「憲法がない独裁国家はあるが、民のいない国はない。だからまずは俺たちを見ろ」――国民無視で強行採決間近!? 安保法案廃案を求め、5000人がSEALDs主催の国会前抗議で怒り 2015.9.4

記事公開日:2015.9.5取材地: テキスト動画
このエントリーをはてなブックマークに追加

(取材・城石裕幸、川島安乃 写真・城石裕幸 記事・原佑介)

 強行採決のカウントダウンが始まったか。

 参院特別委で審議中の安保関連法案。現在、法案によっては自衛隊員の安全確保規定が欠落している問題(「米軍行動関連措置法」など)や、「軍部の暴走」を疑わせる、新たな防衛省の内部文書の存在が発覚するなど、国会審議は混迷を深めている。

 にも関わらず、安倍総理は「決めるときは決める」とし、与党は9月15日に公聴会を開催し、翌16日に委員会で採決する方向で調整に入ったという。さまざまな異論に耳を傾けず、スケジュールありきで法案成立を目指す安倍政権に国民の反発は必至だ。

 9月4日(金)、SEALDsは安保法案に反対する、毎週恒例の国会前抗議行動を開催。約5000人(主催者発表)が集まり、「強行採決 絶対反対!」「国民ナメんな!」「言うこと聞かせる番だ国民が!」と声を上げた。

▲立憲主義、民主主義の遵守を求める奥田愛基さん

 SEALDsの奥田愛基さんは、「何回でも言いましょう。憲法は守ったほうがいい」と立憲主義の遵守を訴えたうえで、「憲法がない独裁国家はありますよ。そういう国になっていいんですか。でも、そこに“民”のいない国家はない。だからまず俺たちを見ろ、という話です」と述べ、民主主義のあり方を訴えた。

記事目次

■ハイライト

脳科学者・茂木氏「くだらねぇ法律 安保法案〜♪ ざまあみやがれい!」

 「憲法学者の声を無視して法案を通すというのは、法的安定性という意味で信じられない」――。

 この日、トップバッターでスピーチしたのは、脳科学者の茂木健一郎氏だ。SEALDs主催の国会前抗議で登壇するのは初。茂木氏は、「今日はスピーチとかやってもしょうがないと思いましたので、ネタを用意してきました」と語り、空を見上げてつぶやいた。

 「清志郎さん…見ていますか?」

 茂木氏は、一気にボルテージを上げ、故・忌野清志郎の名曲「FM東京(※)」の替え歌を披露。安保法案を痛烈に批判した。

▲「FM東京」の替え歌で安保法案を批判する茂木健一郎氏

「安保法案〜! 腐った法律〜!
安保法案〜! ダメな法案〜!
何でもかんでも強行採決さ〜♪

安保法案〜! 腐った法律〜!
安保法案〜! アメリカの言いなり〜!
絶対廃案 安保法案〜♪

安保法案〜! コソコソすんじゃねぇ〜!
安保法案〜! いい加減に諦めろ!
くだらねぇ法律 安保法案〜♪

ええい ざまあみろ!
何が『憲法違反かどうかわからない』って!?
『学者が憲法違反だと決められない』って!?
じゃあ誰が決めるんだ? 最高裁の元長官も『憲法違反だ』って言ってるぞ!
君たちよりも よっほど そっちのほうが信用できるんじゃねぇのかよ!

くだらねぇ法律 安保法案〜♪
ざまあみやがれい!」

 続けて、「安保 反対! 人間 賛成! 安保 反対! SEALDs賛成!」とシャウト。最後に、「いいか、俺が『安保法案』って言ったら、全員で『バルス!』(※)って言うぞ!」と参加者らに呼びかけ、永田町にラピュタを「崩壊」させる呪文、「バルス!」がこだました。

(※)「FM東京」――忌野清志郎が「ザ・タイマーズ」として発表した楽曲で、「FM東京くさったラジオ、なんでもかんでも放送禁止さ」などの過激な歌詞で知られる。「RCサクセション」などの曲をFM東京が放送禁止にしたことへの抗議の曲。

(※)「バルス」――スタジオジブリの映画「天空の城ラピュタ」で、ラピュタを「崩壊」させる呪文として映画終盤で登場する言葉。

もやい・稲葉氏「自衛隊は、創設以来、ずっと経済的徴兵制を採用してきた」

 生活困窮者を支援するNPO法人・自立生活サポートセンター「もやい」の理事である稲葉剛氏もこの日、マイクを握った。

 「ホームレスの中には、自衛隊の出身者が多いということに気付きました。話を聞くと、公務員で安定した仕事だから免許や資格がとれるとリクルーターに言われ、入隊した、という貧困家庭の出身者がいるということが、調べてみてわかりました。

 ある意味、自衛隊は、創設以来、ずっと経済的徴兵制を採用してきたといえるんだと思います。この安保法案が通れば、政府は経済的徴兵制を強化しようとするでしょう」

 そのうえで、「現在の戦争では、特に貧困層の若者が殺し、殺されるリスクにさらされます。ひとりひとりが尊重される社会を求めるならば、戦争への道を阻まなければならない。この安保法案を廃案にしなければならない」と訴えた。

「安倍政権は異なる意見を持った人たちの声に耳を傾ける姿勢ができていない」

(…会員ページにつづく)

アーカイブの全編は、下記会員ページまたは単品購入よりご覧になれます。

一般・サポート 新規会員登録単品購入 300円 (会員以外)

関連記事


“「憲法がない独裁国家はあるが、民のいない国はない。だからまずは俺たちを見ろ」――国民無視で強行採決間近!? 安保法案廃案を求め、5000人がSEALDs主催の国会前抗議で怒り” への 1 件のフィードバック

  1. 武尊 より:

    稲葉剛氏と丹下紘希氏の発言が一番響いたな。
    自衛隊を辞めたらホームレス、、。免許や資格がとれても、使う場がない日本、。使えても長くは居させてもらえない日本、。不要になれば首切る日本、。
    ある意味、自衛隊は、創設以来、ずっと経済的徴兵制を採用してきたといえるんだと思います。
    まるで核発電と同じ構図

    アサド政権が自国民を化学兵器のサリンで虐殺した疑いのある問題である。多くの国がアサド政権を非難したが、「サリンの原材料を売ったのは(非難を表明した当の)ヨーロッパ諸国だった」
    三菱重工労働組合からも同じような意見が出ていた。「日本で武器を作るという事は、他の産業と同じように工場を作りそこに雇用が生まれます。雇用が起きれば、そこに住む住人は失くされたら困りますので、武器生産に異を唱えられなくなります。このようにして人々は段々と獲り込まれて行くのです。」佐世保も横須賀も同じように獲り込まれ反対できなくされている。
    まるで核発電と同じ構図

     権力者だけが得をする構造。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です