守屋武昌元防衛事務次官講演会 日本防衛秘録「中国から尖閣諸島をどう守るか」 ~躍進日本!春風の会 2013.10.29

記事公開日:2013.10.29取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2003年より4年間防衛事務次官を務めた守屋武昌氏が、「中国から尖閣諸島をどう守るか」というテーマで講演を行った。

 守屋氏は、日米安保体制下における自衛隊の米軍へのサポートの実績に触れ、自衛隊の能力を強調。また、尖閣諸島問題を含めた中国の海軍増強は「不合理」であるとの認識を示した。

■ハイライト

  • 日時 2013年10月29日(火)
  • 場所 明治記念館(東京都千代田区)

「アメリカが日本のサポートを必要としている」

 守屋氏は、「日米安保体制において、日本がアメリカに従属しているのではない。アメリカが日本のサポートを必要としている」と主張、二つの事例を挙げてその理由を説明した。

 守屋氏によれば、米ソの対立が緊迫していた冷戦時、米国は日本の力を借りてソ連の軍事力を把握していたという。さらに、在日米軍は他国を攻撃する能力しか保持しておらず、基地を防衛する能力を持っていないと説明。在日米軍基地を守っているのは約5万人の日本の陸上自衛隊と航空自衛隊であると語り、「米国は日本のサポートがなければ行動できない」と強調した。

中国の海軍増強は「不合理」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 330円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です