九州電力が玄海3、4号機の再稼働申請 〜核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律に基づく九州電力株式会社からの申請 2013.7.12

記事公開日:2013.7.12取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「玄海原子力発電所3、4号機につきまして新規制基準への適合性を審査していただく準備が整いましたので、申請書を提出いたします」九州電力は12日、川内原子力発電所1・2号機に続いて2原発目の再稼働申請を規制委員会に提出した。

 会見で九州電力側は、企業活動の透明化や組織風土の改善などに力を入れ、安全対策に対する説明をしっかり行ない、地元へ理解を求めていきたいと述べた。

 なお、3号機に関してはMOX燃料の使用前提での申請となっいるが、これについては「プルサーマルを用いていても、安全に関しては新規制基準に十分適合できると思って申請している」との見解を示している。

■ハイライト

  • 対応者 原子力規制庁 市村知也安全規制管理官(PWR・新型炉担当)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です