【号外第23弾】「インドのメディアがロシアの石油は秘密裏に欧州に出荷されているとスクープ! ロシアのタンカーでは目的地不明のタグが大活躍! 西側は自分たちにはローカル・スタンダードがあると考えている」 2022.4.28

記事公開日:2022.4.28 テキスト
このエントリーをはてなブックマークに追加

 【号外第23弾】をお届けします。今回は大手メディアが報じない、驚愕の内容です! ぜひ御覧ください! 

インドのメディアがロシアの石油は秘密裏に欧州に出荷されているとスクープ! ロシアのタンカーでは目的地不明のタグが大活躍! 「西側は自分たちにはローカル・スタンダードがあると考えている」と断言し、「偽善の極みです」と強烈な批判! ロシア産石油とロシア産天然ガスの欧州ヘの供給停止が停戦の圧力を高める! 

 昨日、ロシアがポーランドとブルガリアにガス供給停止というニュースが飛び込んできました。 

 ロシアと欧州の経済関係は、ロシアと米国のそれとは質的に異なっています。

 欧州においては、ロシア産の天然ガスとロシア産の石油は、欧州の産業・生活の生命線です。

 また、ポーランドはこれまで、ロシアに対し威嚇的な態度を取り続けてきました。ガス供給を停止されたポーランドは、数年かけて、ガス停止を予想して準備を進めてきたことが、マテウシュ・モラヴィエツキ・ポーランド首相の昨日の談話からはっきりとわかります。

 ポーランドへのロシアのガス供給停止に対して、1)既存のガス供給量を増加させる 2)ドイツ、チェコ共和国、スロバキア、リトアニアとの相互接続を実現する 3)バルト海ガスパイプラインを3か月以内に完成させる 4) スウィノウイシチェのガスポートを活用する5) ガスの備蓄を行う、という5つの問題解決方法を挙げています。

 なかでもデンマークを経由してノルウェーの送ガス網に接続するバルト海ガスパイプラインが重要です。

 他の欧州諸国も、ロシア産天然ガスに関しては、ポーランドの問題解決方法を参考にする可能性が高いと思われます。

 しかし、問題は、もう一つの天然資源であるロシア産の石油です。

 インドの多国籍の若いジャーナリストで構成されるチームからなる調査報道機関、WIONが、4月23日に衝撃のスクープを配信しました。

 「西側はロシアからの石油輸入を隠そうとしているのか」というテーマのニュースです。即ち、米国と米国の同盟国はロシアに対し経済制裁を行っているものの、実は、ロシアからの石油は欧州各国へ渡っているというのです!

 インドを含む同盟国とパートナー諸国に対する、ロシア産石油禁輸圧力に関する数日前のブリンケン国務長官とサキ報道官の談話を紹介した後、キャスターは、こう述べます。

——————————

 ※ここから先は【会員版】となります。会員へのご登録はこちらからお願いいたします。ぜひ、新規の会員となって、あるいは休会している方は再開して、御覧になってください!

 今月4月は1日から27日までの27日間で、284件、335万1434円、目標額の84%のご寄付・カンパをいただいています。ありがとうございます。しかし、4月末までにあと3日間です! 月間目標額に到達するには、64万8566円、まだ足りません!

 今期が始まった8月1日から8ヶ月間の累積の不足分297万8184円に、4月の未達分64万8566円を足すと、362万6750円が4月末までに必要となります。今期末は7月末までです。あと3か月強です! 今月4月を含めて、期末までの残り3か月と4日間で、不足分がゼロになるように、どうか皆さまのお力で、ご支援ください!

 引き続き、ご支援のほど、よろしくお願いいたします!


 ※ご寄付・カンパはこちらからお願いします。 

 どうか、ご支援のほど、よろしくお願い申し上げます! 岩上安身拝  

——————————

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページより御覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です