議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! 壊れつつある議会制民主主義にSEALDs奥田愛基氏「正当なプロセスが踏めないなら国会や委員会の必要性がなくなる」 2015.10.15

記事公開日:2015.10.15取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・写真:ぎぎまき 記事:原佑介)

 始まりから終わりまで、一貫して非民主的だった安保関連法制の国会審議。

 参院安保特別委員会における「強行採決」に至っては、採決そのものが本当に存在したのかさえも疑わしい。しかし、議事録はあとで「改竄」され、まるで正当な手続きが行われたかのように仕上がっている。

 2015年10月15日(木)、参議院議員会館で「参議院安保特議事録『改竄』に対する抗議記者会見」が開かれた。会見には、9月16日に行われた横浜地方公聴会の公述人である水上貴央弁護士(青山学院大学法務研究科助教)、広渡清吾前日本学術会議会長と、中央公聴会の公述人を務めたSEALDsの奥田愛基氏 が列席した。

 奥田氏は、「立憲主義や議会制民主主義、民主主義が壊れてきている」と語り、「もし国会審議などの正当なプロセスが踏めないのであれば、国会や委員会がなぜ必要なのかというそもそもの前提が崩れる」と危機感を示した。

■ハイライト

  • テーマ 参議院・我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会の9月16日地方公聴会の議事録添付及び9月17日の議事録について
  • 内容 1.今回の経緯についての概要説明/2.地方公聴会議事録添付についての抗議/3.議事録の「改ざん」に対する抗議/4.質疑応答
  • 公聴会公述人 広渡清吾氏(専修大学教授、元東京大学副学長、前日本学術会議会長)、水上貴央氏(弁護士、青山学院大学法務研究科助教)、奥田愛基氏(SEALDs、明治学院大学)
  • 日時 2015年10月15日(木) 17:00〜
  • 場所 参議院議員会館(東京都千代田区)

「聴取不能」から委員長判断で一方的に上書きされた議事録

 10月11日、参院特別委員会で9月17日に安全保障関連法案を採決した際の議事録が参院のホームページで公開された。怒号が飛び交うなかで作成された速記録は、可決を宣言したと主張する鴻池祥肇委員長の発言を「聴取不能」と記していたが、新たに公開された議事録には、「可決すべきものと決定した」との文言が加筆されていた。

 また、実際には「速記停止中」に「採決」が行われていたはずが、新たに公開された議事録では「速記を開始し」という文言まで追加されていた。これらの加筆部分について参院事務局は「鴻池委員長が認定した」と主張しているが、野党側は事前の打診に同意しておらず、「議事録の信頼性が揺らぐ」と反発している。

「今回の議事録は、実態と大きく異なるという意味で『改竄』だ」

水上貴央弁護士

▲議事録の加筆を「改竄(かいざん)」だと非難する水上貴央弁護士

 「NHKで生中継されていましたが、速記を起こしていないのは明らか。それが、速記を起こしていたことになっているんです」

 地方公聴会に公述人として招かれた水上貴央弁護士は、今回の議事録の加筆を「改竄」だと非難する。

 「野球で例えれば、“タイム”がかかっている最中に客席から観客がフィールドに雪崩れ込んできて、内野を人間かまくらで囲ってバリケードを作ったうえでピッチャーが勝手に3回ボールを投げて、『三振!』『ゲームセット!』とやっているようなものです」

 また、通常の委員会採決であれば、議事録には「多数決で採決した」「全会一致で可決した」などと採決の様子が記録されるが、「今回は『可決する』だけで、採決が多数決だったのか、全会一致だったのかも書かれていない。さらに、誰が決定したのかもわからない」と異常性を指摘した。

 そのうえで水上氏は、「今回の議事録は、実態と大きく異なるという意味で『改竄』です」と強調。「中身も不合理で、これを許すと、もはや委員会審議をしなくても議事録をあとから書けばいい、ということになる。議事録はあくまで議事経過を記録し、歴史的な検証をするものなので、ありもしないことを書いてはいけない」と憤った。

異例づくしの公聴会の扱いに水上弁護士「参院審議の重大な汚点」

 さらに水上氏は、「公聴会の議事録の扱い」にも疑問を呈した。

 参院の安保特別委員会では、地方公聴会後に一度も委員会で審議が開かれることなく法案が「採決」されたため、地方公聴会の内容は委員会で共有されず、公述は採決に活かされることもなかった。

 地方公聴会は、委員全員が参加するわけではない。したがって、通常であれば公聴会後に委員会で「派遣報告」をし、公聴会の内容を委員間で共有しなければならない。そして、報告会の議事録の末尾に「参考資料」として公聴会の議事録が添付されるのが通例である。

 今回は「派遣報告」が行われなかったため、地方公聴会の議事録も一度は宙に浮いたが、野党の抗議を受け、17日の「強行採決」の議事録の末尾に“アリバイ”のように添付された。これは異例の対応だという。

 水上弁護士は公聴会で公述した際に、「この横浜地方公聴会は、慎重で十分な審議をとるための会ですか? それとも採決のための単なる『セレモニー』ですか?」と懸念を示していたが、結果として報告会も開かれず、議事録も採決後に後付で添付されただけだった。

 「これでは公聴会が本当にセレモニーになってしまう」と水上氏は指摘し、「公聴会は採決の参考にするために行われるものです。『都合の悪い公述だった場合は、採決が終わった後に議事録を添付する』というのであれば、公聴会自体の意味がないことになる」と主張。今回の地方公聴会をめぐる扱いについて、「参院審議の重大な汚点だ」と痛烈に批判した。

 水上氏には10月13日、IWJ代表・岩上安身が詳しく話をうかがっている。4時間にわたる超ロングインタビューだが、中身は引き締まった非常に重要な内容である。ぜひ、ご覧いただきたい。

広渡氏「『改竄』というより、事実と違うことを書いた部分は『捏造』だ」

広渡清吾・前日本学術会議会長

▲「事実と違うことを書いた部分は『捏造』だ」 会見する広渡清吾・前日本学術会議会長

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

“議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! 壊れつつある議会制民主主義にSEALDs奥田愛基氏「正当なプロセスが踏めないなら国会や委員会の必要性がなくなる」” への 4 件のフィードバック

  1. 武尊 より:

    こういう問題を提議すると長谷川幸洋(東京新聞・中日新聞論説副主幹)みたいのが、現実論を持ち出して論破しようとする。
    処がその根拠が笑えるんだな。安倍と同じで「中国がァ!北朝鮮がァ!」の脅威論。そしてその「中国やロシアが公然と乱暴狼藉を働くようになってしまった。クリミアに侵攻したロシアと尖閣諸島や南シナ海の自由航行を脅かしている中国である。」みたいな事を言い出すんだが、そこにはアメリカの乱暴狼藉問題には一切触れないという詐欺行為が隠されている。
    安倍達がこういう詐欺的考えを元に今回の政治を行ったのは間違いない。
    それにしてもこれだけメチャメチャなことをした自民党の支持率が上がるなんて、日本人の思考はどうなってるんだろうねェ?どれだけ日本がアメリカに従属していることを知らされても、そこから抜け出す気も無いし、より一層深みに嵌って居たいとはねぇ、、。
    そういえばこの長谷川がしゃっべって書いた場所も『ニュースの深層』って場所だったな(笑)

  2. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! 壊れつつある議会制民主主義にSEALDs奥田愛基氏は「正当なプロセスが踏めないなら国会や委員会の必要性がなくなる」 http://iwj.co.jp/wj/open/archives/270517 … @iwakamiyasumi
    これを認めれば独裁国家が始まるということだ。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/654945003236560896

  3. 宇佐美 保 より:

    奥田さん、今の貴方の周囲には、学校だけでは得られない、優れた方々との意見交換が可能で、他の学生たちにとっては、願っても得られない状況です。
    それもあなたの勇気と知力と行動力で勝ち取っている環境です。
    どうか、その環境を十分に活用して下さい。

    尚、IWJの皆様も資金のやりくりに苦労しながら頑張っておられ、次のメッセージを発信されておられます。
    ご寄付・カンパによるご支援のお振り込み先は、こちらのページに口座情報があります。ぜひよろしくお願いいたします。
    http://iwj.co.jp/join/pleasehelpus.html

  4. @arantakashiさん(ツイッターのご意見) より:

    2015/10/15 議事録の「改竄」を公聴会公述人が徹底批判! http://iwj.co.jp/wj/open/archives/270517 … @iwakamiyasumi
    締め括り質疑はしない、公聴会報告もしない、議事録は創作、捏造し、「参照」と称して添付。こんな法案に従う義務は国民にない。
    https://twitter.com/arantakashi/status/658445954408779776

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です