2014/08/29 【東京】ヘイトスピーチ規制に舛添知事「ナチスまがいのことを許しては五輪開催できない」  

記事公開日:2014.9.1
このエントリーをはてなブックマークに追加

 「ナチスまがいのことを許しては東京五輪を開催できませんよ!」――。

 8月28日、自民党のヘイトスピーチ規制に関するプロジェクトチームが始動した。東京都の舛添要一知事は、翌日29日の定例会見で、法規制へ向けた議論が始まったことを歓迎した。

  • 記事目次
  • 「結論は一つ。ナチスまがいのことを許していいんですか?」
  • 江東区のロープウェイ構想「アイディアをお伺いした段階」
  • 自転車道路整備「ママチャリが走りやすいように」

「結論は一つ。ナチスまがいのことを許していいんですか?」

 自民党は28日、ヘイトスピーチ対策等に関する検討プロジェクトチーム(PT)の初会合を開催。舛添知事は、安倍総理と会談した際に、自民党の政調でヘイトスピーチの法規制の検討を依頼していた。安倍総理は、舛添知事の要請に応じるようなかたちで、このPTを立ち上げたという経緯がある。

 自民党は、ヘイトスピーチだけを規制対象とは考えておらず、毎週金曜日、国会周辺で行なわれている原発反対デモなども規制対象にすることをふまえ、議論している。

 舛添知事は、ヘイトスピーチについて、「ずーっとヘイトスピーチが2020年まで続いている状況を見て下さい。五輪やれますか? そういう状況で。私は五輪の主催都市として、恥ずかしい」などと改めて見解を表明し、「都民・国民が声をあげて、ヘイトスピーチをやめさせるべきだ」と発言した。

 PTで一緒に議論されている国会周辺デモ規制については、「ごちゃまぜになっている。表現の自由とヘイトスピーチは別。区別するために様々な意見が出てくることは良い。万機公論に決して、結論は一つ。こういうナチスまがいのことを許しては、東京は2020年、東京五輪を開催できませんよ!」と、語気を強めてヘイトスピーチに対処していくと話した。(IWJ・石川優)

江東区のロープウェイ構想「アイディアをお伺いした段階」

この続きは、会員限定となります。
まだ会員登録がお済みでない方は、ぜひこの機会に会員となって続きをお読み下さい!

この記事・映像の完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
この記事・映像だけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

 

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメント “2014/08/29 【東京】ヘイトスピーチ規制に舛添知事「ナチスまがいのことを許しては五輪開催できない」

  1. 韓国における日本大使館への抗議行動や大使館前の慰安婦像設置など様々な反日という名の嫌がらせを放置しておきながら、なんで日本だけがヘイトスピーチ禁止なのか?バカも休み休みにして頂きたい。ヘイトスピーチといっても対象は世界各国の中でも韓国・中国だけであり、韓国人はなぜ自分達が嫌われているのかキチンと考えるべきでしょう。
    韓国や韓国人に対してはもっとヘイトスピーチをして、日本と日本人は怒っているんだぞ!!ということを見せ付けないといけない。ナチスなんて全く関係のない話。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です