【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画 第10弾!】 極端な規制緩和の果てに安価で危険な食品が市場を埋め尽くす!? 活路は共助による資源管理!~小高由貴乃記者と小野坂元(はじめ)記者が東京大学農学部の鈴木宣弘教授に緊急取材! 2018.12.27

記事公開日:2018.12.31取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2018年12月27日(木)午後2時から東京都文京区の東京大学大学農学部にて、小高由貴乃記者と小野坂元(はじめ)記者が東京大学農学部の鈴木宣弘教授に緊急取材を行った。

■ハイライト

  • 日時 2018年12月27日(木)14:00~15:00
  • 場所 東京大学大学 農学部(東京都文京区)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)

関連記事

「【岩上安身不在の穴を埋めるピンチヒッター企画 第10弾!】 極端な規制緩和の果てに安価で危険な食品が市場を埋め尽くす!? 活路は共助による資源管理!~小高由貴乃記者と小野坂元(はじめ)記者が東京大学農学部の鈴木宣弘教授に緊急取材!」への1件のフィードバック

  1. 宮崎龍雄 より:

    取材する側が喋りすぎず、聞きやすかった。鈴木先生のお話が詳しく聞けてよかっと思います。
    ただ、小野坂元記者の「ふん、ふん」という相槌を減らせれば更に良かったと思います。
    今後、良いインタヴューを期待しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です