種子法廃止を決めた規制改革推進会議は「外資の要求受け入れ窓口」!? 米国のTPP復帰はどうなる!? ~岩上安身によるインタビュー 第844回 ゲスト 食政策センター・ビジョン21代表安田節子氏 2018.2.12

記事公開日:2018.2.12取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年2月12日(月)13時より東京都港区のIWJ事務所にて、食政策センター・ビジョン21代表の安田節子氏に岩上安身がインタビューを行った。

<会員向け動画 特別公開中>

■ハイライト

■全編動画

  • 日時 2018年2月12日(月)13:00~
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

「種子法廃止を決めた規制改革推進会議は「外資の要求受け入れ窓口」!? 米国のTPP復帰はどうなる!? ~岩上安身によるインタビュー 第844回 ゲスト 食政策センター・ビジョン21代表安田節子氏」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    種子法廃止を決めた規制改革推進会議は「外資の要求受け入れ窓口」!? 米国のTPP復帰はどうなる!? 岩上安身による日本有機農業研究会理事・安田節子氏インタビュー https://iwj.co.jp/wj/open/archives/412020 … @iwakamiyasumi
    日本政府は外資への公共財の横流しによる利権の方を優先している。これこそ「反日」行為だ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/963035902682386432

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です