村山富市元首相「中国、北朝鮮の危機を醸し出せば、戦争につながる」 ~日本外国特派員協会で「国家間の緊張は外交で解決すべき」と訴え 2015.7.29

記事公開日:2015.8.5取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(IWJテキストスタッフ・富田)

特集 安保法制
※8月5日テキストを追加しました!

 「かつて日本のトップを務めた人が、一般市民らに混じって、国会前の路上で安保法案反対を訴えていて驚いた。そこまでするのは、なぜか」──。こう外国人記者に尋ねられた村山富市元首相は、「今は、国民と一緒に声を大にして叫ぶべきだと判断した」と力強く答えた。

 安倍晋三首相が、今年2015年8月中に出すとしている「戦後70年の安倍談話」。世間の、いや世界の関心は、村山談話(1995年)と小泉談話(2005年)には明記された「植民地支配と侵略」「痛切な反省」「心からのおわび」という文言が、今回の安倍談話にも盛り込まれるかの一点に集中している。

 2015年7月29日、元首相の村山富市氏が、東京都内の日本外国特派員協会で記者会見を行った。村山氏は、今年の安倍談話が、どのような内容になるかという国内外での関心の高まりが、自身が20年前に発表した村山談話への注目をも高めているとし、「今の戦争を知らない若者らが、歴史を学習する機会をつくったという点では、安倍さんは反面教師として良い仕事をしてくれている」と皮肉を込めて語った。

 会見では、安全保障関連法案への反発に関する議論にも時間が割かれ、村山氏は、安倍首相の立憲主義を尊重しない政治姿勢を改めて批判。「法案反対」を叫ぶ国民の声の広がりに、日本が「真の民主主義国家」に生まれ変わる希望を見い出す発言も聞かれた。

 自身の首相時代と、今の安全保障環境の違いについては、「中国や北朝鮮との間に危機感を醸し出せば、それが、やがて戦争につながるのは歴史の教訓だ」と力説。村山氏は、外交に最大限の力点を置く緊張解消こそが、平和憲法を掲げる日本に相応しいと訴えた。

■ハイライト

「村山談話の継承」が歴代政権の姿勢

 村山談話のベースには、当時の総理大臣(村山氏)の歴史観があるが、閣議で決めた政府の談話として出されたもの、と説明した村山氏は、「ただし、当時も多くの議席数を握っていた自民党の大半の議員が、村山談話に反対した。その影響で、政府からはさほど評価は得られず、十分な宣伝も行われなかった。したがって、国民も内容をあまり知らないと思う」と述べた。

 「しかしながら、韓国や中国はもとより、ASEAN(東アジア諸国連合)の参加国からも、さらには米欧からも評価を得て歓迎された」と続け、この談話をめぐって、自身に「売国奴」との言葉も向けられた日本国内の反応とは対照的な好感が、海外に生まれたことを強調。「私のあとの内閣は、自民党内閣でも、村山談話を継承する立場を鮮明にしてきた」と語った。

 その上で、「戦後70年談話」を出す予定の安倍首相について、「第1次安倍内閣では、(それまでの談話を)継承するとしていたが、第2次安倍内閣では『侵略という言葉には国際的定義がない』などと発言した挙句、新たに『70年談話』を発表すると宣言した」と懸念を示し、新たな談話で歴史問題をどこまで踏襲するのか、海外からも関心を集めていると指摘した。

 また、そういう経緯が、今の日本の若い世代が村山談話に目を向けるきっかけにもなっているとし、このように皮肉をこめて会場の笑いを誘った。

 「村山談話について、直接、私に質問をしてくる学生もいる。戦争を知らない若者らが、歴史を学習する機会をつくったという点では、安倍さんは反面教師として良い仕事をしてくれている」

東アジアの危機を煽れば、戦争につながる

 安保法案への反対世論の高まりに話が進むと、村山氏は、安倍首相の政治手腕の「非立憲性」を指摘した。

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事

「村山富市元首相「中国、北朝鮮の危機を醸し出せば、戦争につながる」 ~日本外国特派員協会で「国家間の緊張は外交で解決すべき」と訴え」への3件のフィードバック

  1. 武尊43 より:

    村山氏の良い業績は談話片手で余るが、悪い方は両手でも足りない。(歌の文句程)
    参議院選挙で勝った土井たか子を蹴落とし、次の総選挙後自社さ政権を立ち上げた時に自衛隊を合憲としてしまった為にどれだけの左派や中庸の支持者を失ったことか、、。
    彼が原因で今の社民党の凋落があり、今の惨状が有るといっても過言ではないと思う。
    大体彼は今年の大分県知事選で自民党推薦の勝った現知事の選挙事務所で、バンザイをした人間である。そんな人間の云う事を信じて記事にしちゃあいけないと思いますね。
    それにSEALDsみたいな若い子に変な歴史を教えるのは如何なもんかなあと思いますよ。
    自己肯定なんて安倍と同じで、『#村山何か感じ悪いよね』なんて事にならないようにね。

  2. 武尊43 より:

    もう一つ忘れてました。
    60年安保時に岸を潰す為にアメリカから資金提供を受け、学生を扇動したのが社会党右派って事は有名な話ですよね。
    ここからプロ市民って言葉が生まれたんですかね?(その辺の経緯は知らないが)(笑)
    この経緯から考えると若しかしたら村山氏たちは、現在を創り出す為に自社さを作り、合憲とした、、。なんてね、、、。
    うわ~恐恐、、。
    アメリカって国は長いスパンでもの事を行える国ですからねェ、、。更にあの後日本会議も伸長したんじゃなかったかなぁ、、。

  3. @55kurosukeさん(ツイッターのご意見) より:

    村山富市元首相「中国、北朝鮮の危機を醸し出せば、戦争につながる」~日本外国特派員協会で「国家間の緊張は外交で解決すべき」と訴え http://iwj.co.jp/wj/open/archives/255321 … @iwakamiyasumi
    「これを機に、本当の民主主義国家へ」と村山氏。安倍政権を最後の仇花にしよう。
    https://twitter.com/55kurosuke/status/629175571763695617

武尊43 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です