【スピーチ全文掲載】「メディアに言いたい! 参院選の真の争点は『改憲』だ!!」とSEALDsの奥田愛基氏が喝破 2016.6.5

記事公開日:2016.6.6取材地: テキスト動画

 2016年6月5日、国会正門前で行なわれた「明日を決めるのは私たち―政治を変えよう!6.5全国総がかり大行動」で、スピーチをしたSEALDsの奥田愛基氏は、「改憲」が次の選挙の争点であるにも関わらず、メディアはそのことを正しく伝えていないと訴えた。

 正門前では、いつもの様に多数のマスメディアのビデオカメラが奥田氏のスピーチを撮影していた。他方、「次の選挙の争点は改憲だ」と強調した彼の言葉を、いったいどのくらいのメディアが報じているだろうか。


「明日を決めるのは私たち ― 政治を変えよう!6.5全国総がかり大行動」~国会正門前ステージ 2016.6.5

記事公開日:2016.6.6取材地: 動画

 2016年6月5日(日)、東京都千代田区の国会議事堂周辺にて、6・5全国総がかり大行動実行委員会主催による「明日を決めるのは私たち ― 政治を変えよう!6.5全国総がかり大行動」が行われた。


明日を決めるのは私たち平和といのちと人権を!5.3憲法集会 2016.5.3

記事公開日:2016.5.4取材地: 動画

 2016年5月3日、東京都江東区の有明防災公園にて、5・3憲法集会実行委員会が主催する「明日を決めるのは私たち平和といのちと人権を!5.3憲法集会」が開かれ、おひさまファーム竜土自然農園、辺野古基金共同代表の菅原文子氏他、ジャーナリスト・むのたけじ氏、日本共産党の志位和夫委員長、生活の党と山本太郎と仲間たちの小沢一郎代表、SEALDsの奥田愛基氏らがスピーチを行った。


Democracy Strikes Back! 3 DAYS in WASEDA 「民主主義ってなんだ?」リレートーク 2016.4.17

記事公開日:2016.4.17取材地: 動画

 2016年4月17日(日)、東京都新宿区の早稲田大学大隈講堂にて、『Democracy Strikes Back! 3 DAYS in WASEDA 「民主主義ってなんだ?」リレートーク』が行なわれた。


北海道五区補選に注目必至!初めての野党統一候補・池田真紀氏が街頭演説会~今夏の参院選の試金石、さらに安倍首相が衆参同日選挙をするかどうかの判断材料にも 2016.4.10

記事公開日:2016.4.11取材地: テキスト動画

 「ひとつの選挙区が、日本の未来を変えるんです」――

 「鳥越俊太郎×池田まき 街頭演説会『千歳から、未来の日本を考える』」に登壇した市民連合であり法政大学教授である山口二郎氏は、北海道千歳市の千歳グリーンベルトお祭り広場に集まった聴衆に向かって訴えた。主催によると、この日は3700人もの市民が集まったとのことだ。

 2016年4月10日、この日の千歳市は薄曇り、最高気温8度、最低気温マイナス1度だったにも関わらず、「後ろの人が見えないので」というアナウンスに応えて、多くの聴衆は冷たいコンクリートの地べたに座り、一時間に亘る街頭演説に耳を傾けた。


イケマキ×市民トークセッションvol.2 〜「政治」で変わるの?若者のリアル〜 奥田愛基氏 (SEALDs)×池田真紀氏 2016.4.10

記事公開日:2016.4.10取材地: 動画

 2016年4月10日(日)17時半より、北海道5区補選予定候補でソーシャルワーカーの池田真紀氏、SEALDs(シールズ)の奥田愛基氏と北海道の若者らが参加したトークセッション「『政治』で変わるの?若者のリアル」が札幌市中央区のあじとcafe日びので開かれた。


鳥越俊太郎×池田まき 街頭演説会 厚別集会 2016.4.10

記事公開日:2016.4.10取材地: 動画

 2016年4月10日(日)、千歳市での大規模な街頭演説会を終えた池田真紀氏、鳥越俊太郎氏らが新札幌駅前(札幌市厚別区)に場所を移して15時半より街頭演説会を行った。演説に立った奥田愛基氏 (SEALDs) に話を聞いた。


俳優座『反応工程』を成功させる会 記者会見 2016.3.21

記事公開日:2016.3.21取材地: 動画

  2016年3月21日(月)、東京都港区の劇団俳優座5階・第一稽古場にて「俳優座『反応工程』を成功させる会 記者会見」が行われた。ちなみに、岩上安身も呼びかけ人で参加している。


SEALDs奥田愛基トークセッションin京都「民主主義は止まらない 国会の内と外で」 2016.3.19

記事公開日:2016.3.19取材地: 動画

 京都大学吉田キャンパス(京都市左京区)で、SEALDs(シールズ、自由と民主主義のための学生緊急行動)の奥田愛基氏、安保関連法に反対するママの会発起人の西郷南海子氏、民主党・福山哲郎参院議員の3人を迎えて「SEALDs奥田愛基トークセッションin京都『民主主義は止まらない 国会の内と外で』」が2016年3月19日(土)15時より開催された。 安保関連法に反対するママの会@京都が主催した。


【スピーチ全文掲載】「選挙で社会は変えられる!」SEALDs奥田愛基氏が熊本で初の選挙演説!野党統一候補・阿部広美氏の決起集会で、2000人がコール!集会後、奥田氏に直撃インタビュー! 2016.2.27

記事公開日:2016.3.15取材地: テキスト動画

 「SEALDs(シールズ)」が参院選に向けて精力的に動き始め、「老若男女の草の根の選挙運動」が熊本から全国に広がる可能性が出てきた。2016年2月27日、参院選熊本選挙区の野党統一候補・阿部広美(あべひろみ)弁護士の決起集会が開かれた熊本市内の白川公園に、大学院入試を終えたばかりのSEALDsの奥田愛基氏が駆けつけ、初めての選挙演説を行った。

 「『デモで社会は変わらない』という人たちに対して、柄谷行人さんという哲学者はこう言いました。『デモで社会は変わらないというが、デモをすることでデモをすることが当たり前の社会になる』と。私たちは社会を変えることができる。選挙を通して、選挙ができる社会に変わることができる。変えることができる」。


奥田愛基氏、中野晃一氏、水上貴央氏が市民のためのシンクタンク「ReDEMOS」 設立を記者会見で発表 2015.12.14

記事公開日:2015.12.14取材地: 動画

 2015年12月14日、東京都千代田区の参議院議員会館にて、「ReDEMOS-市民のためのシンクタンク-設立記者会見」が行われた。


SEALDsと学者の会主催のシンポジウムに1500人!山口二郎氏「彼らが新しい政治文化を開いてくれた」 2015.10.25

記事公開日:2015.10.31取材地: テキスト動画
「岐路に立つ日本の立憲主義・民主主義・平和主義――大学人の使命と責任を問い直す」

特集 安保法制
※10月31日テキストを追加しました!

 会場は1300人の満員で立ち見や通路に座り込む人も多く、入りきれずに帰った人も含めると、その数は1500人以上。SEALDsと「安保法制に反対する学者の会」が2015年10月25日に主催したシンポジウムは熱気に包まれ、安保法制が成立してから1カ月以上が経っても、「安倍政権NO!」の世論が広がり続けていることを証明した。


議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! 壊れつつある議会制民主主義にSEALDs奥田愛基氏「正当なプロセスが踏めないなら国会や委員会の必要性がなくなる」 2015.10.15

記事公開日:2015.10.15取材地: テキスト動画
奥田愛基氏

 始まりから終わりまで、一貫して非民主的だった安保関連法制の国会審議。

 参院安保特別委員会における「強行採決」に至っては、採決そのものが本当に存在したのかさえも疑わしい。しかし、議事録はあとで「改竄」され、まるで正当な手続きが行われたかのように仕上がっている。

 2015年10月15日(木)、参議院議員会館で「参議院安保特議事録『改竄』に対する抗議記者会見」が開かれた。会見には、9月16日に行われた横浜地方公聴会の公述人である水上貴央弁護士(青山学院大学法務研究科助教)、広渡清吾前日本学術会議会長と、中央公聴会の公述人を務めたSEALDsの奥田愛基氏 が列席した。


「草の根で運動してきた人たちの結果が、SEALDsという形で表れた」――SEALDs KANSAI寺田ともかさんに岩上安身がインタビュー!廃案を目指すこれからの運動の形とは 2015.9.16

記事公開日:2015.9.20取材地: テキスト動画独自

 「(戦後71年目は)迎えるしかない。迎えてやるって感じです」――。

 参議院の特別委員会が横浜市で地方公聴会が開くなど、安全保障関連法案の審議が山場を迎えた2015年9月16日、都内・飯倉片町のIWJ事務所では、岩上安身によるSEALDsKANSAI寺田ともかさんのインタビューが行なわれた。

 7月15日、寺田さんは大阪・梅田駅前での街宣アピールで安倍総理に退陣を迫った。「あなたはこの夏で辞めることになる。私たちは、来年また戦後71年目を無事に迎えることになるでしょう」とスピーチの中で訴えた。法案の採決目前の16日、岩上が「私たちは、戦後71年目を無事に迎えることができそうですか」と聞くと、寺田さんは「迎えてやるって感じです」と、これからも声を上げ続ける決意を見せた。


【記者会見全文掲載】「多数派だから何をしてもいいわけではない。これからも声を上げていきます!」――「SEALDs」奥田愛基氏ら3人が外国特派員協会で記者会見 2015.9.16

記事公開日:2015.9.17取材地: テキスト動画

特集 安保法制|特集 安保法制反対メッセージ
※9月17日テキストを追加しました!

 「現在では、『賛成議員を落選させよう』という合言葉が使われています。法案が通る前の運動とは違う形になりつつあると思っています」――。

 安保法制の審議で、与党・安倍政権は強行採決に前のめりとなっている。政府・国会に反対の声を届けるべく、国会前抗議も連日ヒートアップしている。法案に反対する全国の若者たちの受け皿となってきた「SEALDs」の奥田愛基氏ほか、本間信和氏、芝田万奈氏の3人が2015年9月17日、日本外国特派員協会で記者会見を開いた。


【緊急アップ!全文掲載】国会での意見陳述の手応えは——9.15国会前抗議終了後、SEALDs奥田さんへインタビュー!「総理は楽観視し過ぎている、国民は忘れるどころか抗議の声はもっと強くなる」 2015.9.15

記事公開日:2015.9.16取材地: テキスト動画

特集 安保法制

 安保法制をめぐる国会審議は、2015年9月15日、採決の前提条件である中央公聴会が行われた。国会の外では、総がかり行動実行委員会・SEALDs主催の国会前抗議には、主催者発表で約1万6000人が集まり、間近に控えた強行採決に激しい抗議の声をあげた。参考人として公聴会で意見陳述したSEALDsの奥田愛基さんは、公聴会終了後、スーツのまま国会前でマイクを握った。

 与党はこれまで一言も触れていなかったのに、今日になっていきなり16日採決を言い出すとはどういうことなのか——。中央公聴会を、国会を舐めているのではないか。奥田さんは怒りを携え、厳しく安倍政権のやり方を批判した。「野党は牛歩!」のシュプレヒコールが国会前に響いた。


【緊急アップ!意見陳述全文掲載】「今日は、国会前の巨大な群像の中の一人として、ここにきています」SEALDs奥田愛基さんが参院で堂々意見陳述「安保法案」に反対を表明! 2015.9.15

記事公開日:2015.9.15取材地: テキスト
奥田愛基さん意見陳述

特集 安保法制

 「私は、私たち一人ひとりが思考し、何が正しいのかを判断し、声を上げることは、間違っていないと確信しています。また、それこそが民主主義だと考えています」——。

 毎週金曜日、国会前に立ち続けた若者が、背広で身を固め国会内でスピーチする。この光景を一体誰が想像できただろうか。安保法制の国会審議が大詰めの2015年9月15日、参議院「安全法制特別委員会」の中央公聴会が開かれ、SEALDsのメンバーであり、明治学院大学の学生でもある奥田愛基さんが民主党推薦の公述人として意見陳述した。


「憲法がない独裁国家はあるが、民のいない国はない。だからまずは俺たちを見ろ」――国民無視で強行採決間近!? 安保法案廃案を求め、5000人がSEALDs主催の国会前抗議で怒り 2015.9.4

記事公開日:2015.9.5取材地: テキスト動画

 強行採決のカウントダウンが始まったか。

 参院特別委で審議中の安保関連法案。現在、法案によっては自衛隊員の安全確保規定が欠落している問題(「米軍行動関連措置法」など)や、「軍部の暴走」を疑わせる、新たな防衛省の内部文書の存在が発覚するなど、国会審議は混迷を深めている。


「メディアが報じなかった市民運動の実態を、後世に伝えたい」――映画『首相官邸の前で』小熊英二監督と「SEALDs」メンバーが対談! 2015.9.2

記事公開日:2015.9.2取材地: テキスト動画
出演 小熊英二氏(本作監督)、SEALDs(奥田愛基氏、梅田美奈氏)

 慶応大学教授で歴史社会学者の小熊英二氏が監督した映画、『首相官邸の前で』の先行上映・トークイベントが、2015年9月2日、渋谷アップリンクにて行われた。トークイベントには、2015年6月より毎週国会前で抗議デモを行ってきた「SEALDs」のメンバー・奥田愛基さんと梅田美奈さんも登壇した。


【IWJレポート】8.30国会前「決壊」!官邸がメディアに撮らせたくなかった「人々の力」 参加した12万人それぞれの思い 2015.8.30

記事公開日:2015.9.1取材地: テキスト動画
国会正門前の車道は人で埋め尽くされた(午後2時過ぎ)

特集 安保法制

「今回の道路決壊は人々の力ですよ」——。

 見守り弁護団の一人であり、警視庁に過剰警備防止の申し入れを行なった神原元弁護士は、IWJの取材にこう漏らした。

 主催者発表で12万人となった2015年8月30日の国会周辺の抗議行動。安全保障関連法案に反対する声をあげるため、数万人の市民が一斉に国会議事堂前を目指した。60年安保を彷彿とさせる人波が、メディアの空撮によって記録された。