【西日本豪雨取材報告】5. 広島市安芸区瀬野の被災者は「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん!!」とあきれ顔!? 2018.7.15

記事公開日:2018.7.16取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:上杉英世 記事構成:IWJ編集部)

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年7月15日、IWJ上杉記者は、瀬野川と榎ノ山(えのやま)川が合流する地点で河川が氾濫した広島市安芸区瀬野を取材した。冠水した瀬野一丁目で、実家が被害にあったという住民に話を聞けた。

 その住民は4年前の広島市安佐北区の土砂災害で、ボランティアとして被災地に通ったが、「(当時は)他人事だった。自分が被災してみないとわからないことがある」と語った。

 たとえば、この地域に住む高齢者の多くは、ボランティアが駆けつけても、「人にものを頼むのが申し訳ない」との遠慮があり、なかなか直接頼めないとのこと。被災地には、ボランティアの指導・管理も含め、状況判断ができる人が必要だと痛感したとのことだった。

 また、隣接する国道2号線も冠水したが、マスメディアはそこばかりを繰り返し報じたとのことで、他方、床上浸水の被害があった瀬野一丁目は、マスメディアの注目度が極端に低く、ボランティアに被災地として認識されるのに時間がかかったという。

 「絵になる」被災地ばかりを集中して伝える、マスメディアの「集中豪雨」的な報道の偏りの弊害を指摘していた。

 さらに、別の家族に地元自治体の災害対応について聞いたところ、「行政は『被害区域が広すぎて、手がまわらなくて本当に申し訳ない』と詫びながらも、誠実に頑張っている。不満はない」という。

 やはり、大規模災害発災時に頼りになるのは、身近な地元自治体のようだ。

 他方、国の災害対応の遅さについては、「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん!!」とあきれ顔で語った。

■ハイライト

  • タイトル 西日本豪雨被害・特派チームによる被災地レポート ~広島市安芸区瀬野町で被災者の方にうかがう
  • 日時 2018年7月15日(日)15:00〜16:00
  • 場所 広島市安芸区瀬野町内

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)

関連記事

「【西日本豪雨取材報告】5. 広島市安芸区瀬野の被災者は「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん!!」とあきれ顔!?」への1件のフィードバック

  1. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    【西日本豪雨取材報告】広島市安芸区瀬野の被災者は「安倍さんは加計さんを守ってりゃええんじゃ! 政府はまったくあてにしとらん!!」とあきれ顔!? https://iwj.co.jp/wj/open/archives/427465 … @iwakamiyasumi 被災したうちの父も同じようなことを言っていた。被災して改めて安倍政権の無能さを実感した人も多いのでは。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/1019134493964111877

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です