北海道五区補選に注目必至!初めての野党統一候補・池田真紀氏が街頭演説会~今夏の参院選の試金石、さらに安倍首相が衆参同日選挙をするかどうかの判断材料にも 2016.4.10

記事公開日:2016.4.11取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材:外川鉄治、記事:青木浩文)

 「ひとつの選挙区が、日本の未来を変えるんです」――

 「鳥越俊太郎×池田まき 街頭演説会『千歳から、未来の日本を考える』」に登壇した市民連合であり法政大学教授である山口二郎氏は、北海道千歳市の千歳グリーンベルトお祭り広場に集まった聴衆に向かって訴えた。主催によると、この日は3700人もの市民が集まったとのことだ。

 2016年4月10日、この日の千歳市は薄曇り、最高気温8度、最低気温マイナス1度だったにも関わらず、「後ろの人が見えないので」というアナウンスに応えて、多くの聴衆は冷たいコンクリートの地べたに座り、一時間に亘る街頭演説に耳を傾けた。

 衆議院北海道5区の補欠選挙が、4月12日公示、24日投開票で行われる。前衆院議長の自民党の町村信孝氏(満70歳没)の死去に伴うものだ。

 この演説会には、弁士として山口氏、SEALDsの奥田愛基氏に加えて、ママの会の長尾詩子氏、前札幌市長で弁護士である上田文雄氏、そして、ジャーナリストの鳥越俊太郎氏が登壇し、立候補予定者の池田真紀氏のスピーチで締めた。

■ハイライト動画

  • 弁士 山口二郎氏(市民連合、法政大学教授、北海道大学名誉教授)/長尾詩子氏(安保関連法に反対するママの会)/奥田愛基氏 (SEALDs)/鳥越俊太郎氏(ジャーナリスト)/上田文雄氏(前札幌市長、弁護士)/池田真紀氏(フリーソーシャルワーカー、衆院北海道5区補選予定候補者)
  • SEALDsメンバーから 諏訪原健氏ほか/がんばろう三唱

野党統一候補の第一号となる池田真紀氏、和田義明氏推薦を決めた「新党大地の裏切り」

 この選挙に立候補を予定しているのは2名。自民党は町村氏の娘婿で三菱商事出身の和田義明氏(43歳)を公認した。公明党、新党大地などが推薦している。

 他方、民進党、共産党、社民党、生活の党と山本太郎となかまたちの野党4党が推薦するのは、社会福祉士であり2人の子どもを育てるシングルマザーでもあるという池田真紀氏(43歳)だ。

 当初、日本共産党は当初、橋本美香氏(45歳)を公認していたが、それを取り下げ民主(当時)、維新(当時)、社民の各党が推薦する新人の池田氏で野党候補を一本化することで合意したことを、2月19日に正式発表した。日本共産党が衆院選で野党共闘のために公認候補を取り下げるのは史上初めてとのこと。つまり、池田氏は、野党統一候補の第一号ということになる。

 この共産党の譲歩のもつ意味は、とてつもなく大きい。共産党が独自候補を出していれば、はじめから勝負にならなかった。反自民票は割れ、町村氏の「跡目」を継ぐ、自民党の和田義明氏の楽勝となっていたはずである。共産党を含めた「野党共闘」がなって、はじめて野党は与党候補とせりあうスタートラインに立てたのである。民主党にくすぶっている、「共産党と組んだら保守票が逃げる」などという詭弁を弄する「共産党アレルギー」の右派議員らはこの現実を直視せよ、と言いたい。

 この北海道5区の補選の勝敗は、3ヵ月後に迫った夏の参議院選挙での野党共闘による選挙協力に大きな影響を及ぼすことは間違いない。また、安倍首相が衆議院を解散し、この夏に衆参同日選挙するかどうかの判断材料になるとの見方もある、非常に重要な選挙だ。

 また、地域政党新党大地は長い間、民主党と選挙協力を行ってきたにもかかわらず、手の平を返して自民党にすり寄り、自民党公認候補の和田氏の推薦に回った。長年、北海道のローカル政党として地元民に親しまれてきた同党だが、世話になった民主党に後ろ足で砂をかけ、長女の鈴木貴子議員は民主党から議員になったのに離党し、自民公認の和田氏の支援に回るなど、あまりの変節ぶりに、「新党大地の裏切り」との批判の声が、地元からも上がっている。

 新党大地の代表である鈴木宗男氏の娘、鈴木貴子衆議院議員は、2014年の第47回衆議院議員総選挙では、民主党の公認で出馬、落選したもの比例北海道ブロックで復活した身。鈴木貴子氏は、日本共産党と共同歩調を取る民主党の対応を「国家観が全く異なる。今のままでは地元有権者との約束を果たせない」と批判し、民主党に離党届を提出しましたが受理されず、3月1日に除籍処分となっている。

「北海道五区から、全国に向けて、憲法と民主政治を守る大きなうねりを起こしていただきたい」――法政大学教授・山口二郎氏

▲この日の演説会には3700人もの市民が集まった(主催者発表)

 山口氏は、北海道五区の有権者が、日本の民主主義の命運を決める重大な役割をになっていることを強調した。

 「安倍政権の成立後の3年余りで、2014年7月の閣議決定による集団的自衛権の行使容認、2015年9月の安保法制の強行採決と、戦後の平和国家、憲法の破壊に向けて、ホップ、ステップと2つ前に進んでしまった。そして、この夏の参議院選挙で三分の二を獲得し憲法改正したいと公言している。安倍さんにとってのジャンプ、憲法改正を何とかして阻止しなければなりません」と訴えた。

 また、野党統一候補、池田氏の擁立は、各政党、各市民団体が苦労を重ねた結果生まれた「素晴らしい共闘の形だ」と胸をはった。

 「これこそ全国に誇るべき広範な市民の結集の姿。この結集によって、安倍政権の野望を打ち砕くことができれば、その成果は全国の夏の参議院選挙、あるいは衆参同一選挙に向けて、大きな弾みとなる。この北海道五区の地から、全国に向けて、憲法と民主政治を守る大きなうねりを起こしていただきたい」

 「300の内のひとつの選挙区だけれども、ひとつの選挙区が、日本の未来を変える」として、聴衆に池田氏への応援を求めた。

自民党候補者は秘書1000人引き連れて総掛かりでやっている――僕たちは「市民が主役」になれば「池田真紀さんはきっと勝つ」――SEALDs・奥田愛基氏

▲「市民主役型」の選挙を提案するSEALDs奥田愛基氏

 昨日までマニラで各国の学生と民主主義の現状について報告会を行っていたという奥田氏は、北海道千歳市の気温に身体を震わせながらも、「僕は北海道の人じゃないけれど、今回の選挙は責任があると思っています。この国に生きる人として、この国の未来がかかっています」と熱く語った。

 また、民主党のアメリカ大統領候補バーニー・サンダース氏のプロモーション動画について触れ、「サンダース氏がどれだけ素晴らしいかサンダース氏自身が語るのではなくて、応援している人たちがどんどん動画を撮って上げている。サンダース氏が主役であるけれども、市民も主役」と説明した。

 その上で、池田氏の動画は「半分くらいが市民の人達が映っていました。最後は応援している人達の写真が写っていました。その人達の笑顔がとっても素敵でした。僕はもっともっとその笑顔を見たいし、もっともっと自分たちができることがあると思います」とし、市民が主役となって積極的に選挙戦で行動していくことを呼びかけた。

※池田まき「ずっと平和を。もっと安心を。」PR動画

  • https://youtu.be/cP-sU9JCO9k

 「週刊誌の情報によると自民党の候補者はなんと秘書を1000人くらい引き連れて今総掛かりでやっているそうです。我々には秘書は1000人いないかもしれないけれど、ここに1000人以上の人がいます。僕たちは選挙の光景をきっと変えられると思います。というか変えたい」

 「安保法制だって、政党が先に動いたって僕は思っていません。市民の人が先に動いたから政党もあれだけやる気になったんだと思います」

 「この国の民主主義はまだ死んでいない、まだ終わっていない。何度だって始められる。僕たちは政治政党や、政治信条、世代、おじいちゃん、おとうちゃん、おかあちゃん、弟、妹の世代だって、一緒になって、この選挙で変えられる。市民が主役になれる。そして池田真紀さんはきっと勝つ!」

自民党の改憲草案「緊急事態条項」は「日本国憲法を投げ捨てて、新たに安倍総理が政令を勝手に定めて、日本を好きにできる」――反安倍の政党は、「反安倍という点で一致して、統一候補を立て闘うべき」

▲選挙応援せずにいられなかったと語るジャーナリスト・鳥越俊太郎氏

 鳥越氏は、「普通、(私は)選挙のことなんかやらないんですね。今回だけは東京でじっとしているわけにいかない」として、壇上から聴衆に語りかけた。

 「寒いね。寒いけどここは熱気がこもっている。この熱気が日本の政治を変えることになる」と、鳥越氏はその第一声で聴衆をわかせた。

 「安倍政権が日本に登場してから、憲法を壊し、メディアも壊し、農業も壊し、自衛隊のあり方も壊し、日本の国そのものを根底から壊している」として、日本が「とても危機的な状況におかれている」と訴えた。

 鳥越氏は、報道ステーションのキャスターであった古舘一郎氏が、同番組を降板直前に1泊3日でドイツ・ワイマールにて撮影・制作した特集について触れ、

 「ヒトラーは武力で権力を握ったわけではない。ワイマール憲法という最も民主主義な憲法の中に、国家緊急権という一項があった。これを利用して全権委任法という法律を作り、国家権力をナチスヒトラーが全部掌握して、あの戦争、アウシュヴィッツへ突き進んだ」と、古舘氏の説明を紹介した。

 その上で、「自民党が求める憲法改正の中に、緊急事態条項というのがあります。これは、まさに国家緊急権と同じ。何かあったときに政府は、総理大臣は、憲法を停止してあらたに法律を制定できると書いてある。つまり、私たちの日本国憲法を投げ捨てて、新たに安倍総理が政令を勝手に定めて、日本を好きにできる」

 そう語り、今夏の参議院選挙でも、衆参同日選挙になったとしても、自民公明与党で憲法改正の発議が可能になる3分の2の議席数を独占させてはならないと強調した。

 「そのためにはどうしたらいいのか。反安倍の政党は、たとえ過去のしがらみがなんであろうと、意見の相違が何であろうと、立場の違いがあろうとも、反安倍という点で一致して、手を結んで、そして、統一候補を立て闘うべきなんです」

 「これがまさに実現して池田真紀さんという形になっているんです。池田真紀さんが勝つことが日本のまさに運命を変えることになる」

 「やろうじゃないですか! やろうと思えばやれる!」

「安倍政権は国民の声を聞こうとしていません」――「私は幼少期、暴力、DVという家庭のなかで怯えて育った」「だからこそ人の気持ちがわかります。心の叫びも感じます」

▲池田真紀氏

 演説会の最後にマイクを握った池田氏は、「小泉政権の下で始まった、社会福祉基礎構造改革」により、「本当に必要な人に、必要なものが届いていない」と訴えた。

 「私は幼少期、家庭のなかでは居場所がなかった。暴力、DVという家庭のなかで怯えて育っていました。だからこそ人の気持ちがわかります。人の痛みだけでなく、心の中がわかります。心の叫びも感じます。だからその人達の声を本当に守りたい。今、安倍政権は国民の声を聞こうとしていません」と、自らの生い立ちを明かしながら、聴衆に語りかけた。

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「北海道五区補選に注目必至!初めての野党統一候補・池田真紀氏が街頭演説会~今夏の参院選の試金石、さらに安倍首相が衆参同日選挙をするかどうかの判断材料にも」への1件のフィードバック

  1. 片山泰都 より:

    池田まきさんは、人柄的にもしっかりした方で、信頼のおける方だということがよく分かりました。また、小さい時から大変な苦労をされ、人の痛みも分かる方です。このような人こそ、国政に出ていただき、アベ政治によってガタガタにされてしまったこの国を建て直して頂きたいと思います。北海道から、市民の力が全国に広がる事を期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です