日本の新型コロナ感染者数が世界最大人口の中国を超えそうな現実を指摘したIWJ記者の質問に「日本は世界と比して今、このような感染状況」と感染者数の少なさを自慢!? 危機感のなさを露呈!〜9.29 田村憲久 厚生労働大臣 定例記者会見 2020.9.29

記事公開日:2020.9.29取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:中村尚貴)

 9月29日、午前10時半より、田村憲久厚生労働大臣の定例記者会見が行われた。

 IWJ記者は3点質問した。1点目は9月28日の日刊IWJガイドでお伝えした、10月7日ごろに日本の新型コロナ感染者数が中国の感染者数を超えそうだという点について、人口が13倍も違う中国に日本は、コロナの感染者が同じくらいになってしまうのはどうなのかということ、2点目は同じく9月28日の日刊IWJガイドでお伝えした、神戸学院大学の上脇博之教授が、アベノマスクに関する情報開示請求で、契約の単価、数量を文書不開示と決定した加藤勝信前厚労大臣、萩生田光一文科大臣を相手取り、「アベノマスク情報公開請求」を大阪地裁に提訴したことについて担当大臣として受け止めをお願いし、そして3点目は、予算10兆円の予備費のうち、1兆6000億円をコロナ対策費にあてるとしている中に、PCR検査の費用が見当たらないということについてである。

 詳しくは、動画を御覧下さい。

■全編動画

  • 日時 2020年9月29日(火)10:30~
  • 場所 厚生労働省 記者会見室(東京都千代田区)

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページよりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です