「運動は敗北の歴史だが、その黒星の積み重ねこそが憲法を守ってきた」高田健氏に岩上安身が緊急インタビュー! 2015.9.10

記事公開日:2015.9.10取材地: 動画独自
このエントリーをはてなブックマークに追加

 2015年9月10日(木)、東京六本木のIWJ事務所に、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動の高田健氏を迎え、岩上安身が緊急インタビューを行った。

■イントロ

  • 日時 2015年9月10日(木) 10:00~
  • 場所 IWJ事務所(東京・六本木)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

サポート会員 新規会員登録単品購入 500円 (会員以外)単品購入 50円 (一般会員) (一般会員の方は、ページ内「単品購入 50円」をもう一度クリック)

関連記事


“「運動は敗北の歴史だが、その黒星の積み重ねこそが憲法を守ってきた」高田健氏に岩上安身が緊急インタビュー!” への 2 件のフィードバック

  1. 河村大典 より:

    私も30年ほど前に労働運動をしてきました。その後連合が出来、民主党政権が出来ましたが、私たちの一番期待していた国民主権はだんだんと離れていくようです。
    そのなかに今でも市民運動の先頭に立って活動しておられる人がいたことに驚いています。高田健さんは平成維新の坂本竜馬ではないかと思えます。敵は安倍(自公)とジャパンパンドラーの米国とメディアなのです。彼らはその民主勢力の分断を絶えず仕掛けてきます、今は本当に民主的リベラル派の結集が必要です。沖縄の様に出来れば必ず私たちは勝つことが出来るのです。

  2. 星 義広 より:

    年代を超えて 大きな声が聞こえる。
    おそらく 日本民族の島国の声がここにありそう
    世界の 侵略・略奪とは違う 近代の歴史を 今こそ尊重すべき時と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です