岩上安身による小西洋之議員緊急インタビュー!票決が盗まれた犯行現場・委員会室でヒゲパンチを食らいながら目の当たりにした一部始終!「憲法奪還」の戦いがこれから始まる! 2015.9.19

記事公開日:2015.9.25取材地: テキスト 動画 独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(平山茂樹、文責・岩上安身)

※9月25日テキストを追加しました!

 「あの時、委員会はまさに乗っ取られたのです。自民党は、議員の票決権を侵していると言えます」――。

 9月19日未明、日本を「戦争のすることができる国」にする、集団的自衛権行使容認にもとづく安全保障関連法案が、参議院本会議で可決されてしまった。

 民主党をはじめとする野党議員は「フィリバスター」戦術によって審議の引き延ばしを図り、山本太郎議員は「ひとり牛歩」を展開してギリギリの抵抗を行なったが、自民・公明の与党側は、数の力にものを言わせて採決を無理やり強行した。

 すべての国会議員は、日本国憲法第99条により、憲法尊重擁護義務を負っている。今回の安保法案は、日本中のほぼすべての憲法学者が「違憲だ」と声をあげ、元内閣法制局長官、元最高裁裁判所長官、元最高裁判所判事といった錚々たるメンバーが「違憲」と断じている。にも関わらず、採決を強行した与党の行いは、憲法をないがしろにする「クーデター」だと言わなければならない。

 法案が可決・成立する前日の18日、与党は参議院特別委員会で「強行採決のような何か」を行なった。鴻池祥肇委員長のもとに複数の自民党議員が駆け寄って「かまくら」を作り、野党議員が入るのをブロックした。その人員は、特別委員会の委員ではない自民党・公明党の議員、さらには秘書ら議員ではない一般人も含まれていた。

 野党が駆け寄ったのは、一歩も二歩も遅れての話だ。委員長を囲む人垣はがっちり固められ、その外側で激しいもみあいとなった。民主党の小西洋之議員は、不法侵入してきた「ブロック」を乗り越えるべく、その囲みの上から議事次第を奪取すべく飛び込んだが、「ヒゲの隊長」こと佐藤正久議員に頬を殴られ(あるいはねじ込むように押し込まれ)、他の者から引っ張り落とされた。そのパンチの瞬間の映像・写真は、日本国内だけでなく、世界に大きく報じられた。

 議員は不逮捕特権があるとはいえ、秘書らは一般市民と同じであり、不法侵入などの刑法犯罪と問われうる。許されるものではない。佐藤議員の合図で与党側の議員が起立、着席を繰り返し、法案は委員会を通過したことにされてしまった。彼らは本来、委員会室への入室を許されていない。もちろん、野党を実力で物理的に排除する議事妨害など許されるはずがない。国会法に違反する違法行為である。これがまかり通るなら、今後、どのような採択も、反対派を力づくで排除して可決・成立させることが可能になってしまう。

 許されないのは、マスコミの姿勢も同様である。大手マスコミ各社は、この採決の強奪を目の前にしてから、一斉に「安保法案、委員会で可決」という速報を打った。

 しかし、委員会の議事録によれば、「発言する者多く、議場騒然、聴取不能」とのみ記され、採決が行われた記録は残っていない。そもそも、鴻池委員長による委員会の開会も宣言されていないのである。また、前日に横浜で行われた地方公聴会の報告も行われていない。総括質疑も行われていないし、野党議員は、採決に参加もしていない。野党議員の票決権の侵害である。これは「強行採決」ですらない。くりかえすが、盗まれた採決権限の強奪であり、これが有効であるはずがないのである。

 法案が本会議で可決・成立した19日、岩上安身はあの委員会の大混乱の渦中にいた民主党の小西洋之議員に緊急インタビューを行なった。小西議員は、「国会は死んだんです。議会は死んだんです」と述べ、「強行採決のような何か」の不当性を訴えた。

image1
▲民主党・小西洋之議員

記事目次

■イントロ

  • 日時 2015年9月19日(土)21:00〜
  • 場所 IWJ事務所(東京都港区)

地方公聴会後、国会の中ではいったい何が起きていたのか~掟破りを連発してきた与党

岩上安身(以下、岩上)「当初、安保法案の成立は17日か18日ではないか、と言われていました。その安保法案が、本日19日未明、可決、成立しました。ここまで引っ張ったのは、国会の外で反対の声をあげた人々や、国会の中で抵抗した野党の議員の存在があったためでした。

 その中でも、真剣な抵抗の様子が中継の画面越しにも伝わったのが、民主党の小西洋之議員でした。本日のタイトルは『憲法、奪還!』ということにしました。小西先生、どうぞよろしくお願いします。

 まず、9月16日に横浜で行われた地方公聴会が終了した後、民主党議員が理事会室に詰めかけて『混乱』し、18時半開始予定だった委員会の締めくくり質疑が深夜になっても開会のめどが立たなくなりました。この間、いったい何が起きていたのでしょうか」

小西洋之議員(以下、小西・敬称略)「地方公聴会はすべての議員が行くわけではないので、私は国会にいました。市民の皆さんが(横浜の)会場を取り囲んで、終わった後も委員の車を止める、という行動をしていたことは聞いておりました」

 国会の外の声というのは、国会の中にも響いてくるんですね。16日は徹夜で朝4時半まで戦いをやっていたんですけれど、雨の中、コールしている市民の皆さんの声が響いてくるんです。国会議員同士で、あの声に応えなきゃいかんな、と話していました」

image2
▲新横浜プリンスホテルに面した道路で行われた「シットイン」抗議の様子

岩上「小西さんのTwitterを見ると、中の様子がすごくよく分かります。『雨の中の女性のコールを野党議員仲間で聞いています』とツイートしていますよね。スマホを持ちながらツイートしてくれると、こういう声がリアルタイムで外へも届くんですね。

 学生たちの抗議も、国会内の状況に応じて変化していきましたよ。『野党は頑張れ!』というコールもありました。17日未明は、実際のところどういう状況だったのでしょうか? 全体の流れを教えていただければと思うのですが」

小西「与党は、すごく異常で掟破りのやり方を連発してきたんですね。16日に横浜で地方公聴会を開いて、その後すぐに締めくくりの総括質疑を開く、と。地方公聴会は、委員会の審議に反映させるために開くものです。普通、地方公聴会が行われると、最低1日はおきます。

 その間に、地方公聴会に行けなかった議員が議事録を読んで、内容を把握したうえで委員会に臨みます。地方公聴会が終わったその日に委員会を開いて強行採決を行うなんて、掟破りのルール違反です。地方公聴会の公述人を馬鹿にする行為ですね。

 そこで民主党は、理事会室から委員長を出させないようにしました。これは、国民のための正しい行為です。夕方の6時から朝の4時まで、ピンクのハチマキをした女性議員が立ちっぱなしで頑張りました。その間、何度か委員長の判断で『人道的休戦』というものがもたれました。

 中央公聴会と地方公聴会は、公述人が男性の方ばかりでした。参考人も男性ばかり。今回の審議に、女性の声が反映されていない状況でした。軍事力の行使で最初に犠牲になるのは女性です。そこで、女性議員が頑張ろう、ということになりました。

 与党側は、女性議員を排除するために、女性の衛視さんのチームを作って送り込んできたんですね。女性議員は男性議員に『使われた』わけではなく、自ら望んで最前線に立ったのです」

岩上「横浜の地方公聴会で際立っていたのは、公述人の水上貴央弁護士だったと思います。『これは、セレモニーに過ぎないんですか』と言って、鴻池委員長に迫ったんですよね。鴻池委員長は、ムニャムニャと逃げていましたが」

image3
▲地方公聴会で意見を述べる水上貴央弁護士

小西「セレモニー以下ですよね。私は、特別委員会の正規の委員ですけれど、地方公聴会の内容について、何の報告も受けていません。なのに、委員会を開いて強行採決を開いたのですから、公述人の方に本当に失礼ですし、国民無視もはなはだしい」

岩上「地方公聴会の内容をIWJは中継し、すべて文字おこしをしました。水上弁護士のお話にはものすごく重要な内容が含まれています。これだけで、じっくり時間を取って審議しなければなりませんよね」

小西「今回の審議では、安保法案の要である集団的自衛権行使の条文の内容が、まるっきり明らかになっていません。政府側はずっと答弁拒否です。時の権力の判断で、戦争に参加することができるという法律ができてしまった、ということなんですね。

 日本に武力攻撃が発生した場合、個別的自衛権で対応できるわけですよ。しかし、日本に武力攻撃が発生していないのに(つまり個別的自衛権で対応しなくてはならない事態ではないのに)、日本人の幸福追求権が根底から覆されることになる、というのはおかしなことです」

その時、委員会室では何が起きていたのか…委員会のメンバーではない自民党議員と秘書が乱入!

岩上「次に17日です。鴻池委員長が、理事会を急遽委員会室で開始しました。その後、委員会を開会しますが、野党の猛抗議で休憩に。そして、野党側が鴻池委員長への不信任動議を提出することになりました」

小西「17日の朝、委員会室の看板を理事会室の看板にかけ替えたのです。もう、完全にだまし討ちです。そこで我々は、委員長の不信任動議を提出しました。この不信任動議というのは、すべての審議に先んじて審議しなければならないものです」

 そこで、自民党の佐藤正久議員が代理になったのですが、ここで強行採決をしようとしたのです。しかし、ここは我々の頑張りで防ぐことができたんです。与党側は用意周到にいくつか強行採決のシナリオを用意していたんですね」

岩上「そして、不信任動議が審議され、否決。そして鴻池委員長が着席して、ここからおかしいことが起こった、と」

小西「ここから鴻池委員長が委員会を再び仕切ることになるんですね。本来ならば、先日の地方公聴会の報告が行われるはずでした。

 しかし、それをすっ飛ばして、いきなり強行採決をやってきました。委員会室の入り口から与党側の議員がバーっと入ってきて、それで私はおかしいな、と思いました。与党側の議員は、(委員会の理事である)福山哲郎議員に対し地方公聴会の報告をする、と言っていたにも関わらず、です」

岩上「このだまし討ちのトリックプレーには、色々な問題があると思います。地方公聴会も総括質疑も割愛されてしまったということが1点。もうひとつは、開会を宣言していない、ということです」

小西「していないですね。議事録にも残っていません」

image4
▲委員会の議事録。「議場騒然、聴取不能」としか書かれていない。誰もその「騒然」とした状況の中、何が行われているか分からなかった

岩上「もう一つが、委員会のメンバーではない人間が委員会に入ってきた、ということ。これは違法なんじゃないですか? しかも、秘書もいたという。議員には不逮捕特権がありますが、秘書は完全に犯罪なんじゃないですか?」

小西「国会法違反ですし、完全にクーデターですね」

岩上「議員でない者によって、国会が違法に占拠された、ということですよね」

小西「ナチスの親衛隊が暴力的に占拠するようなものですよね」

NHKは自民党の共犯だ!~「強行採決」らしきものが行われた直後に速報を打った大手マスコミ各社の思惑

岩上「NHKはすぐに、可決した、と報じました。NHKは問い合わせに対し、ラインを通してマイクで委員長の発言を自分たちは確認した、などと言っています。実際のところはどうだったのでしょうか」

小西「議事録は、マイクを通して初めて記録として残ります。委員長の前には4本のマイクがあります。民放とNHKが一本ずつ、そして残りが議事録用のマイクです。強行採決の際、『人間かまくら』の横から別のマイクが差し出されるのを私は見ました。

 NHKが決定的に間違っているのは、音が録れているかどうかということよりも、議場なのですから、国会議員に聞こえていないと意味がないわけですよ。委員会はまさに乗っ取られたのです。議員の票決権をおかしていると言えます。

 言論の府を、違法な暴力で制圧したということです。自民党の秘書さんが、自分自身の判断でこのようなことをするわけがありませんから、確実に国会議員の指示で示し合わせてやっているわけですよね」

岩上「ヒゲ隊長(佐藤正久参議院議員)にパンチされていますね」

小西「これ最初、私、気づかなかったんですよ。憲法を守るために必死でやっていたので、最初は何が起きているか分からなかったんです。報道ステーションの映像で初めて知りました」

岩上「私は、あの状態で可決を速報で報じたNHKは、共犯だと思います」

小西「私はかつて総務省で働いていてNHKを担当していたことがあります。NHKはイギリスのBBCをモデルにして法律が作られています。税金ではなく受信料で成り立っているのは、NHKが政治権力から独立するためです。

 イラク戦争の時、私はニューヨークにいました。イラク戦争が始まると、テロを警戒して自動小銃を持った州兵がずらっと並んで、ブロードウェイにも人がいなくなるんですよね。日本をそんな社会にしていい訳がありません」

満州事変が起きたその日に本会議採決――鴻池祥肇委員長の問責決議で1時間にわたる大演説!~「衛視に担ぎだされるまでやるつもりだった」

岩上「そして、9月18日です」

小西「中谷防衛相の問責、山崎正昭参院議長の不信任決議、安倍総理の問責、衆議院での内閣不信任決議、鴻池委員長の問責が立て続けに出され、順次、否決されていくことになりました。

 本来ならば、山崎正昭参議院議長は、不法行為が行われた委員会での強行採決について、検証を行わなければなりません。しかし、それをしなかったので、我々が不信任を出す、ということになりました。

 国会は死んだんです。議会は死んだんです。安保法制の戦いというのは、常識と非常識、正義と不正義の戦いです。常識と正義は国民の側にある。常識と正義が勝ってきたのが民主主義の歴史なので、この戦いには必ず勝てるのです」

岩上「今年の年頭所感で、今上天皇は『満州事変からの歴史に学ぶ』と言いました。9月18日は、まさにその満州事変が起きた日です」

関連記事


岩上安身による小西洋之議員緊急インタビュー!票決が盗まれた犯行現場・委員会室でヒゲパンチを食らいながら目の当たりにした一部始終!「憲法奪還」の戦いがこれから始まる!」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です