全国スラップ訴訟止めよう!シンポジウム 2013.11.23

記事公開日:2013.11.23取材地: 動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2013年11月23日(土・祝)13時より、東京・新宿区の早稲田大学早稲田キャンパスで「11・23全国スラップ訴訟止めよう!シンポジウム」が開かれた。

 スラップ訴訟(SLAPP訴訟)とは何かについてフリージャーナリスト・烏賀陽弘道氏が基調講演を行ったのに続き、沖縄・東村高江の米軍ヘリパッドの反対運動、山口・上関原発反対運動、経産省前テントひろばに対する訴訟の被告などが報告を行った。政府や企業などが威圧・恫喝の目的で住民相手に起こすスラップ訴訟は、言論の自由を侵害するものとして、米国では提訴の抑止・被害防止を定めた法律を持つ州も多い。

■ハイライト

  • 司会 木村結氏(東電株主代表訴訟 事務局長)
  • 基調講演 烏賀陽弘道(うがや・ひろみち)氏(フリーランス記者)「スラップ訴訟とは何か」
  • 現状報告
    高江スラップ訴訟 安次嶺現達(あしみね・げんたつ)氏/伊佐真次氏ほか
    中国電力いやがらせ訴訟 清水敏保氏/橋本久男氏/岡田和樹氏ほか
    経産省前テントひろば裁判 淵上太郎氏/正清太一氏ほか
  • 各地からのスラップ訴訟・口封じ訴訟被害者報告
    田中稔氏(ジャーナリスト)ほか
  • 質疑応答

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です