2013/11/26 「グローバリゼーションよりローカリゼーションを」 TPPの危険性について郭洋春氏と安田美絵氏が講演

記事公開日:2013.11.26
このエントリーをはてなブックマークに追加

特集 TPP問題特集 秘密保護法

 衆議院で特定秘密保護法案が可決された11月26日、同法案と政府が年内の妥結を目指すTPPをテーマにした集会が都内で開かれた。講師として招かれたのは、『TPP~すぐそこに迫る亡国の罠』(三交社、2013.06)などの著書がある立教大学経済学部教授の郭洋春氏と、『サルでもわかるTPP』(合同出版、2012.06)で知られる料理家の安田美絵氏。「こどもの未来を守る会・杉並」が主催した。

アメリカの狙いは食料を依存させること

 安田氏は、TPPが日本に与える食生活の影響について解説。遺伝子組換え作物を扱うアメリカの大手バイオ化学メーカーのモンサント社について「食料による世界支配を狙っており、アメリカの国家戦略と非常に近い」と指摘。TPPによる非関税障壁の撤廃によってモンサント社製の遺伝子組み換え食品を日本に流入させることで、「日本の食料をアメリカに依存させようとしている」とその危険性を訴えた。

米韓FTAは「完全な不平等条約」

 立教大学経済学部の郭洋春氏は、「特定秘密保護法案とTPP交渉は結びついているのではないか?」と指摘。鶴岡公二TPP主席交渉官最初の仕事は、挨拶ではなく守秘義務のサインであったと述べ、「(TPPでは)言ってはマズイ事があるから秘密にする」と語った。

 そのうえで、TPPの先行モデルとされる米韓FTAについて、その序文に「もし、アメリカ企業が韓国へ進出する場合は米韓FTAが適用される。韓国企業がアメリカへ進出はアメリカ国内法を適用する」と記してあると紹介。「完全な不平等条約だ」と指摘した。TPPも米韓FTA同様に「日本の法律・制度・習慣をアメリカ企業の都合の良いように変えること」を目的にしていると伝えた。

日本と組むべきパートナーはアジア

 今後の日本政府の取るべき外交政策について、安田氏は「自由貿易は失業を生む。グローバリゼーションよりローカリゼーションのが雇用を生む」と聴衆に伝え、郭氏は「日本は農業を目玉にした観光産業を目指せば発展できる。日本と組むべきパートナーはアジアである」とそれぞれ訴えた。(IWJ・松井信篤)

■ダイジェスト動画

 ・リンク TPPと特定秘密保護法で、私たちの暮らしはどうなる?|プロジェクト99%

このアーカイブの完全版は、IWJ会員のみ閲覧・視聴ができます。
会員の方はここをクリックしてください。
会員登録はこちらから。
このアーカイブだけを有料で閲覧・視聴する場合はこちらから。

■関連記事

IWJのこうした取材活動は、皆様のご支援により直接支えられています。ぜひIWJ会員にご登録いただき、今後の安定的な取材をお支え下さい。

新規会員登録 カンパでのご支援

一般会員の方で、サポート会員への変更をご希望される場合は、会員ログイン後、画面上部の会員種別変更申請からお進み下さい。ご不明の際は、shop@iwj.co.jp まで。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です