より、第14回「浅野健一ジャーナリズム講座」として「黙秘のため留置場から一歩も出ない法理論―出房拒否権行使で不起訴を勝ち取った房安さんから学ぶ」をテーマとしたシンポジウムが房安努氏らを招いて同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)で開かれた。

■ハイライト

  • 挨拶・趣旨説明 浅野健一氏(同志社大学教授〔大阪高裁で地位確認請求訴訟中〕)/大内健史氏(ゼミ幹事)
  • 報告 房安努氏/高田良爾氏(弁護士)/前田朗氏(東京造形大学教授、『黙秘権と取調拒否権』〔三一書房〕著者)
  • パネルディスカッション・質疑応答 浅野健一氏/前田朗氏/高田良爾氏
  • タイトル 第14回 浅野健一ジャーナリズム講座 11・17シンポジウム「黙秘・出房拒否権」―発言 前田朗氏、高田良爾氏、浅野健一氏ほか
  • 日時 2017年11月17日(金)18:30〜21:00
  • 場所 同志社大学今出川キャンパス(京都市上京区)
  • 告知 浅野健一氏ブログ

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です