【特別寄稿】東京都知事選への出馬に否定的な山本太郎氏だが、「私が都知事になったら東京が一番暮らしやすくなって一極集中が進む!」と自信も!? 都知事選はカジノ誘致が争点に!? 2020.2.14

記事公開日:2020.2.14 テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:ジャーナリスト横田一)

 京都市長選(2月2日投開票)で四選を決めた現職の門川大作候補(公明、自民・立憲・国民・社民の各党府連推薦)に、弁護士・福山和人候補(共産・れいわ推薦)が約5万票差にまで迫った翌日(3日)と翌々日(4日)、三度応援に入ったれいわ新選組・山本太郎代表が岡山市と広島市で「おしゃべり会」を開催するというので、「追っかけ取材」をすることにした。「市長選の結果をどうとらえているのか」という点に加え、東京都知事選(6月18日告示、7月5日投開票)出馬の意向についても聞いてみたかったからだ。

 実は、1月23日に立憲民主党の長妻昭選対委員長が「(都知事選野党統一候補として)十分検討の余地はある」と発言したことで、その2日後に二度目の京都入りした山本氏に都知事選関連質問が集中したが、「それどころではない。目の前の一勝だ」とノーコメント。そこで市長選後、あらためて都知事選について再質問しようと思ったのだ。

▲れいわ新選組・山本太郎代表(横田一氏提供)

京都市長選の票差や出口調査のデータを見ると、非共産野党が足並みをそろえて福山和人候補を応援すれば、現職の自公推薦候補に勝てたのではないか?

 2月3日18時からの岡山での「おしゃべり会」では冒頭、地元紙の記者が京都市長選の結果の受け止めなどについて質問し、山本氏は次のように答えた。

 「非常に残念ですが、本当に市民が主体となって選挙を動かしていくようなことが京都市長選で確認できました。そこが、これまでの政党選挙とは違ったところだろうと思いました」「四期目の門川さんに生活を底上げするようなことを確実にやっていただきたい。任期12年の間には人々の生活は、衰退しているような数字が出ている。四期目から人々の生活が確実に底上げされるような施策を打っていただきたい」。

(※注)福山和人候補は「子どもの貧困はOECD諸国の中で最悪。京都のワーキングプア率は全国でワースト3位。非正規雇用率もワースト3位」と述べ、貧困をなくすための実態調査と対策を政策として掲げていた。

■非正規雇用ワースト3の京都は外資・東京資本のみ高収益! 多民族共存の伝統を保つとともに、農家の命綱の種子守る!岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー!2/15

■「非正規雇用率全国1位の京都で、貧困対策など市民生活を全力応援!」岩上安身による京都市長選候補予定者・福山和人弁護士インタビュー! 8/15

▲門川大作・京都市長(横田一氏提供)

 一方、投開票を京都で見届けた私は、「次期総選挙での政権交代(安倍政権打倒)の道筋を照らし出す選挙結果」と肯定的に受止めていた。「非共産 対 共産」という対決の構図となった四年前の京都市長選では、ダブルスコア(約12万5千票差)だったが、今回は約5万票差にまで縮まった。政党基礎票では現職に3倍以上の大差をつけられていたが、自民34%に次ぐ28%を占める「支持政党なし(無党派層)」の出口調査では、門川氏26.7%に対し福山氏38.7%と1.5倍弱にも達し、18歳と19歳の出口調査でも約半分が福山氏に投じていた。若者世代にも支持が広がっている「山本太郎効果」が随所に見て取れる選挙結果になっていたのだ。

▲福山和人候補の応援演説をする山本太郎氏(横田一氏提供)

 山本氏が三度目の京都入りをした2月1日、立憲のコアの支持者である吉村直子さんが「立憲」と「れいわ」のプラカードを並べ持って街宣会場に駆け付けたが、もし三野党が門川市長に相乗りせずに足並みをそろえて福山氏を支援していたら、現職の自公推薦候補を破った可能性は十分にあったように思われる。

▲吉村直子さん(横田一氏提供)

「消費税5%減税」を立憲民主党は受け入れる気配なし!? 山本代表は「解散風が吹くまでは無理じゃないか」

 こんな市長選分析をした上で、おしゃべり会を終えた山本氏に聞いてみた。

横田一「京都市長選でも『山本太郎効果』が出たと見ているが。18歳と19歳の出口調査で福山候補に半分入れたし、無党派層で一番多かった」

山本太郎代表「どうなのですかね、自分がどれくらい効果があったのかというのは。三回しか応援に入れていないので(効果は)限定的ですよね。(全国ツアー中だったので)予定的に無理だったのですが、初日から最終日までベタ付けでやった場合にどういう効果が出たのか、自分の中で一瞬思いました。ちょっと三回は少なすぎるなと本当に思います」

 二枚のプラカードを掲げた立憲支持者の市民・吉村さんが「次期総選挙では立憲とれいわは共闘して欲しい」「(山本氏が野党結集の旗印として提案している)『消費税5%減税』を立憲は受け入れ欲しい」とも語っていたことを受け、立憲との調整状況についても山本氏に聞いてみた。

横田「(消費税5%減税について話し合うために)枝野代表と会う予定は?」

山本代表「ないですよ」

横田「向こうから打診はないのですか?」

山本代表「全くないです」

横田「(都知事選有力候補と発言した選対委員長の)長妻(昭)さんとは?」

山本代表「全くないです」

横田「『消費税5%減税で一致した方が(野党同士討ちが回避できて)いい』と記事でも書いているのですが」

山本代表「そうなのですよね」

横田「(立憲からは)音沙汰なしですか?」

山本代表「もうちょっと(解散)風が吹くまでは無理じゃないですか。解散風が吹いたら、向こう(立憲)も刺し合いみたいなことはしたくないでしょうから」

 今回の京都市長選は、政権交代実現に向けた教訓を残したといえる。一つは「『山本太郎効果』を取り込んで野党結集(統一候補擁立)をすれば、自公系候補に競り勝てる可能性大」という勝利の方程式を示したことと、もう一つは、「消費税をめぐる立憲とれいわの調整が同士討ち回避に不可欠」という重要課題を浮彫りにしたことだ。

 ちなみに国民民主党も共産党も山本代表とのトップ会談済で「消費税5%減税」についても前向きにとらえている。しかし野党第一党の立憲民主党の枝野幸男代表と山本氏の面談はいまだに実現していない。両代表面談が野党共闘(選挙協力)のポイントと記事で何度も指摘してきたのはこのためだ。

「私が都知事になったら東京が一番暮らしやすくなって一極集中が進む」!? 都知事選出馬にはやや否定的な山本氏、「『消費税5%減税』を優先させたい」!

 4日18時からの広島でのおしゃべり会では、冒頭の報道関係者の質問タイムで都知事選について聞いてみた。

 質問項目は、一)出馬要請を受ける条件、二)都知事と党代表の兼任、三)都知事選でのカジノ争点化についてだが、山本氏からは都知事選出馬にはやや否定的な回答が返って来る一方、国政選挙での野党共闘の旗印である「消費税5%減税」については熱っぽく語った。

横田「総選挙の前哨戦になると見られている都知事選について、長妻昭選対委員長(立憲)は山本太郎代表が有力な候補という発言を(BSの番組で)しているのですが、どういう条件が整った時に受けられる可能性があるのかということと、もし都知事になった場合は松井一郎(維新)代表のように『党代表と都知事を兼任して都政にれいわの政策を反映させると同時に党代表も兼ねる』というイメージなのかということと、小池百合子都知事は隠れカジノ推進派といわれていて、林文子(横浜)市長と同じように再選されたらカジノ誘致表明をするのではないかと、安倍総理も再選容認発言をしているので、都知事選がカジノイエスかノーかの選挙になるような気もするのですが、都知事選の争点について三点、うかがいしたいのですが」

山本代表「都知事(候補)、どんな条件だったら受けますかということですが。『都知事に山本がどうか』ということは長妻さん以外、言われている方はいらっしゃらないということですよね。長妻さんも何でそんな発言をされたのかということは、私は全くわからないので、反応のしようがないというのが正直なところかなと思います。

 逆に私が都知事になったら困ると思います。東京が一番暮らしやすくなりますから東京の予算は諸外国の予算並なのです。東京は(予算が)潤沢にあるわけですから、積極的な財政が行えるわけです。ということは、私が国政で訴えていることを都知事としてやれてしまうのです。

 困るのは何かというと、東京があまりにも暮らしやすくなったりしたことによる弊害は一極集中がどうにもならない状況になってしまうことですそれを考えると、私が都知事になることが現実的なのかということです。

 当然、積極財政をすれば経済を底上げすることができるし、人々の暮らしを守ることが出来ることは実証できるかも知れません。国全体を考えた時に一極集中を何とかしないといけないところをどうしていくのかという部分があると思います。

 別に都知事に関して『こういう条件を出して来たら飲んでやるよ』という話ではないですから。逆に言えば、私は『山本太郎というカードを政権交代とか野党側に力を持っていただくために自由に使っていただけたらいい』という考えなのです。そのためには『消費税5%(減税)』というところで選挙を戦っていただいて、政権交代につながるという道筋をつけていただきたいという思いなのです。

 次の総選挙においては、自分たちの議席が増えない可能性があったとしても『消費税5%減税』を私たちは優先させたい。大変な人が一杯いるじゃないかということです。ここにプラスになるようなことをできるのであれば、私たちはそれでもいいと思っています。

 その時に私がどこの選挙区から出ますかという時にも、野党の戦い方に対して、一番プラスになる。たかだか山本太郎というカードですけれども、『とんでもない強いところに当たりに行って話題をつくるとかで選挙を盛り上げる』という使い方でもいいということです。捨て石的な使い方でもいいですよ」

横田「ということは、消費税5%減税を野党共通の旗印にするということが整えば、交換条件のような形で都知事に出ることもありうると?」

山本代表「それは交換条件にはならないです。これはあくまでも国政においての選挙区をどう調整するのか、どう戦うのかということの私たちの条件なので、全く話が変わりますね」

「小池百合子都知事は再選後に必ずカジノ誘致を表明する」と古賀茂明氏! 小池知事に勝てるのは山本太郎氏だけ!?

 ここで私は、都知事選でのカジノ争点化について多少補足する形で再質問をした。

 「隠れカジノ推進派」と見られている小池百合子都知事は「林文子・横浜市長と同じように再選後に必ずカジノ誘致表明をする」(元経産官僚の古賀茂明氏)と見られており、「トランプ大統領の忠実な従属的助手」とワシントンポストに酷評された安倍首相も去年12月に知事選再選を容認する考えを示した。

▲古賀茂明氏(2月4日、横田一氏提供)

 しかもトランプ大統領の大口献金者であるカジノ王ことアデルソン会長率いる「ラスベガス・サンズ」は横浜か東京への進出を表明済みで、小池知事と安倍首相の間で密約(自民系候補を出さない代わりにカジノ誘致表明をする)が交わされていても全く違和感を抱かない。とすれば、7月の都知事選は東京へのカジノ進出を阻止できるか否かを決める住民(都民)投票の意味合いもあわせ持つことになるが、そんな天下分け目の決戦で小池知事に競り勝てそうな野党系候補は、山本氏以外ではあまり名前が浮かんで来ない。

▲シェルドン・アデルソン ラスベガス・サンズ会長(Wikipediaより)

 こんな思いを込めて質問を投げかけてみた。

横田「長妻さんは野党第一党の選対委員長なので、その発言は重いということと、(小池知事の再選を阻んで)東京へのカジノ誘致を阻止できるのは山本太郎さんしかいないのではないか?」

山本代表「なるほど。もちろん『カジノはいりませんよ』ということです。『海外資本に対して日本の資産を吸い上げさせるようなことはやってはいけない』という当たり前のことだと思います。

 日本側でカジノを経営できるような人たちも、運営ノウハウを持っている人は日本にはほぼいないわけだから、それを考えたら、安倍首相に近い人たち(注 トランプ大統領の大口献金者のアデルソン会長率いる「ラスベガス・サンズ」等)が海外でカジノをやられており、恐らく、そういう人たちがカジノをやると。安倍首相とトランプ大統領の仲で、アデルソン会長あたりとか、トランプ大統領にたくさん献金をしている人たちが選ばれるだろうなということだと思うのです。

 当然、カジノはいらないということですが、(話は都知事選候補に戻って)野党側としても魅力的な人材がいると思います。『声をかけている』という話は聞きますから。

 なので長妻さんがどういう意図を持って発言をされたのかを、掘り下げた方が(いいのではないか)。観測気球という意味だけかも知れませんし、その話は誰も共有していないわけですから」

 ちなみに「野党が声をかけている人材」として複数の関係者から私の耳に入っているのは、加計問題を告発した前川喜平・元文科事務次官。「固辞している」という話も聞いているが、いずれにしても野党と市民が協力をして、小池知事に対抗できそうな人を野党統一候補として早目に擁立できるのかが注目される。

 次期総選挙の前哨戦になる可能性が高い都知事選は、東京へのカジノイエスかノーかを問うと同時に、政権交代実現に向けて勢いづくかを左右する今年の政治決戦だ。ここでも、野党第一党の立憲のリーダーシップが問われるのだ。枝野代表と山本代表の面談がいつ実現するのかを含めて、立憲の動向から目が離せない。

IWJの取材活動は、皆さまのご支援により直接支えられています。ぜひ会員にご登録ください。

新規会員登録 カンパでご支援

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です