【西日本豪雨取材報告】4. 自宅は2階くらいの高さの土砂の波に飲まれた!安倍総理が視察した宇和島市吉田公民館に避難する男性がIWJ記者に被災状況を克明に語った! 2018.7.14

記事公開日:2018.7.16取材地: テキスト動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・文:川上正晃 記事構成:IWJ編集部)

※全編映像は会員登録するとご覧いただけます。 サポート会員の方は無期限で、一般会員の方は記事公開後の1ヶ月間、全編コンテンツがご覧いただけます。
ご登録はこちらから

 2018年7月14日、IWJ川上記者は宇和島市吉田町で取材をおこなった。

 13日に安倍総理が視察に訪れた吉田公民館で避難生活をしている男性は、「被害が大きかった吉田球場(宇和島市吉田町御殿内)のあたりの自宅から避難してきた」とのこと。自宅は2階建てくらいの高さの土砂の波に飲まれ、その中から逃げてきた様子を克明に語った。

 話を聞いた後、現場近くに行ってみると、瓦礫置き場となっている吉田球場には自衛隊の大型車両が何台も出入りし、また、豪雨で流されてきた泥が乾いていて、車が通るたびに激しく砂ぼこりが巻き上がっていた。

▲宇和島市吉田町の吉田公民館、吉田球場(googleマップより)

 付近に住む50代夫婦、80代夫婦、高校2年の娘さんの5人で暮らしているという住民の方に話を聞き、比較的に小高い場所に建っていながら床上まで浸水したという家の中も見せてもらうことができた。

 50代夫婦の二人によれば、「大きな地震が来たあとみたいに家具や家電がひっくり返っていた」という。また、災害に備えておいた非常持ち出し袋は1階においていたため、使えなくなったそうだ。「大事なものは2階に上げておけばよかった」と奥さんはつぶやいた。

 ご家族の方々は、現在も断水が続いているため水の確保が大変で、風呂に入るためにも車で30分ほどかけて移動しなければならないそうだ。

■ハイライト

  • タイトル 西日本豪雨被害・特派チームによる被災地レポート
  • 日時 2018年7月14日(土)13:25頃~
  • 場所 吉田町御殿内(愛媛県宇和島市)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です