「令和新時代に新憲法を」の大合唱が始まる!? 国民投票の前に発議を食い止めねばならない!海渡雄一弁護士、詩人アーサー・ビナード氏らが緊急事態条項と切迫する改憲発議に警鐘! 2019.4.27

記事公開日:2019.4.30取材地: テキスト動画

◆ヤバすぎる緊急事態条項特集はこちら!|特集 憲法改正
※公共性に鑑み、ただいま全編特別公開中です。ぜひ、IWJ存続のため会員登録でのご支援をよろしくお願いいたします。会員登録はこちらから→ https://iwj.co.jp/ec/entry/kiyaku.php
※2019年5月7日、テキストを追加しました(5/9注・加筆)。

 平成から令和への代替わりを迎える直前、10連休の初日となる4月27日、東京ウィメンズプラザで、シンポジウム「改憲のもう一つの危険な狙い・自民党草案(緊急事態条項)」が行われ、海渡雄一弁護士、詩人のアーサー・ビナード氏、物理学者の小沼道二氏が登壇した。


「私たちの社会の中で誰か割りを食っている人がいるんじゃないか。そこに思いを馳せなければ人間性を失う。それが倫理だ」~ タブーに踏み込む科学・科学者 軍事研究、遺伝子操作 2017.7.17

記事公開日:2017.7.18取材地: 動画

 2017年7月17日(月)、東京都墨田区の江戸東京博物館にて、ゲノム問題検討会議、people21(協賛DNA問題研究会、秘密保護法を考える川崎市民の会)の主催によるシンポジウム「タブーに踏み込む科学・科学者―軍事研究、遺伝子操作について考える」が開催された。


高江座り込み10周年報告会 ―講師 アーサー・ビナード氏 2017.6.25

記事公開日:2017.6.25取材地: 動画

 沖縄県東村高江周辺の米軍北部訓練場ヘリパッド建設に反対する「ヘリパッドいらない住民の会」による「高江座り込み10周年報告会」が、2017年6月25日(日)13時より東村農民研修施設で開かれた。各団体からの報告に続いて、詩人のアーサー・ビナード氏が講演を行った。


非戦の市民講座 アーサー・ビナード講演会 「ことばと政治、そして日本の未来」(堺市) 2017.1.28

記事公開日:2017.1.30取材地: 動画

 2017年1月28日(土)18時半より、サンスクエア堺(大阪府堺市堺区)で非戦の市民講座第18回講座としてアーサー・ビナード氏の講演会「ことばと政治、そして日本の未来」が開かれた。


ウチら困ってんねん@京都 アーサー・ビナードさんと守田敏也さんにきいてみよう!憲法・原発 2016.10.9

記事公開日:2016.10.10取材地: 動画

 2016年10月9日(日)15時より、京都市下京区にある「ひと・まち交流館 京都」において詩人アーサー・ビナード氏の講演とフリージャーナリスト守田敏也氏との対談「アーサー・ビナードさんと守田敏也さんにきいてみよう!憲法・原発」が開かれた。ウチら困ってんねん@京都が主催した。


大MAGROCK VOL.9 ―アーサー・ビナードさんと他ゲストによるトーク 2016.7.17

記事公開日:2016.7.25取材地: 動画

 2016年7月17日(日)、青森県下北郡大間町の大間原発に反対する地主の会共有地にて、OhMAGROCKSの主催による「大MAGROCK VOL.9」が開催され、アーサー・ビナード氏他、ゲストによるトークが行われた。


講演会 羽田飛行ルート変更で「東京は標的の村になる」 アーサー・ビナード×奈須りえ 2016.6.5

記事公開日:2016.6.5取材地: 動画

 2016年6月5日(日)、東京都大田区の入新井集会室にて、「フェアな民主主義」主催による、講演会 羽田飛行ルート変更で「東京は標的の村になる」 アーサー・ビナード×奈須りえが行われた。


「種たねSeed」種が危ない2 2016.5.4

記事公開日:2016.5.22取材地: 動画

 2016年5月4日(水)、東京都大田区の大田区民ホール・アプリコ展示場にて、『「種たねSeed」種が危ない2』が開催された。


Democracy Strikes Back!! 民主主義の逆襲 大集会@早稲田大学大隈講堂&高田馬場デモ 2016.5.15

記事公開日:2016.5.17取材地: 動画

 2016年5月15日(日)、東京都新宿区の早稲田大学早稲田キャンパスにて、Democracy Strikes Back!! 民主主義の逆襲 大集会@早稲田大学大隈講堂&高田馬場デモが行われた。


アーサー・ビナード「絵本の向こうに日本が見える」 えひめ勝手連2016企画講演会 2016.4.2

記事公開日:2016.4.2取材地: 動画

 2016年4月2日(土)13時半より、愛媛県男女共同参画センター(愛媛県松山市)で詩人アーサー・ビナード氏の講演会「絵本の向こうに日本が見える」が開かれた。

 愛媛県での野党統一候補擁立を目指すえひめ勝手連2016(にいまるいちろく)が企画し、ビナード氏の講演に続いて勝手連顧問などを務める法学者3人とのトークセッションも行われた。


樋口健二さん&アーサー・ビナードさんコラボトーク講演会「ニッポンの記憶の半減期」 2015.12.20

記事公開日:2015.12.20取材地: 動画

 2015年12月20日、東京都千代田区の専修大学神田キャンパスにて、Mamademo(ママデモ)の主催による樋口健二さんとアーサー・ビナードさんのコラボトーク講演会「ニッポンの記憶の半減期」が開催された。


「大間で自由にみんなで語ろう」〜アーサー・ビナードさんを囲んで 2015.7.18

記事公開日:2015.7.18取材地: 動画

 2015年7月18日と19日、大間原発建設に反対するロックフェスや集会が行われている青森県大間町で、18日(土)19時から詩人のアーサー・ビナード氏を招いたイベント「大間で自由にみんなで語ろう」が開かれた。


ネットワーク九条の会沖縄主催 アーサー・ビナード氏講演会「へのこ へのこ もへじ ~これが日本の本当のかお?」 2015.6.9

記事公開日:2015.6.9取材地: 動画

 2015年6月9日(火)、沖縄県の那覇ぶんかテンブス館で、ネットワーク九条の会沖縄主催による、アーサー・ビナード氏講演会「へのこ へのこ もへじ ~これが日本の本当のかお?」が開催された。


「遺伝子組み換え作物を世界で一番食べているのは日本人です」――日本の農業と食をめぐる危機的状況、TPP参加でさらに悪化も~ジャーナリストらが警鐘 2015.5.2

記事公開日:2015.5.19取材地: テキスト動画

特集 種子法廃止の衝撃「食料主権」を売り渡す安倍政権
特集 TPP問題
※5月19日テキストを追加しました!

 「特許を制する者が、種子を制する。種子を制する者が、食料を制する。食料を制する者が、世界を制する」──。ジャーナリストの天笠啓祐氏は、米国政府、モンサント社、ビル・ゲイツ財団などによる食料支配が進んでいる、と警鐘を鳴らした。

 2015年5月2日、東京都大田区民ホールにて、「シンポジウム『種たねSeed』~種(たね)があぶない!食があぶない!命があぶない!」が開催され、天笠氏、詩人のアーサー・ビナード氏、在来種専門の種会社代表の野口勲氏が、農業が企業による巨大ビジネスになる危険性や、食の分野から見たTPPへの懸念を語った。


「とめよう改憲!おおさかネットワーク」公開講演会&年次総会 ―お話 アーサー・ビナード氏 2015.3.29

記事公開日:2015.3.29取材地: 動画

 2015年3月29日(日)13時半より、大阪市のエル・おおさかで「とめよう改憲!おおさかネットワーク」の第8回総会と公開講演会が開かれ、詩人のアーサー・ビナード氏が講演を行った。


さようなら原発・核燃「3.11」青森集会 2015.3.15

記事公開日:2015.3.15取材地: 動画

 3月15日(日)12時半より、青森市文化会館で「2015さようなら原発・核燃『3.11』青森集会」が開かれ、去年に続き詩人のアーサー・ビナード氏が講演を行った。集会後、参加者らは青森県庁までデモ行進し、県庁を囲んで原発と核燃サイクルからの撤退を訴えた。


海はせまいな小さいな♪ -日本列島を海からみつめるとどんな国なのか- 講師 アーサー・ビナード氏 2015.2.28

記事公開日:2015.2.28取材地: 動画

 2月28日(土)14時より、岡山県玉野市にある玉野文化会館バウハウスで詩人アーサー・ビナード氏講演会「海はせまいな小さいな♪ -日本列島を海からみつめるとどんな国なのか」が行われた。玉野市の「Loch House(ラックハウス)」と移動図書館「おさんぽ図書」が主催した。


アーサー・ビナード 渡部伸二と語る―この国の未来と地方政治― 2015.1.24

記事公開日:2015.1.26取材地: 動画

 1月24日(土)14時より、松山市 愛媛県美術館講堂で「アーサー・ビナード 渡部伸二と語る―この国の未来と地方政治―」が開催され、詩人・絵本作家のアーサー・ビナード氏と、愛媛県議選立候補予定者の渡部伸二氏が日本の未来と地方政治について語った。


「僕らが奴隷にならないための闘いだ」 ~アーサー・ビナード氏、憲法を語り集団的自衛権を斬る 2014.11.10

記事公開日:2014.11.15取材地: テキスト動画

 「ニッポンの武器を買いましょう!」と題された詩人アーサー・ビナード氏による講演会が11月10日、日本消費者連盟の主催で開かれた。

 憲法をテーマにした今回の講演で、ビナード氏は、日本語の言葉の使い方の観点から、安倍晋三政権による集団的自衛権行使容認の閣議決定を分析。憲法の本質を語った。さらに、日本国憲法およびアメリカ合衆国憲法が、それぞれの政府により、どのように骨抜きにされようとしてきたかを、時にユーモアをまじえて語った。


アーサー・ビナードさんが語る「物は言いよう、平和も言いよう」 2014.11.1

記事公開日:2014.11.3取材地: 動画

 11月1日(土)、箕面市内外の草の根平和グループ28団体による「みのおピースフェスタ2014」が開催され、詩人・絵本作家のアーサー・ビナード氏による講演が行なわれた。