元受験生の女性33名が不正入試で東京医大を提訴!原告女性「女性を不利に扱っておきながら、男女とも同額の受験料を支払わせていたことは詐欺と言っても過言ではない」~訴訟提起後の記者会見 2019.3.22

記事公開日:2019.3.26取材地: 動画

 2019年3月22日(金)、原告の元女子受験生らが不正入試が行われた東京医科大学を相手取り損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。15時から東京都千代田区の霞が関 司法記者クラブにて訴訟提起後の記者会見が開かれた。


原発賠償京都訴訟判決日開廷前後の裁判所前の模様及び記者会見&報告集会 2018.3.15

記事公開日:2018.3.16取材地: 動画

 2018年3月15日(木)、京都市中京区の京都地方裁判所で原発賠償京都訴訟の判決があり、京都地裁は国と東電に対し、自主避難者への賠償を命じた。判決後、弁護士会館で原告らによる記者会見と報告集会が開かれた。


上関原発計画をめぐる「4800万円損害賠償請求訴訟」 和解協議など 2016.8.30

記事公開日:2016.8.31取材地: 動画

 山口県上関町の上関原発建設計画をめぐる海の埋め立て工事を妨害したとして、中国電力が反対派の住民ら4人に対し、損害賠償を求めていた民事訴訟は30日、山口地方裁判所で和解が成立した。この日、上関原発建設に反対する住民らは山口県庁前で山口県宛ての要望書を提出し、山口地裁での和解成立を受け裁判報告集会を開いた。


「原発さえなければ」 夫を失ったバネッサさん、1億2千万の賠償請求訴訟へ ~菅野ヴァネッサさんらの提訴後の記者会見 2013.5.30

記事公開日:2013.5.30取材地: 動画

 原発事故によって夫を失ったとし、菅野バネッサさんら遺族が2013年5月30日、東電を相手取り、約1億2千万円を求める損害賠償訴訟を起こした。夫である福島県相馬市の酪農家・菅野重清さんは、福島第一原発事故の3ヶ月後、「原発さえなければ」と自身の堆肥小屋のベニヤ板の壁に書き残し、自殺した。